03. 福沢諭吉を折る

いやはや、実に高価なおりがみである。
たった1つおりがみを折るために1万円もの紙代がかかる。

もちろん開けば元に戻るのだが、
作品として完成したものを壊すことなんてワタシにはできない。

おりがみなんだから、また折ればいいと言われるかもしれない。
だが実は基本的に折り方を覚えていないのだ。
全てのおりがみはその時その場で
即興で折ったものなので2度と折れないのだ。
たぶん今までに様々な紙幣で500種類以上折っているのだが、
その内、折り方を完全に覚えていて再現できるものは10種類程度。


そんなわけで白状すると、福沢諭吉は嫌いだ。正直折るのが怖い。
イイ作品ができたら、使えないお金が増えてしまうから。(笑)

…こういうのも生みの苦しみと言えるのだろうか。


「福沢王」
模様をイイ感じに利用して王様っぽく。


「ねじりはちまき諭吉」
(半ば強引に)本当にねじって巻いてあります。
これなど特に二度と折れない作品です。


「福沢司祭さま」
こんな派手な模様なんて1万円にあったっけ?って感じですよね。
印象が全然変ります。


「湯上がり諭吉」
お風呂から上がってガウンでも着て、
膝にネコを抱きながらワイングラスを傾ける諭吉さま。
そんなイメージでございます。


「カウボーイ諭吉」
カウボーイハットだけでなくバンダナがポイントでしょうか。


★現在5種類のお札おりがみの折り方を紹介させてもらってます。
(残念ながら諭吉を使ったおりがみはありませんが)
https://note.mu/haseyo/m/m14a041e8e4c3


★日本紙幣を使ったお札おりがみ54種類をA2サイズのポスター。
ヴィレッジヴァンガードのサイトで扱ってもらってます。

http://vvstore.jp/i/vv_000000000044850/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29

Money Origami

お札おりがみ

コメント5件

ありがとうございます。
野球帽、カウボーイハットなど、自分の中で定番となっている折り方もあるのですが、
なるべく毎回違うものをつくりたいと思いつつ折ってマス。
湯上り諭吉がターバンみたい
面白い!
ありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。