hashitashiki

ビジネスする霊長類。なので、インスタはじめました。見ないでください:https://www.instagram.com/hashitashiki/?hl=ja

人生が斜め上からぶっこんでくる問題には、断食一択です。

ここんとこ、久々にまた心機一転転職をもくろんでいることもあり、様々な問題に直面している。みなさんもありますよね、人生が斜め上からぶっこんでくるこんな問題たち - 

結婚してるっつってんのに、「モルジブに行こう!」といって聞かない元同僚とモルジブに行くのか問題。

その同僚にもしからしたらツボでも売りつけられて挙げ句は奴隷に売られるんじゃないかとおもっている自分の心の汚さの問題。

インスタ始めた

もっとみる

夫とのファーストデートはとらのあなでした。

多くの女性にとっては理想的なのかもしれないが、夫は私がいわゆる「最初で最後の女」だ。

出会ったとき19歳だった夫は、それまで誰とも付き合ったことがなかった。元カノ、というものと比べられることがないこと、女というものに対してあまり擦れた考えを持っていなかったことなど、有り難かったことが多くあるのは事実。

が、その裏で、「異性とまともに付き合ったことのない人」独特の面白さ、厄介ごとがあったりはした

もっとみる

なぜ人は何かに熱中するのだろう。

かねてからふざけてえ…!と思っていた願いが叶い(?)、某外資ゲーム会社でマーケティングを担当することになった。そう、33歳にして、8回の転職を果たしたッ!

私は長らく20代の間、人と話しをしにバーにいくひと、とか、友達とバーベキューしにいくひと、とか、クラブにナンパしにいくひと、とかの気持ちが全く分からなかった。

なんで一人でいられないの?

人といたいならなぜそんなまどろっこしいことをするの

もっとみる

人生は迷走です。

前回カンボジアにゆくと宣言して、はや数ヶ月 - 

行きませんでした!!

結局、見つけた仕事先の社長みたいなひとから、あんまりいい感じを受けなくて…。おそらく悪いひととかではないんだろうけども、なんとなく自分には受け入れられなくて。

スピな言葉でいうと、オーラがね!オーラが合わなかったんですよ。

単純に海外にいくためだけ、と考えたら、行ってしまえばよかったんだろうけども、踏み込めないほどに相

もっとみる

カンボジアに移住します!

あなたが、飛行機でとなりに座ってみたい人は、誰ですか?

わたしの場合は、イーロン・マスク!!!!!!一択!!!

あっ、でも英語の文法的誤りがあったらぶっ飛ばされそうなので、恥ずかしいな……でもイーロン・マスク一択!!!!

というくらい、私はゴリゴリと(ゴリラではありません)世界を変える力をもっている人が好きだ。

以前から日本出たい!出たい!と言っていた夢が、ようやく叶う。

カンボジアで働

もっとみる

無難を避けるには。

最近私はもやもやしていた。

自分のファッションについてだ。

30も過ぎ、30代中盤に差し掛かり、なんか、無難なファッションが増えてきたのだ。

気を抜くと、全身ユニクロ、という「ユニクロの乱」が週3でおきるという、恐ろしい事態に陥っていた。

その悩みを夫(元ホスト)に相談したところ、じゃあ服を買おう!ということになった。目指すは無難という言葉の対極である、奇抜を体現したような街(?)、下北へ

もっとみる