はじめてのインターネット

ロシアン・ドラッグの流れとゆくえ

おもにネット上の「炎上」騒ぎの際、雑言として用いられる「ネット上に永遠に残る」なる表現があり、それは慣用的な表現となって流通しているが、果たして本当にそう信じられているのだろうか。ブログサービスやレンタルサーバーやらが運営を已めて、これまで、幾つのログが「永遠に残」らなかったか。ネット上の情報はフリーに流れ続けていく錯覚を私たちの知覚に与えるが、この「流れ続けていく」というメタファーはなにを指示し

もっとみる
押されなくても書き続けます。そして、ありがとうございます。
2

Welcome to underground!

noteに「はじめてのインターネット」というお題があったので書いてみようと思う。

 私がその電脳世界に足を踏み入れたのは、小学五年生の時。確かそうだ。私の両親はパソコンや携帯電話といった電子機器に疎く、現在もスマホにアプリをインストールするのに一苦労しているような人間だ。当時家族の中で一番電子機器に詳しかったのは、祖母だった。インターネットがしたいという私の言葉に、祖母だけが好意的な反応を示して

もっとみる

モバゲータウンは眠らない

私の人生初のインターネットは「モバゲータウン」だ。

ご存知だろうか。モバゲータウン。私よりも10ほどの上の世代にはドンピシャだったと思う。なぜそれを私が知っているかというと、私は鍵っ子で、幼い頃から携帯電話(ガラケー)を持たされており、インターネットを扱える環境にあったことと、年の離れた姉がインターネット中毒だったことが原因だ。

わたしはインターネット中毒だった姉に触発され、モバゲータウンの闇

もっとみる

幸せそうに見える人でも

ありのままの私では、人から愛されない感じや、受け入れられない気がする…。

という感覚をお持ちの方に、知っていただきたいことがあります。

「しあわせそうに見える人も必ず、
何かしらを抱えている」

ということ。

本人のみしか知らない失敗だったり、
自分が認められないための、異常なまでの頑張りとか、

心の闇、昔の傷が、もしかしたら
家族や仕事の不調和だってあるのかもしれません。

周りがうらや

もっとみる

#はじめてのインターネット

サークルの情報系の先輩が作ったチャットでhtmlなんかを知り、間もなく当時栄華を極めたflashにはまっていた。年がばれる。

当時はインターネットで世界が繋がるための過渡期だったので、今ほど簡単に情報にアクセスできるわけではなかった。今思い返せばあのときインターネットでもっと詳しい情報が手に入ればあんなに苦労しなくても済んだのにと思うことが両手の指では数え切れないほどある。車の免許とか進学とか旅

もっとみる

やっと人間になれたんだよ

# はじめてのインターネット

もう、昔すぎて思い出せないくらい昔。下の子が生まれて、義父母がなくなり、想定外の転勤になって、よくわからないくらいにいろんな「繋がり」がなくなって、わたしはふわふわしていた。ワンオペ育児だし友達いないし、義父母の家業の整理もしなきゃいけない。それで誰とも話せない日々で、ママ友もいないんでパソコン買って、インターネット繋いだ。そういう経緯だ。

インターネット? BB

もっとみる

2010年のインターネットを思い出してみた。

タイトルの通り2010年頃のインターネットについて書きたいと思います。
と言っても、
わたしはITジャーナリストでもなければ、
研究家でもない。
まとまって詳しく書いてるのを
読者としても読んだことがないので、
自分自分書いてみたい、
読んでみたいと思ったので、
1ユーザーとして書ける範囲内で、
思い出話を書ければと思います。
(曖昧な箇所は昔の記事などを調べらながら書いていますが、
記憶間違いな

もっとみる

好きなことを好きなように書くのは、とても楽しい

今日久しぶりに、書いていて「楽しい」と思いました。

小説を書いていましたが、あれこれ考えず、オチも展開も気にせず、登場人物のことも考えず、ただ好きなように気の向くままに書いていました。
「えーい。書いちゃえ」ぐらいの気楽さで書き続けていたら、久しぶりに「楽しい」と思いました。

好きなことを好きなように書くのは楽しいことだったと、久しぶりに思い出しました。

うまくなりたいという気持ちは大事だけ

もっとみる

大袈裟に言ってしまえば、世界との繋がりが人生を変えた

こんにちは、こめばにらです。
お題のハッシュタグ「はじめてのインターネット」から綴ります✏️

私が初めてインターネットに触れたときの事は具体的に覚えていませんが、
小学5年生ぐらいの時だったかと思います。

学校で習った「Yahoo!きっず」が原点なのでしょうか。

とはいえ、私の中で世界との繋がりを感じたのはSNSが大きかったような気がします。

▶︎Ameba ピグ,アメブロ

先日、サー

もっとみる

インターネット

中学や高校の時(~2003年)は、親のパソコンを借りて少し見るくらいだった。
そもそも、家に開通した当初はISDNという電話回線を使ったインターネットは回線速度が遅く、利用中は家の電話が使えなかった記憶がある。
当時、インターネットは未知の世界であり、使いこなすにはある程度のリテラシーを要するのであった。インターネットを本格的に使い始めたのは、大学生(2004年)に入ってからだと思う。

鈴木家に

もっとみる