浅香 将太(あさこ しょうた)さん@アクア・ユーカリ(リバース東京) 2019年1月15日

千葉県佐倉市のアクア・ユーカリにて、浅香 将太(あさこ しょうた)さんの施術を受けてきました。リフレクソロジー30分+ボディケア30分です。

浅香と書いて「あさこ」と読みます、といつも丁寧に自己紹介してくれる左近(浅香っちのニックネーム、今日付けました)はまだ20代ながら、この道10年以上の大ベテラン先輩です。技術のオリジナリティ(独学)がすごかった! 


まずはリフレ。のっけから「(胃と膵臓の反射区については)スタンダードの動きがあんまり好きじゃない」という大胆発言。えっと、一応それ、ウチの会社ではスタンダード(標準)らしいで?(笑)。

ま、でも確かに、この示指の第二関節のツノって刺激が強いといえば強いんですよね。特に開始直後とかは。だから、最初は緩めにやるとか、あるいは我慢してもらうって形がそれこそスタンダードなんですが、左近はもっと自然な圧迫感を選びます。それはズバリ、拇指揉捏。全然ズバリじゃない? ええ、そうなんです、文字だけじゃ全然伝わらないんです。その気持ち良さも。

ではその拇指揉捏。まずはこちらの動画の2:20ぐらいからをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=sh0dWzEkoKQ&t=152s
この動きですよね? これがもうすでに難しいんですけど、この動きをさらに、クリームを塗布した足裏を対象に、自分の肘を曲げた状態でやれるんですよ、左近は! これでちょっとイメージできるかな? ……いや、無理か。

とにかくこれで非常にマイルドかつしっかりした圧で足裏の開始直後からリラックスできます。「この鋭すぎる刺激を避ける」、というスタイルは実は左近の中で一貫してまして、想像以上の安心感を与えてくれます。たとえば指先の乳搾りなんかも、なぜ分かるのかギリギリの心地よい圧で踏みとどまってくれますし、足首回りを手のひらで螺旋揉捏とでも言うべきか、軽く掴んだままグリグリ回すのや、あるいは足の甲を軽いグーの両手で(手の甲側で)刺激する時も、この「マイルドしっかり圧」を保持してくれます。力加減を細かく訊いてくれるのも、その配慮の延長でしょう。


そしてボディケア。たったの30分とは思えない充実ぶりで、圧巻は後半の「仰向けになった上での」背面・肩甲骨周りの施術。これはすごかった。具体的に表現できないので例えるしかないんですが、パッと頭に浮かんだのは、「数珠鳴らし」です。あの、おばあちゃんが仏壇の前で拝むときにジャラジャラ鳴らす、あの感じ。ってどんな感じよ? 全然伝わらんね。でもあの数珠がこすれる音ってなんか安心しませんか? お経とかもそうですけど、なんか心地よくて、眠くなっちゃいます。この施術も、自分の背中からポコリポコリって音が聞こえるんです。コリの(笑)。その辺がちょっと数珠っぽいなって思ったんです。そして、めちゃくちゃ気持ちいい。マイルドしっかり圧で。

浅香っち、いや違った、左近は現在グランドマスター挑戦中。昇格して若手リバースの憧れの星になってほしいです。セラピストでもそうじゃなくても、皆さんもユーカリが丘駅付近にお越しの際は、ぜひ一度!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。僕は古代生物ならダンケルオステウスが好きです。
7

Masashi Hasegawa

リラクゼーション

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。