お仕事マンガ

争いを望む気持ち

note218にちめ。日曜にて恒例、知財のおはなし。

【日曜知財劇場】
争いを望む気持ち

この場合どうですか、と法的な判断について意見を求められることがよくある。

法律だけでは、具体的な細かいところはわからない。

過去の裁判も、その状況や事情個別で判断されていて、ドンピシャリでコレと言えず、断言できないことがおおい。そもそも最高裁以外の判決は後の他の事件に対し判例としての権威を有するわけで

もっとみる
おおいによろこびます
23

特許事務所の迅速対応

note211にちめ。日曜にて日曜知財劇場、こんかいは特許事務所のチョトこわいおはなし。

【日曜知財劇場】
特許事務所の迅速対応

特許事務所Pでは、窓口弁理士Sさん(漫画中ヒツジ)のアレンジのもと、複数の弁理士や特許技術者に当社案件を担当いただいている。

さらりと担当替えを招くことも。

(どの程度コメントが影響しての変更か、この変更が□□さんや事務所Pにとってどのような意味かは、実のところ

もっとみる
わあわあ、またお越しくださいませ
21

聞き違いへの適応

note184にちめ。

「不実施」が「富士市」、「新規性喪失」が「新規性創出」あたりもよくある。このあたりは、聞き違うも納得である。

「不使用」が「藤井様」はどのような聞き違いか、しばらくわけがわからなかった。“様”は“ヨウ”の“よう”である(……)。

よくある誤りや正解が容易に連想できる誤りの扱いにさいきんは慣れて、その場では放置しあとでまとめて直している。

音声認識されやすいように話し

もっとみる
ワ、ありがとうございます!
14

特許調査はふつうに

note183にちめ。日曜恒例(としようとしている)知財にまつわるおはなし。

【日曜知財劇場】
特許調査はふつうに

サーチャと呼ばれる、調査のスペシャリストもいて、そこでは細々、言語化できるコツもあるのかもしれない。

そのような専門部隊でないところで、
 とくべつな教育を受けたでもなく、また本人にとくべつ強い向上心があるでもなく、比較的上手い人がいる。

で、
尋ねるとふつうの手順で調査して

もっとみる
わあわあ、またお越しくださいませ
21

女性研究者概論 サイト開設1周年 「匿名で活動する理由 」

サイトを開設して1年経ちます。これまでにプロローグ+11トピックを掲載しました。以前、このエッセイ漫画をはじめた理由を書きましたが、今回は匿名で活動している理由を少しお話します。

アカデミックな研究の世界は優劣がはっきりと分かってしまいます。研究者の名前を検索すると経歴、研究実績がすぐに出てきます。例えば科研費の取得状況を見ればその人がどのくらいのレベルの研究業績があるのか大方検討が付きます。

もっとみる

バトンを止める

note176にちめ。日曜にて、知財のおはなし。

【日曜知財劇場】
バトンを止める

(ひとこまめ、○特許査定、×登録査定です)

審査請求すれば一年と経たずに特許庁の見解が届く。対応して結論(登録査定か拒絶査定か)まで一年半かからぬくらいである。

早期審査なる制度があり、それを使えばさらにはやい。半年ほどで結論に達することも多い。

が、
古くからの発明者やそこから話を伝え聞いたかたのなかに

もっとみる
ワ、ウレシ!
18

拒絶査定の親切

note169にち。午後になってしまった。昨夜はぶじ絵画の展示を終えました。ご覧いただきありがとうございます。ふかぶか。

……のおはなしはしばし寝かせて、日曜にて知財のこと。

【日曜知財劇場】
拒絶査定の親切

平成最後だからというより、大型連休前だから、のおはなしである。

逆にいうと特許査定は好ましいがその後の手続についてはチョト慌ただく厄介でもある。

査定のまえから、分割等について考え

もっとみる
ワ、ありがとうございます!
17

連休の油断と焦燥

note162にちめ。日曜にて、知財のおはなし。

【日曜知財劇場】
連休の油断と焦燥

日付に油断する、気づいて過度に焦るを繰り返す。ひとつくらい徒過しそうである、ぽろりと。オソロシ。

今作、文字が多い。あまり知財の話でない。反省ヨ。

↓現在、絵画を展示中
上野散策や乗換えの休憩に、よろしければお立ち寄りくださいませ

ねこのそぞろ歩き 上野の駅でひとやすみ
日時| 2019年3月31日〜4

もっとみる
おおいによろこびます
14