まだ処女

華の大学デビューのはずが

そんな立派な腐女子になった私も大学生になった。
田舎の封建的な家庭での女の進学は難航した。
「女は働いてさっさと結婚すべき」という父親はもちろん私の大学進学を反対した。
そしてこっそりと受験し合格した。受かった大学は関西の中ではトップクラスの大学で高校の先生はとてもとても喜んでくれた。
めっちゃ反対していた親であるが、
1人暮らしをしないこと・費用は自分で支払うこと
を条件に何とか入学できた。入学

もっとみる