お金について考える

「仮想通貨男子」はやはり負け組だった!

今度は 経産省が

「老後は3000万円足りない」

という独自試算を出しています

。。。しかし それが事実なら

日本の高齢者は 全員自己破産して

生活保護を受けているはずですよねσ(^_^;)?

実際には 高齢者の大半は

あなたより はるかにリッチな生活を送っており

破産状態の高齢者など例外です

経産省の仕事は

日本の経済・産業を成長させることです

したがって

「経済成長しな

もっとみる

お金を大切にすればするほど、貧しくなる理由

こんにちは、こんばんは。

りょうさんです。

週に一度くらいの割合で、誰かの役に立ちそうな話を載せています。

皆さん、お金って 大事 ですよね。

ブログのコンテンツの中で最も人が集まる話題は「美容」と「儲け話」についての話題だそうです。

それくらい、誰もが「モテたい」「お金を稼ぎたい」と切に願っているという事なのだと思います。

ただ、その「お金を稼ぎたい」「お金を大切にしたい」という想い

もっとみる

海外でライブしたい!ローカルミュージシャンが海外公演する時に気を付けたいことを書き記します。飛行機での楽器運搬・電圧。

世界中を旅しながら現地で演奏をしたり、トラベルコラムを執筆したりしている、studio iota labelの前田紗希(@nagareruiota)と申します。

東京に生まれ普段は近郊に住んでいますが、現在この記事を、海外フェス会場で書いています。

ああ、好きだなあ。

「音楽は国境を越えるか」と聞いて真っ先に想い浮かべるのは、言葉の壁。もっといえば嫋(たお)やかな度胸。

ものすごく情熱を持

もっとみる

【ビジネスコラムを読み解く】お金を求めれば求めるほど、逃げていくのはなぜ??

こんにちは、本ソムリエのhaya.です。
今回は不定期で行っているネットの記事の深読み。

それって一体どういうことを言っているの?という、記事に書かれたその先の本質を見ていくコラムです。

今回はファッションバイヤーMBさんのビジネス連載「お金を求めるほどにお金は逃げていく〜前例踏襲主義の間違いを暴く〜」を読んでいきます。

ぜひ一度こちらを読んでから、考えてみて下さい。

1.なぜ「前例」を追

もっとみる

NiCE(2) 生気のない弱々しい木々

===================
お金に関するフィクション
『NiCE』の2回目です。
本文は無料です。第1回はこちら。
===================

「『ナイス区は貨幣経済を排除したオルタナティブ国家』。私もネットで見ました。でも、こんな荒れ果てた場所に、本当にあるんですかね……」

 軽井沢からそう遠くない別荘地で、森林という気持ちのいい場所のはずなのに、生気のない弱々しい木

もっとみる

資産形成ノート032【老後2000万円問題シリーズ1「政策と経済」】

近畿でライフプランデザイナーをしております、石野です。

世間を賑わしている「老後資産2000万円」問題について、
「本当に2000万円で足りるの?」という疑問を持たれている方も多いと思います。
数回にわたって、FPの観点で掘り下げていきますのでお楽しみに(笑)

金融庁の報告書の試算では、
夫65歳以上、妻60歳以上の無職の夫婦の世帯の平均で
支出:26万3718円
収入:20万9198円
毎月

もっとみる

会社の金は誰のもの?

ある会社(特定企業ではない)が順調に利益を出していき大きく成長しお金(内部留保)もたまりました。景気のいい時代でもこんなに儲かる会社はごくわずかです。それから約20年 業界全体でなかなか儲かりにくくなりました。 今稼げなくても昔稼いだ大金が残ってるので会社が潰れる心配はありません。 この程度の多少赤字20年続いても大丈夫。

 ですが社内ではコストカットしかできず成長の見込みはありません。儲からな

もっとみる

58.お金の話し

皆さんのはお金を何の為に稼ぎますか??

私は、自由の為です。
お金で自由は買えるんです✨
知ってました??笑

不思議に思う人もいるかもしれませんが
そんなに難しい話ではありません。

先ずお金があればお金の為に労働をしなくてすみますよね!!
それだけで、かなりの時間を自由に使えます✨

そして、お金は更なるお金を産み出します!
自分のお金を使って会社を買ったり人の時間を買って、生産を行う。

もっとみる

経済のことよくわからないまま社会人になった人へ

こんにちは。天気で体調が左右する人なので梅雨は気合が入らないですが、今日も頑張ります。

お恥ずかしながら私、経済や政治などなど興味ないことは理系であることを盾にとことん逃げていました。

さすがにそろそろ逃げるわけにもいかない年にもなってきましたから…。

というわけで、今日は解説に定評のある池上彰先生の「経済のことよくわからないまま社会人になった人へ」です。

本書は大きく分けて、「買う」・「

もっとみる