スクリーンショット_2019-05-28_23

ドラマ「パーフェクトワールド」#6 をみて車椅子当事者が思うリアル /2019.5.28放送分※ネタバレあり

こんにちは。
橋口竜河と申します。

さて、今週もやります。
ドラマ「パーフェクトワールド」の感想ブログ。
前回の記事を読んでくださった皆様、ありがとうございました!

前回の記事→ドラマ パーフェクトワールド第5話 感想の記事※ネタバレあり

今回は樹とつぐみの別れを機にそれぞれの溢れた想いが巡る―
そうした一つ一つの感情に揺さぶられました。
毎回、ひっそり泣いてしまうことも多くなりました。せつなすぎて。。

それでは今回のTOPICS.

------------------------
TOPICS
------------------------
◎ドラマ「パーフェクトワールド」とは
 ✏第6話PR映像 
 ✏第6話のあらすじ ※公式サイトより引用

◎今回書きたいこと
 ✏筆者が感じた3つのリアル
 ①心のバリアフリー
 ②タクシーの乗降
 ③パートナーに負担はかけたくない

《あとがき》
1.今回の純粋な感想
2.第6.5話 チェインストーリー
3.第7話のPR映像

✏第6話PR映像

✏第6話のあらすじ ※公式サイトより引用
みずから恋に終止符を打った樹もまた、つぐみへの想いを捨てきれずにいた。そんなある日、上司の渡辺(木村祐一)から、つぐみが東京から去ることを聞いた樹。二度と会えなくなるかもしれない……そう思った樹は、急いで高速バスの乗り場へ向かう…!

パーフェクトワールド 番組HP
https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html

✏筆者が感じた3つのリアル

①心のバリアフリー

それっていっくん自身が壁作ってんじゃないの?
障害もってるほうが壁作ったら相手は入ってこようにも入ってこれないよ。

心のバリアフリー。
このような言葉は確かに障害を扱うもののキーワードとして
よく使われるようになった気がします。

とはいえ、やはり私自身も健常者との差を感じてしまうからなのか
壁作っているのかな・・・・と少し考えるきっかけにもなりました。
でも性格的には樹寄りなのかなと思ったりも。
はっとさせられました。

②タクシーの乗降

つぐみの見送りへむかう中でのワンシーン

こうしたところを映しているのは本当にいい。
というのも、電車の乗降に関しての駅員さんが行っているご案内(スロープ)など
こうしたものは皆様の目に触れることが多くなってきているので
サポート側もしやすいというのもあるかもしれません。

しかしながらタクシーは運転手さんとの一対一の世界。
やはり、運転手の方への伝え方はもとより、運転手さんの車イスへの理解。
それぞれが合って成立するものだと思っています。

車イスの方はなかなか個人タクシーなどに乗る機会も少ないので
(車イスの大きさ的に入らないこともある。)
機会が少ない=理解されにくいということもあったりします。

現に車イスの扱いに不慣れな運転手さんにお会いすることも多いです。

それだけに今回のシーンは理解を深める意味で良いシーンだったなと思います。

③パートナーに負担はかけたくない

川奈や(建築依頼した)ご主人はただのパートナーなんだ。

パートナーに負担をかけたくないっていうのは
介護を必要とする人間にとっては共通の思いだと思う。

確かに。これはあるかも。
パートナーと言うと広い意味でも捉えられるけど
当初、樹が言っていた

迷惑かけたくないんだよ

この言葉が、思い出されたような思いを聞いた気がしました。

もちろん、私自身も、負担をかけたくないという思いはあって
幻想かもしれないけど、やはり気兼ねなく話したりしたい。
苦しみを強いることはしたくない。

私もこうした思いがあるから一歩が踏み込めなかったりするのかもしれませんね。

頼ってばかりの自分も時に苦労をかけてしまっているような気になる

ということなんです。
好きな人だから、大切な人だから。本当は自分がいることで幸せになってほしい。
けど、その理想とのギャップにどうしたらいいのかなと思うことも
ふと、感じるときはあります。


《あとがき》
1.今回の純粋な感想
今回はそれぞれが樹とつぐみの別れを機に、感情が交錯したような回。
是枝くんの打ち明けた思いに対して

川奈を幸せにしてやってくれ。

そう返す樹。

是枝くん的にどうだったんだろうね。
強がりだろうけど、サラッと言われてしまって。

見送りから帰宅した樹に初めて想いを打ち明けた長沢さん。

私の居場所がなくなった気がしてた、この部屋にも。樹くんの心にも。
気が付かなかったでしょう?
....ずっとあなたが好きだった。
出会ったときからずっと・・・
結婚したら忘れられるって思ってた。。。けど甘かった。。。

チェインストーリーを見ているとより切なさが増しますね。

でもこれでまた元通りなんだよね。
元通りならそれでいいの。。。。

やっぱり心を痛めていたのをつぐみに厳しくすることで隠してたのとか
全部見てきてしまうとまた別の苦しさはありますよね。。。

樹と同じ想いを抱くかえでさんを受け止めるけいさん。

俺の幸せはお前のそばにいること

そう言ってくれるパートナーは素敵だなと。
でもなかなかいないよね。ここまで想ってくれる人。
でも、そう想って貰える人に自分もなりたいなと思います。

さて今回はここまで。
今回もお読みいただきありがとうございました。

2.第6.5話 チェインストーリー

3.第7話のPR映像


✏筆者プロフィール

橋口竜河 (はしぐちりゅうが)
1996.02.02 生まれ 神奈川県出身
車椅子での生活をしながらシンガーソングライターとして活動している。
《ハートフルシンガーソングライター》として心情に嘘のない歌を歌い続ける。
過去には自主企画ライブを開催し、ライブオーガナイザーとしての経験もある。
配信Single《ガーネット》がApple Musicをはじめとする各種音楽配信サイトにて配信中!!
公式サイトはこちら

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

橋口竜河

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。