おもう

ハッピーいえーい!の裏には。

あのさ。

わたしの仕事ってね。
完全受注制なんですよ。

だから、めちゃくちゃ忙しい時もあるし、めちゃくちゃ暇な時もあるのだ。どのタイミングで忙しくなるかわからないし、全然忙しくもないかもしれない。
綱渡りの仕事。

職種は、内緒。

そんな仕事をしていてここ数年はすごく調子良かったのだけど、今年に入り、家族内があわただしくなったり、わたし自身手術したり(実はね)でお休みを多く取っていたら、その

もっとみる

まあ、そんな顔しなさんな。

とか言っちゃって。

すみません。
インスタで絵を描き始めてからというもの、パタリと。パタパタリ。そら、そんな顔になりますわな。

さて、この空いた期間。何か変わったことがあったかと問われれば、何もありません!
彼は相変わらずわたしに寝相を描かれてるし、
お迎えしたりされたりしてるし、
隣は安定のうるささだし(いい加減にせよ)、
ただただ日々を重ねています。

そのくらいがいいよね。

あのね。

もっとみる

とりあえず一週間。

インスタにて寝相の絵を描き続けて一週間。

衝動的すぎて、文章書く時間がうまく作れていない。
でも、絵を描けるのは楽しい。

毎朝、夫の寝相を写真撮って、もくもくと。

毎朝の日課になりつつあるそれは、わたしたちが夫婦だから成り立ってるが、客観的なその姿は少し怪しいものがある気がする。
夫は好きなように写真を撮られ、好きなように絵を描かれるまま。
お腹が出てても、パンツ姿でも、おかまいなしだ。

もっとみる

寝相のイラストInstagram開設しました。(衝動的すぎると思う。)

衝動的に(便利な言葉だわ)インスタを開設した。

タイトル通り寝相のイラストばかりを載せる予定だ。

わたしは、夫と付き合いはじめてから今まで、彼がうたた寝やら本気寝をしてる時、ふと思い立ったらiPhoneで写真を撮る事にしていた。
本当に気まぐれに。週に一度あるかないかの撮影頻度。
気づいたらその枚数は200枚を超えていた。
撮るたびにLINEの共有アルバムに残してある。

先日、ふと寝相を真上

もっとみる

日曜、カレーだった。最高。

日曜日。

「わかった、俺、帰ったらご飯作って待っててあげる!」

と、言い放って出かけていった夫。

ピカピカネイルにうっとりしながら家に帰ったら、あった。カレーが。ほんとに、あった。

家に帰ってきたらごはんがある、ありがたさよ。

しかも作っているうちに、「これはバターチキンカレーになるんじゃないか!」と閃いたらしく、急遽Google先生に教えてもらいながらアレンジまで加えて、なんちゃってバ

もっとみる

雨の日はテレビを観るに限るし、すれ違っても最高!とおもう。

雨つづき。曇りつづき。

午前中ゆっくり起きて、テレビは付けずにぼんやり過ごす。
天気が良ければ食材の買い出しにでも行こうと思っていたが、結構な雨量なので断念した。足元がぐっしょり濡れるのは子どもの頃から嫌いだし、その靴が乾かなくて明日履くものが無くなるのも困る。
靴の中でもその時々でブームがあるので、明日も同じ靴を履きたくなる確率は高いから。乾かないのは、困る。

だから、そんな時は、
家にこも

もっとみる

おむかえのすすめ。

おむかえ。

が好き。
わたしはオフの日は天気さえ良ければ駅まで夫を迎えに行ったりする。
あ、帰ってきた、という合流の瞬間と、うちまで帰る間の今日あった出来事を報告し合うふたりの時間がとっても愛おしくて大切に思う。
ちょっとしたお散歩デート気分。
(いやわたしゃめちゃくちゃがっつりデートしたいんだがな?夫が毎日毎日忙しそうでかれこれ半年以上1日デートとかしてないんですけどホントそこに関しては籍も入

もっとみる

隣に住むこと。

隣の家の、音楽がうるさい。

困ったな。
一人暮らしのアパートでは、そもそもの造りがアパートだったし木造だったし一軒家に一緒に住んでるレベルで隣の生活音が聞こえて当たり前だったが、新しい家はそれなりに防音も考えて選んだだけに、その上で聞こえてくるとなると、なんだかストレス。
お隣さんは音楽が趣味なのか、時折ズンチャズンチャとビートを刻んでいる。昼も夜も時間問わず。
ちなみに生活音はまったく気になら

もっとみる

たぶん、自己紹介みたいなこと。

わたし、30代。自由業。
ピチピチちゅるちゅるピカピカぐいぐいの20代の若さや行動力を羨ましく思いながらも、それなりに色んなことに「まあいいか」とのんびりやり過ごせるようになってる自分に気づいた30代の初心者。
最近、彼だった人が夫になったばかりだ。(うそみたい。びっくり。未だに自覚ない。)
仕事しながら好きなことをする時間も取れ、ほどよく家のことをしつつ、たまに夫と変なダンスをして楽しく生活でき

もっとみる

父の日にパーを、おもう。

ザ・昭和の九州男児。

わたしの父の印象は本当これに尽きる。
早寝早起きの仕事人。超真面目。
長女のわたしと妹が悪さをすればゲンコツが落ちるし、母も父の声ひとつで動く。4人家族をまとめる完全なる亭主関白。完全なる一家の大黒柱。
お笑い番組もアニメも「しょーもない。」と言ってあまり見せてもらえなかったし、母とはなんでもかんでも話す仲だが、基本的に無言の父とは雑談などあまりしたことがなかった。

こわ

もっとみる