とは

お題

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

はじめに|考えることこそ最強のスキルである【1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法】

たくさんの方に手に取っていただいた『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』(プレジデント社)。大反響を記念して、8/14限定で全文を公開しました!ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。引き続き「はじめに」と「おわりに」のみ公開します。令和時代の生き方・働き方をぎゅっと凝縮した一冊です。

---<以下、冒頭部分>--

はじめに

 本を読まなくなって久しい。

 ウェブで細切れ

もっとみる

言葉 について

眩しそうに曇る二月の 短さを埋めてはやれないが

よくあるむずかしい歌詞ではなく、遠いどこかを書いてるわけではなく、日常を切り取った言葉だ

オサキアユにしか書けない歌詞だ

この季節に聴きたくなる

冬がおわり、まだ心の準備ができていないのに春になる

冬に違和感を残しながら新しい季節を迎える、その繰り返しを経て人は生きていくんじゃないかと思ったりもしてる

村上龍と坂本龍一が対談で「小説家や音

もっとみる

みんな文章がうまい!!

noteを読んでいるとみんな文章がうまい。どうやったらそんな上手に文章を書くことができるようになるのだろう。小さい頃から多くの本を読んで学んだのか。文章を書くのが上手になるような参考書でもあるのだろうか。そうでなければみんな国語の才能があるのだろうか。

とにかくみんな文章がうまい。国語の才能があると言うか作文の能力が高い。いや、もちろん評論家みたいなことを言いたいのではない。評論家みたいなことを

もっとみる

(合法)個人でビールを作る方法まとめ

こんにちは、大智です。
はじめて書いたnoteを投稿したところ、スキが60以上ついてびっくりしてます!
シェア、リツイートもしていただきありがとうございます。
想いが伝わって嬉しいです!書いてよかった!

調子に乗って2つ目の記事を書こうと思いますw

今回のテーマは「個人でビールを作る方法」です。
友達から「オリジナルビール作りたい!」、「ビールってどうやって作るの?」
とけっこう聞かれたの

もっとみる

恋愛と計画

恋愛を始める年齢が遅くなる人がいるらしい。

「こんなはずじゃなかった」「思い描いていたのと違う」と言う人が大勢いるようだ。少女漫画で読んだような青春や恋愛ドラマでやっていたキュンキュンする思春期を迎えることを期待していたのではないだろうか。

田んぼに囲まれながら砂利道を自転車で帰る。後ろには好きな人を乗せて何を話すでもなくダラダラ走る。本当は別れたくないと思いながらも別れなければならない。

もっとみる

【ポイントは2つ!】ソーシャルメディアマーケティングで成果を出すためのキホン

こんにちは! トライバルのマーケティングデザイン事業部に所属している原と申します(個人noteはこちら)。

日ごろ企業のマーケティング、特にソーシャルメディアマーケティングの支援に携わっている私が、このトライバルnoteを通して企業のマーケティング担当の方に少しでもお役に立てるような記事を公開していきます。

第一回のテーマは、「ソーシャルメディアマーケティングで成果を出すためのキホン」です。

もっとみる

「あー、これを食べるときが一番幸せ」

今一番好きな食べ物を聞かれたら、たまご焼きと答える。
それも卵2つに醤油だけで味を付け、少し多いかなと思うくらいの油を熱したところへジュッと一気に入れたら箸で大きく混ぜて、なんとなく形作っただけの適当なのが一番で、自分にとっておいしければそれでいいもの、それが好きな食べ物かなと思う。

これまで直に接した中で最も尊敬する料理人の1人に、料理屋での修行を一度も経験せず、本からの知識と自ら歩いて得た体

もっとみる

大丈夫、それが夏! 【生ニラ玉】

ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウ、エシャレット、とにかく匂いの強い野菜が大好物で、料理の仕事をしているのをいいことに多少臭ったところでなんの問題にもならないだろうと決め込んで昼夜を問わず口にしている。

飲食店のレシピ開発の仕事では、特にランチメニューに匂う料理は要注意。ともすればお客様からのクレームにも繋がりかねず「おいしいから」だけでは商品になりにくい。加えて、休憩時間もランチにかける予算感も

もっとみる

ウチらずっと戦友だよ。 |kemio『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』

お久しぶりでございます、眞野いるかです。
今日ご紹介するのは全てのページに復唱したい名言が散りばめられており、読み終わって人生頑張ろうと思えるkemio『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』です。

正直kemioのことはあまり知らないまま、タイトルを気に入って手に取ったのですが......これが大当たりでした。大事な本になったし、なんならkemioのyoutubeチャンネル登録までしちゃったよね。

もっとみる
ありがとうございます。あなたに良いことがありますように。
42

感情は水面に広がる泡立つ波紋

自分の世界は表層部にある自我だけではない。

水底に向かえば静かな穏やかな世界が広がる。

今朝は台風の影響もあり、
美しい雲と太陽の
協奏曲を見ることができた。
青味のある雲が、
隠された太陽の上昇と共に色味を変える。

光が雲を彩る。
雲が光を彩る。
光と共にある。
強烈な光が生まれてくる。

世界の色彩が一転する。
深海の青から光の世界へ。
目の前の現実世界の景色が劇的に変わる

もっとみる