この声とどけ

6/28発売予定シリーズ4巻「この声とどけ! 恋がかぶった放送部!?」

新刊のご案内です。6/28(金)にシリーズ4巻「この声とどけ! 恋がかぶった放送部!?」(集英社みらい文庫)が発売予定です。

3巻から登場した新キャラのサヨちゃん(カバー右下)と、主人公のヒナちゃんの好きな人(五十嵐先パイ)がかぶった――という4巻。

この「友だちと好きな人がかぶった」問題、いくつになっても深刻だと思うのですよ。大人になると大人なりの対処もできると思うのですが、やはり学生のとき

もっとみる

上に飛ぶのか 下に飛ぶのか

空を見上げるのが好きだ
空 というより 高い建物の少し上 だろうか

背が人よりも高いから
空が人よりも近いから かもしれない。

いや、それは建前だ
本当は 仲間 を探しているから
見ているのは 空じゃない   屋上   だ

幸か不幸か、まだ 仲間 とは会えてない
目が合ったら 会いに行こう
ビルの上と地上じゃ 遠すぎて声もかけられない
そうでしょ?

数日前 ツイッターに仲間の動画があった

もっとみる

2/22発売「この声とどけ!」3巻紹介☆1・2巻重版しました

今月2/22(金)に、シリーズ3巻となる「この声とどけ! 恋がもつれる夏まつり!?」(集英社みらい文庫)が発売となります。
公式サイトには特集ページもオープン↓ かわいい挿絵も見られちゃいます♪

そんなわけで、昨年4月にシリーズ1巻が発売されてから無事3巻まで辿り着きました。
ありがたいー><。
受賞から1巻が出るまで2年近くかかったので、1巻が出てから1年経たず3巻が出るって、なんか「すごい、

もっとみる

新刊2冊のお知らせ☆2/22「この声とどけ!」3巻&2/23「ニセモノ夫婦の紅茶店」

2019年2月に新刊を発売していただけることになりました!
しかも2冊!!ありがたい限りですm(_ _)m
発売日も1日違いなので、ひとまず2冊まとめて紹介します!

■2/22(金)「この声とどけ! 恋がもつれる夏まつり!?」(集英社みらい文庫)

児童向け小説シリーズの「この声とどけ!」シリーズ3巻です!

去年の4月に1巻発売だったのですが、3巻までたどり着けて感無量><。
よんでくれた読者

もっとみる

「この声とどけ!」電子書籍版11/30配信

集英社みらい文庫から出ている「この声とどけ!」の1・2巻の電子書籍版が出ることになりました📖11/30配信予定で現在各種ストアで予約受付中です。以下いくつかストアなど。

表紙がかわいくて児童書を書店で買うのはためらってしまうという大人の方々!ぜひ電書でよろしくお願いします!滑舌練習もできちゃう放送部のお話です!

実は私自身普段の読書はもっぱら電子書籍派でして、毎月ポチポチポチポチ電書を買って

もっとみる

セレスティアル・ブルー(完結済長編小説)

「そうね……。だからきっと、正解なんてないんだわ。あるのは──」

「私たち、そのもの…でしょうか?」

異世界ファンタジー長編小説『セレスティアル・ブルー』

https://m.magnet-novels.com/novels/56276

これは、生き様の物語。
何故生まれたかを、知る物語。
封印された世界の秘密が、今蘇る──

「私達の目に映るものは、実際は霞んで殆ど見えていない……そう、

もっとみる

人よ、世界を続けて。

これはもしかしたら「みどりのゆび」的な話になるかもしれない。

私には、人間はみんな「地球の人間」に見える。自分の姿含めて。
昔から、顔を見分けることも難しいくらい、みんな同じに見えるんだ。
個性がないとか、そういうものではない。
みんな、肉体を持ち息をしている、そんな観点。
そして、人間と風や木々もまた、境目がない。ぜんぶでひとつ。

来年、人の視野は拓けるし、それゆえ地は不動、安らぎを思い出す

もっとみる

わたしの思い

コラムをどうしても書きたくなった。

わたしが日々、思うことが

どこかのだれかに届くような気がして。

届けるなら、今だ。

有名なブログでもなく、

手軽なSNSでもなく、

いちばん読んでほしい人に

届くのはここだろうと

妙な確信が湧いてきて。

衝動的に、綴ります。

……
……

わたしは、みなさんがだいすきです。

みなさんひとりひとりの生き方を尊重します。

みなさんが間違ってい

もっとみる

9/21「この声とどけ!」2巻でます

発売日まであと1週間になりましたので再度。
「この声とどけ!」(集英社みらい文庫)の2巻が来週9/21(金)に発売予定です🎤
現在特集ページも公開中↓ 特集ページではかわいいカッコいい挿絵が半分近く見れてしまうという豪華仕様です。

そして本日見本誌も届きました✨️

見本誌が届く瞬間は楽しいです。遠足は行く前が一番楽しいみたいな感じの。いやもちろん読んでもらえたらまた嬉しいのですけども。
見本

もっとみる

「がんばる」は難しい

何かと「がんばります!」という言葉を多用してしまうのですが、この「がんばる」っていうの、とても難しいなぁとよく思います。

睡眠時間を削って作業したらがんばるになるのか。
たくさん勉強したらがんばるになるのか。
遊びに出かけたらがんばってないになるのか。

会社員時代は残業して帰宅してから深夜まで小説を書いていたので、それこそ睡眠時間を削ってがんばってたのですが、身になったこともありつつおかげで身

もっとみる