たたき台

今週はチラシとパンフのデザインでPC張付きだ。本職ではないが、背景や内容の触りを聞かせてもらえば、キャッチコピーと素材の組み合わせで、たたき台まで作れることが重宝されているようだ。頭の中にあるものを人に説明するのは難しい。ただ形があれば本人から具体案が湧き出てくる。私の売りである

たたき台をつくる力

あした学校の運営会議に出す議案3本分の資料を用意した。うち2本は簡単なぺらいちだが、激論があり得る1本は、写真をふんだんに入れて説明したり、illustratorで地図を起こしたり、絵文字でかわいくアピールしたりして工夫を凝らしている。

議論を進める上で、たたき台の存在はとても重要だ。多くの人がモノを見れば、意見が言える。話し言葉だけの空中戦では、たいがい、噛み合わない。

そして、たたき台をさ

もっとみる

【仕事術】優れたプランナーが持つ2つのスキル

今回は、重要かつシンプルな話です。

ということで、見出しの結論から。
2つのスキルとはコレです。

1:アイデアが豊富
2:打たれ強い

なぜ、この2つかというと、あることに必要だからです。
そのあることとは、

「たたき台」を作ること

です。

優れたプランナーは「たたき台」を作る

「たたき台」とは、一言で言うと試案。正式なものを作る前段階の概要、素案、原案といったものです。
未完成で直ぐ

もっとみる

青少年ファンド「募集の前に決めること」のたたき台

追記2018/06/19:参加者募集ページできました。https://peraichi.com/landing_pages/view/kimiwaku

----------------------------------------------------------

子どものチャレンジを金と人によって支援する取組み

たたき台、いよいよ最後です。

作戦会議は3月21日(水・祝)9:00〜1

もっとみる

引用、参考資料に対する考察

このエントリー「読者として思うこと」から。

歴史でも、詩や古典でも、同じ文章なのに、様々な解釈や意見があるから「歴史学」は延々、研究し、議論が続き、新しい解釈が誕生する。それが醍醐味でもある。

自分は歴史学を専攻したので史料や資料を参考に、そして引用することは大事だと思います。また囲碁でも棋譜というものはシェアするため、参考にするためにあると思うんですよね。

議論のたたき台として大事。だから

もっとみる

「素案」の価値 〜StrawmanとStraw man〜

こんにちは。

気の持ちようで苦行も楽しくなる!?

最近思う事があります。物事を前に進めるための素案の意義や価値です。

大きな組織にいると、ついつい感覚がいわゆる「官僚的」になるのか、何か新しい事をやることが自分の仕事に思えなかったりします。

決まったプロセスや、プロジェクトタスクにのっとって着実に仕事をすすめることが仕事の大半になるためでしょう。

ただ、そんな大きな組織の中でも、新しい事

もっとみる