お客さん

またに、お客様は神様

ってすっとぼけた事聞くけど、そんな訳ないじゃん。

ビジネスは対価で成り立ってるんだから。

企業やお店はサービスや販売など、価値を提供している。それに対してお客さんはお金を支払う。

それだけ。

つまり、対等って事ね。

日本はただでさえ、高品質で低価格なんだから、それ以外に無料サービスとかしたら提供する側は疲弊しますよ。

客も無料が良いって、思い込んでるから更によろ

もっとみる

「お客様は神様」と大真面目に言う人は、あの神様だと思われています😢日本の神は人間味がある👨‍👩‍👧‍👧

「お客様は神様だろ」

「俺は客だ」

などのように自分を神様扱いしてくれないと納得しない人がいます😢

なぜか男性に多いです。

もしかしたら女性にもいるかもしれませんが、私は会ったことがありません。

そういう女性がいたという話も聞いたことがありません。

海外でも見聞きしたことがありません。

おそらく日本でのみ確認されていることだと思われます🇯🇵

お客様は神様の起源は、三波春夫さん

もっとみる
私の記事をスキしていただいたあなたに送ります。スキ!
2

セールはブランドを知っていただくチャンス

こんばんは、ななこです。

ちょっと今日体調が優れなくて、、
という声が
あちらこちらから聞こえ始めました。
セール3週目あるあるです。

セールあるあるといえば、
セールがすすむにつれ、
おや?というお客様が増えてきます。

言葉を選ばずにいうと、
普段は入りにくいけど安いからちょっと覗いてみよう!という、
これまで見かけていないお客様です。

中にはいつもと違うリクエストがきたり、
なか

もっとみる

自分の要求は言う。相手に合わせない。

僕は主張をはっきりといいます。

相手に合わせません。

でも、仕事上ではお客様やチームのメンバーに合わせます。

自分の主張をいうのは、よほど人間関係の距離感が近い人だけです。

距離がある人には聞き手に回ります。

プレゼントをもらう時の注意点

お仕事を頑張っていると、誕生日やクリスマス、ホワイトデーなどにお客様からプレゼントを頂く機会も増えてくるかと思います

この業界で働く醍醐味の1つではありますが・・・

しかし、このプレゼント受け取り方を間違えてしまうと後々トラブルを生んでしまいますよ〜(少し脅かしてみました)

もっとみる

昨日、全体ビュー14万回達成!!!当たる占い師より、「体験教室」に人生を委ねる!!!!(1)


いきなりの質問ではあるけれど、

人生で次のステップに進みたい時、
あなたは誰に話す?

中学からの仲良し、両親、同僚、彼氏彼女、
それとも、占い師?



あなたを知っている人だからこそできる助言があることは十分に理解できるけど、
体験教室に行って人生相談をしてみるのは結構アリだと思う!

今日はそんなことをnoteで書くつもり笑!




個人的な話だけど、良い意味でも、悪い意味でも

もっとみる

私からのプレゼント

プレゼントを頂くことも多かったですが、私からお客様へプレゼントを贈ることも多かったです

おかげ様で、毎年クリスマスとバレンタインは大忙し。出費もすごかったですよ〜

もっとみる

捉え方を変えることの大切さ

今僕は、引継ぎであるプロジェクトの管理をしている。これがなかなか大変だ。こちらが事前に提示し、合意を得ていたスケジュール通り進めようとしても、後出しで客先側のタスクが追加されたり、段取りを前後させてほしい旨の連絡が1日に数度ある。こちらとしてもオンスケで進めるべく、限られたリソースを割り振ることにかなり気を遣っているので、そういったイレギュラーに対応するコストを捻出するのが結構しんどかったりする。

もっとみる

売上はhappyの数

初めまして、ななこです。

販売歴13年。
現在もアパレル会社で接客指導、人材育成、VMD指導など行っています。
日々のお仕事の中でのエピソードや、
自身の経験から学んだ問題解決方法などを備忘録的にまとめようと思い、noteを始めます。

先日新人Aさんに
こんなことを尋ねられました。

「なぜそんなに売上が大事なんですか?
私はお客様に喜んでもらえれば、売れても売れなくても良いです」

え?な

もっとみる

接客が好きな事を思い出したら接客は楽しくなる♪悩みがある時は接客が好きな自分を思い出そう!

「あぁ、そうだった!!

私は接客が好きで、この仕事をしているんだった!!」

仕事をしていて、こんな風に

接客への想いに気が付くことありますか?

毎日の繰り返しでこういう気持ちって

ちょっと忘れがちになっちゃいます。

特に、悩んでいたり、

仕事がうまくいっていなかったりすると

余計に忘れがちになっちゃいます。

それだけ日々忙しく、考える事も多いですよね。

自分の接客を考える時間 

もっとみる