ご縁を味わう

朝から気分が良い女性

おはようございます。

ブログやメルマガで印象に残ったご縁を書くようになったのですが、印象に残る人や出来事が多く、iPadで書く時間が増えてきて、自分が伝えたい「ただ自分のことを話す日常会話が日常をより豊かにする」を、自分自身が味わえなくなってきて本末顛倒になっている、木谷卓哉です。

少しペースを戻していこうと思います。

さて、今日は、かなり前に出会った女性の話です。

【朝から気分が良い女性

もっとみる

25年間、同じ自転車を乗り続ける男

こんにちは。

人を思い通りに動かそうとすることは、台風を思い通りに動かそうとすることと同じくらいエネルギーの無駄で、それなら自分が動いた方がいいと思っている、木谷卓哉です。

台風が過ぎ去った後の都内は、普段とは違う1日でした。

タクシーだけで言うと、電車が動いていないので利用したい方が増えたように思います。

「今日はタクシーが少ないね〜。電車が動いていないんだから、必要なのに。」
というお

もっとみる

洋楽ロックの今後について考える男

こんにちは。

「Make Time」という本で、iPhoneからSNSのアプリを消すことで、時間が作れると書いていて試しているのですが、
隙間時間があればSafariでFacebookを開いて、時間を作るどころか、浪費している木谷卓哉です。

【洋楽ロックの今後について考える男】

0時30分ごろ。
終電間際の時間に久しぶりに渋谷駅西口のタクシー乗り場に並んだのですが、乗っていただいた男性のこと

もっとみる

出勤時間帯の一方的な男

「1日、一掴み程度のナッツを食べると良質な脂が取れて身体に良いよ〜」
という情報を得て、試しに無塩のミックスナッツを購入したんですが、
食べだしたら止まらなくなってしまい、
結果、身体に良いのか悪いのかわからなくなっている、木谷卓哉です。

前回に引き続きではないのですが、車内の温度調節という同じテーマです。

タイミングよく(本当なら無い方が嬉しいのですが、)
車内の温度調節でお客様とトラブルが

もっとみる

551の豚まんじゃないけど、ある時とない時の違い

9月に入って、「今年も残り4ヶ月しかない!」と、強引に制限時間を意識して、この4ヶ月で(年内に)したいことを継続しようと、何かにヤル気になっている、木谷卓哉です。
(アメブロを始めたので、がんばります)

今日は、昨日の夕方、六本木にあるタクシー乗り場につけているとき出会ったお客様がきっかけで書こうと思いました。

20代の女性2人と、それぞれのお子さん(ベビーカーに乗った男の子)2人の計4名。

もっとみる

日本人と外国人の違いを教えてくれる女性

まだまだ蒸し暑いけど、少し気温が下がり、過ごしやすくなった8月最後の水曜日のお昼前。

東京駅日本橋口へ男性のお客様をお送りしてお会計をしている最中に、40代前半くらいの1人の女性がタクシーの側で立ち止まり、男性のお会計が済むのを待っていた。

「次、いいですか?」

後部座席のドアから男性が降りると、彼女はそう伺いながら乗車した。

常にお客様がご縁を繋いでくれているのには間違いないのだけれど、

もっとみる

イライラする男

世間はお盆休みの真っ只中、品川港南口のタクシー乗り場につけてお客様を待っていた。

タクシー運転手も休みを取っている人が多く、タクシープールはガラガラで、旅行や帰省から東京に帰ってきたであろう大きな荷物を持ったお客様が列をなしていた。

数少ないタクシーが順々にお客様を乗していき、僕もその流れに入った。

港南や芝浦など、品川駅から近場の自宅へお送りする人が続き、その都度、しばらくの間は途切れそう

もっとみる

風刺の時代。そして、、、

大阪生まれの僕は、お笑いが好きで、漫才が好きです。

「お前はオモロイから吉本いけ!」

大阪で生まれ育った男で、この言葉を言われたことがある人は、「男前やからジャニーズいけ!」よりも多いかと思います。

(もしかしたら、今は以前より少なくなっているかもしれません)

他府県ではどうか知りませんが、大阪には「男前」よりも、「面白い」と言われる方が嬉しい人が多い独特の文化があるらしいです。

そうで

もっとみる

世界のどこかにいる心強い味方との出会い方

最近、モモという本を読みました。

モモ(時間どろぼうと、盗まれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語)
ミヒャエル・エンデ/岩波少年文庫

児童文学なのに、今だから読んでよかった一冊です。
(子どもの頃に読んでいたら、読み切れてない自信があります)

そして、僕の周りに読んだことがある人や、好きな人がいてうれしかった!

・日常を味わうには、自分のことを話す日常会話が大切。

好き

もっとみる

周りに頼ることができるメイン

2019年5月ごろ、潮見にあるホテルから2台口の迎車の無線が入り向かいました。

この辺りの道路は全く分からないのでもう一台の方に話しかけると、走り慣れているということだったので、前を走ってもらえるようにお願いしました。

ホテルの車寄せに着いてしばらく待っていると、荷物をたくさん持った男性が8名。

送り先は舞浜。

前を走る方を見失った場合に備えて、住所を教えてもらいナビを入力して出発するも、

もっとみる