ありのまま実験室

『ありのまま実験室』をとおして。~アカリノタネから感じたこと~

充実感と疲労感、反省。
この3つで満たされた、今日の午前2時。

ついに僕は地元に近い、三島でイベントを開いた。

名前は、『ありのまま実験室』

実験。ありのまま。
2つとも相容れないようだけど、僕のなかでは化学反応が起きる予感はあった。

結果から言うと、やってよかった。
それは参加者・ゲストの感想を聞いたり、顔を見て、感じたことだ。

りっちゃんのOchokin Cinema。
たまちゃん・

もっとみる
押していただきありがとうございます!めちゃうれしいです!
8

ありのまま実験室の舞台は『しずおか』へ。

やりたいことや感じたことをありのままに表現する。
これって簡単にできそうで周囲が気になって、なかなかできないもの。

僕自身、言葉で表現することはすごく苦手で、

自分の意志や考えがうまく伝わらなくて、怖くなった時もある。

そんな自分のように、やりたいことがあるけど、

失敗するかもしれない…だからやれないんだよね。

っていう人とやりたいと思ったことを失敗したとしてもいいから、

とりあえずや

もっとみる
スキと言っていただけると照れちゃいます…
11

人生は「実験」の連続であり、繋がりは実験から得られた「宝物」だ。

「人生は挑戦や苦労の連続」と言われてきたが、

最近は「実験」を重ねていくことが人生、自分の生き方なのではないかとふと思う。

おそらく、「実験」をしてこなかったら、

このように自分の想いを堂々と表明することが出来たりすることもなく、

これからの生き方について考える【生き方見本市】の運営に携わったり、静岡でも開催しようと決心できなかったと思う。

では、お前は何の実験をしてきたのか??

と問

もっとみる
押していただきありがとうございます!めちゃうれしいです!
2

『こどもごころとおとめごころ。』

こどもの無邪気さはいつみてもかわいく思える。
あ、これは僕の幼い頃の写真。意外とかわいいでしょ?(笑)

大学入学前の自分は、
こどもの泣き声が聞こえると不快だなと感じていた。
だけど、アルバイトの塾講師で小学校低学年の子を教えていると、なんかかわいく思えてきた。それは無邪気でただやりたいことをやっていたからなのかもしれない。

最近、こどもごころって、大切な要素だと思う。

おもちゃ売り場でお父

もっとみる
最後まで読んでいただきありがとうございます!
1

本音と本音のライオット。

『言葉で人を温めたい』

人との繋がりを探求し、対話をしている中で、ふと言葉の大切さに気付かされる。

自分が発したその一言がその人を救うこともあれば、

傷つけることもある。気付かせることもあるだろうし。

僕は車の助手席に乗っていたその子が発する言葉に快感を得ていた。

まるで、心地よい言葉のシャワーを浴びるかのように。

人情・内面に訴える僕のタイプだ。

恋愛相談とか人間関係での悩みとかは

もっとみる
ありがとうございます😢うれしいです!
2

『23歳』という舞台の始まり。

毎年の決まり文句のように聞こえてしまうが、

23歳の誕生日(前後)は本当に感謝してもしきれないぐらい

最高な日だった。

それがなぜなのか考えた中で、

ある答えにたどり着いた。

それは

『深い繋がりを持てている友人が増えたから』でないかと。

もちろん多くの人に祝ってもらえること。これはすごくすごく幸せだ。

だけど、

その人との関係の深さがより嬉しさを倍増させる。

3/9にソーシャ

もっとみる
その優しさに温かくなります。
3

水のしたたるいい桜。

雨の中、車を走らせてどれぐらいの時間が経っただろうか。

スカイツリーがだんだん大きくなってきた。

僕はふと写真が撮りたくなり、路駐をして、持っていた一眼レフを手に取った。

どこから撮影をしようかと、撮影ポイントを探していた際に、

この花が目に映った。

「桜」だ。

あれ、東京は桜の開花宣言がもうされたのか?

そう思っていしまった自分はあきらかに「生き急いでいた」。

実際はまだ桜の開花

もっとみる
押していただきありがとうございます!めちゃうれしいです!
2

ハンドルを握って逃げた。

雨が降り続く京葉道路を西に向かっていた。

昨日の僕は仕事中からどこかに逃げてしまいたいと思っていた。

仕事だけではなく夢や希望もすべて捨てて。

行く当てもなく、ただ西に車を走らせていると、

東京スカイツリーが目に映った。

涙雨のような雨と紫色の光線を出し続けるスカイツリー。

晴れた日と異なり、

気分が暗くなりがちなところを紫という落ち着くカラーで包み込む。

最近は、何もかも "コー

もっとみる
その優しさに温かくなります。
1

『みかん』と『濡れたシメジ』

『みかん』と『濡れたシメジ』はもちろん比喩表現。

3月が始まって、3日目。

とても信頼している友人を少し疑ってしまう自分がいた。

まぁ、SNSだったので、真偽は正直わからない。

だけど、すごく今は心の中が気持ち悪い。

僕の中で、男女・年齢の上下かかわらず、

嘘をつく『濡れたシメジ』は嫌いだ。

ん?「濡れたシメジ=嫌いな人」という表現。

真実を話してくれないとすごく気持ち悪くなる性格

もっとみる
惚れてしまいます…

新たな旅路への第一歩。

この言葉通りです。

火曜日ぐらいのnoteで『失敗できる場所を作る。』ということを書かせてもらいました。

そのために、だれも知り合いのいない土地で次の一歩を踏み出そうと思う。

今日から3月が始まり、2020年入社の方の就職活動が本格的に始まります。

自分も2年前に就活をしていましたが、あの時の自分に後悔しています。

だって、周りの目を気にしてたもん。

そんな自分とはもうおさらばしたい。

もっとみる
最後まで読んでいただきありがとうございます!
2