あまのがわをわたるバス-山﨑悠稀の卒業に宛てて-



おそろいを
てにいれて
みにつけて
きみと繋がったようなきがした
そんな夏は
幾重にもつらなってゆくと
おもっていたけれど
きみは夏を
まるでヴェールのようにまとって
そのまま
やわらかなひかりに
とびこんでいってしまうから
わたしはとっさに
ひきとめたくなって
たちあがって
だれかがマグカップにそそいだ
ミルクをこぼしてしまう
それを
あんまりきれいだからと
こぼれるそのままにして
できあがるのが
あまのがわです

きみのゆめはなんですか
きみの繋いできた日日はどこですか
いつまでも
きみはきみでいようとしたのに
どうしていまさら
きみはきみでいなくなったのですか
ねむってもなお
きみはねむるまえに
おぼえた歌のかけらを
ちょっといいな
とおもっていて
眼をさましたら
くちずさんでみようとしている
眼がさめて
きみもわたしも
きいろかどうかなんてわかりもしないのに
「きみもぼくもきいろだよ」
といってきかない
そんなきみが
すべての歌をわすれて
どんないろあいもうしなって
てにいれるものは
なんですか

とおくから
きみのものではない
歌がきこえる
その歌をこもりうたに
コーヒーが飲めないきみは
星屑をかきあつめて
ふかふかのまくらにして
すうすうと寝息をたてる
その寝息のさき
きみのねむるからだの
ちょうどまうえに
十字架がうかんでいる
きみの墓だ
あまいものがすきなきみの
おそなえものには
あまいおかしをあげよう
だからかわりに
きみの寝息を紡いで編んだ
ブレザーをください
それを着て
桜の咲くころ
ももいろのふぶきのなかを
駆けてゆきます
疾走してゆくから
どうか
五月になるまえに
この手紙をうけとってください
せめて
わたしのわたしらしさ
わたしを証したいのです
元気ですか
からはじまり
きみと出逢ったときのこと
わすれないよ

星星のひかるあおぞらのしたで
眼と眼をあわせ
ゆびきり
約束をしたときのことまで
しるしたこの手紙を
どうか
うけとってほしいのです
そうすれば
きみもわたしも
きのうまで生きていた
きみとわたしを
わすれぬままに
またきょうも
生きてゆけるから
きょうのきみとわたしを
あしたのきみもわたしも
わすれないで生きてゆけるということだから

春を殺して夢はひかっている
あおい春にきみのいたところは
プラスチックのステージなんかじゃないよ
かがやいて
まぶしくて
眼をつむってしまうほど
まっしろなかがやきをはっしていたよ
まぶたをひらく
きみはもういなくなっている
あまのがわにつづく
とおくの星ぞらには
まっすぐにしろい鳥がいちわと
どこゆきかわからない
バスがはしっているのがみえた
わたしは
オレンジジュース片手に
ストローを噛んで
バスストップから睨んだ
あまのがわをわたる
みどりいろのうつくしいバスからは
きみがうたうことのできなかった
愛の歌がきこえるきがする


この詩(になっているのかどうかは定かではありませんが)をかいたのは山﨑悠稀さんがM!LKを卒業した直後あたり、昨年の8月のことです。そのときはアイドルを推すという余裕すらない時期であり現場に行くこともほとんどなかったのですが、卒業をきいたときはかなりおどろいたものです。つくづく、推しは永遠ではないんだなあ、という現実をつきつけられたようなきがしました。けれど、だからといって彼を責める気などはひとつもなく、ただ彼のこれからをおもうものとしてこの作品をかきました。ただ、おもうままにかいたという自覚がすくなからずあり、感情的になってしまったところがないとはいえません。そして密かにそれが彼をくるしめてしまうのなら、この詩のことはもう、わすれてください。わたしは彼のことをわすれません。
おきづきのかたがいらっしゃるかもしれませんが、本作の最終連では大森靖子さんのミッドナイト清純異性交遊から歌詞をお借りしています(勝手にすみません)。これは彼とわたしがおなじアーティストの歌を共有していたということ、また大森靖子さんが本楽曲を道重さゆみさんに宛てているように、わたしも山﨑悠稀さんに詩を宛てたいという意思のもとです。
おもうところさまざまな作品ではありますが、平成ではいられないいまです、時効としておゆるしください。
ただこの詩が彼へととどいたのなら、それはねがってもいないこと、とてもよろこばしいことであるのはたしかです。

#詩
#現代詩
#自由詩
#山崎悠稀
#アイドル
#推し
#卒業
#大森靖子
#ミッドナイト清純異性交遊
#音楽
#MILK
#note
#色
#楽曲
#秘密
#日記
#エッセイ
#2018

※タグ付けの際、山﨑悠稀さんの﨑とM!LKの!が反映されなかったため崎とIで表記しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

春生ねむたい

星を待ってる
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。