しいたけさんが当てに来てる

どうですか、あなたは占いを信じますか。俺はなかなかに信じる派です。

昨日ですか、しいたけさんという占い師の下半期の占いが出てたんで、まあちょっとじっくりと読んでたんですけど。俺などは、つまり双子座は運命が動き出すそうです。月ごとの解説もあるんで折々読み返していこうかと。無料公開なんでありがたいですね。

こちらで十二星座それぞれ読めます。

しいたけさんはnoteもやってらっしゃるから、いっそそ

もっとみる

オレンジのワンピース

昨日もなかなか寝付けなかったはずなのに、ようやく眠りにつけたと思ったら3時間ほどで目が覚めた。とは言え、決して悪い目覚めでもなかったのだけど、外はまだ薄暗い。なんだかまだ起きるに気になれず、もう1度布団にくるまった。

それから、どれくらい経ったのだろう。
外はもうすっかり明るい。

カーテンをずらして外をのぞく。ときどき見かける「梅雨」という文字が少し滑稽に思えるほど、カラっとした景色が外に広が

もっとみる

占いを信じるか信じないかは別として、自分を表現する言葉を選定する

あまり占いを見ないが、しいたけ占いだけはなぜか見てしまう。そして、なぜかこの占いの言葉の選定がうまくて、自分の性格を言葉で表現してくれている気がする。

うお座の2019年下半期のタイトル:「今までにない冒険。自分で決めた自分の限界を打ち破っていく」

・魚座の人って感性で生きているようなイメージがあるが、実はものすごくコストパフォーマンスに敏感な人が多い

まさに。すごく、感動することに対しての

もっとみる

「1歩進んで3歩下がるのオレンジ色」
「今までの自分のレベルから撤退してみる」

6月最終週ってことで、心身リセット。

月曜日の朝は、しいたけ占い。

今週も、獅子座はやさしい言葉であふれてる。

昨日もなにげに仙台でバカンス感あったし、7月もたのしみがいっぱいあって、うれしい。

こういう時に、『悪い予感』の方を考えるのではなく、『心の準備』をしておく、というところにフォーカスできるようになった。

今朝も電車の中で、自分宛てのSlackでやりたいこととか、たまってる作業とかをバンバン送りつけた。まずは、イヤなこ

もっとみる

いろいろ考えすぎる自分もよしとしよう

考えすぎってよくないな。頭でっかちになる。目の前にあることに向き合わないと何も進まないのに。考えるばっかりで実際は行動に移せないんなら、こんなに考えても意味ないじゃないか。

でも。いろいろ考えすぎる自分もよしとしよう、って最近思うのです。何の考えもなしに日々生きている人もいると思うけど、私は自分のことや自分のまわりのことをちゃんとわかっていたいし、いろんなこと考えて計画的に進めたいって思ってる。

もっとみる

「私のすきなひと」 02.しいたけ.

「しいたけ占い」をご存知だろうか?

初めてその名を目にしたときは、「動物占い」みたいなキャラ占いの類だと思った。「あなたは味わいのある、しめじタイプ!」みたいな感じの。

そんなことではなく、「しいたけ.」さんという占い師の方が発信されている占いのことだったのだけれど。その、「しいたけ占い」および「しいたけ.」さんそのものに、近頃とても心を惹かれている。

*.゜

占いは昔から好き、というか、

もっとみる

私には私の幸せがある。

こんばんは。.natsuです☺︎

タイトルは「しいたけ占い」から。
2019年下半期の運勢が昨日から
VOGUEにて先行配信されています。

しいたけ占いは 週間を見ていて
よく当たるというか共感できることが多くて
チェックしています。

スクロールするのも
ちょっとドキドキしながら
下半期の運勢を見てみました。

やっぱり参考になる。笑

あと、下半期は、
遊びたいという思いが強まる、との

もっとみる

はじめまして。こんにちは。

令和元年も残るところ半月。

下半期の獅子座にとって大切なのは、「はじめまして。こんにちは。」な関係の人と会うこと。だそうです。

そうです。しいたけ占いです。

巷で話題のしいたけ占い、なかなかの長文で読んでいて面白いです。なにより、いつも励ましてくれるから良いです。占いであり、コラムであり、自己啓発でもあり。なんか優しい奴なんだよなー。あいつ。的な人が書いていることでしょう。

さて、まぁまぁ

もっとみる

ゆるくやっていこうね。(わたしはすぐ張り切るクセがあるからね。)

2019年あけましておめでとうnoteで、「今年はたくさん書きたい」と言いながら、今は6月、数えてみたら、10記事しか書いていなかった。

もうすぐ半年が終わるところで、10記事ということは、このままのペースでいくと、1年で20記事しか書かないことになる。
これはさすがに「note書いてます」と言えないのではないか。

書き終わっているnoteは4記事くらいあるけれど公開できずにいる。(下書きは全

もっとみる