しばき隊

ネトウヨと偽フェミは一卵性の双子のようなもの

甦るネトウヨ・トホホ伝説

ツイッター上で大暴れし、悪目立ちしている自称フェミに対し、私は以前から 「ネトウヨとの類似性」 を指摘して来た。
今回は改めてそれを掘り下げてみたいと思う。

まず大前提として、私が言う ”ネトウヨ” とはかれこれ10年ほど前に流行った、維新政党新風を発端とする、ネトウヨ団体ブームの時によく見られたタイプの人種である。

何かにつけて自分の気に入らない人間や事象を『中国

もっとみる

「痴漢を安全ピンで刺せ」が何故ダメなのか #2

「痴漢を安全ピンで刺せ」が何故ダメなのか
#1 https://note.mu/oharan/n/n34cf111612b1
#2 https://note.mu/oharan/n/na90d05fe8170

電車内で針を取り出す時点で狂人率大幅アップ

前回は主に「自力救済・私刑である」「〇〇無罪を主張した時点で信用ならん」という2点から「なぜ安全ピンで刺してはダメなのか」を説明した。

前回

もっとみる

令和時代のテーマか?「嫌悪感の処理の重要性」

という訳で、平成最後のnoteでございます。

当初はどうでもいい穏やかなグルメ記事でも書いておこうかと思ったのですが、twitterでとある人物が非常に興味深いことを発言しており、色々と思う所があったため、「嫌悪感」 をテーマに1本書こうと思った次第。

嫌悪感自体の否定は「本能を捨てろ」と同義

青識氏の言うように、何かに対して嫌悪感を持つのは仕方のない事である。嫌悪感と一口に言うが、その中に

もっとみる

電気グルーヴを、ピエール瀧を擁護しているのって性根の腐った左翼ばかりで気持ち悪い。
その時点で電気グルーヴを聴く気が失せたわ。
アジカンやくるりの時のようにiTunesからデータ消そう、もう決めた。
#電気グルーヴ #ピエール瀧 #石野卓球 #しばき隊 #左翼 #パヨク

移民による欧州の混乱と反差別の欺瞞

欧州の移民の流入はかなり深刻。ロンドンではもう2011年の段階で白人のイギリス人の方が少数です。そうなる前に、移民が増えすぎていると指摘していた論者もいましたが、そうした論者が警告していたよりも実際に移民は増えすぎてしまった。

2016年のイギリスで産まれた男児につけられた名前でいちばん多かったのはモハメッドだったそうです。これまでキリスト教は欧州のアイディンティティの1つであったものが、かなり

もっとみる

極論家と表現弾圧

極論と表現弾圧の関係性

本日のテーマは『極論に陥りがちな人間と、表現弾圧との関係性』である。

とはいえ、根拠もなく表現規制派を悪く言いたいとか、印象操作をしたいという訳ではなく、「両者の間にはハッキリとした因果関係が見て取れるんだよ」というお話をしたい。

ちなみに、先日アップしたデマと確証バイアスのお話にも通じるところがあるので、もしも500円くらいドブに捨てても構わないという方がおられたら

もっとみる