-もくじ-

note:/ ARROW$ ruby mokuji.rbHello world!

みなさん初めましてarrowです!

自分の「経験,体験談,知識,技術」などいろいろ発信していこうと思います!

いろんな人に”自分の経験”だったり,”思想・構想”を知ってもらいたいと思って記事を書くことにしました!(ライティング能力を上げたいって目的も)

前提としてここで述べることは

”今,自分個人の考えるこ

もっとみる

「書いておかないと忘れるんですよ」

今までに作ったTips的なやつの検索性を高めるべくまとめておくことにしました。そのうちテキストに起こしておきましょうね、と言いつつ順次加筆修正してnote記事にしたためることにしました。
忘れてなければpixivに上げた分はこれだけだとおもいます。日記とかローカルのフォルダにまだあった。そのあたりも順次書いていきましょう。

AzPainter2で金箔めいたテクスチャ
https://www.pi

もっとみる

もくじ

第000話 一歩!
第001話 衝撃!
第002話 夢への一歩
第003話 怪しいメール
第004話 ハピバ島
第005話 アバター制作権
第006話 理想郷
第007話 感謝祭ゲスト出演
第008話 史上最大の特大広告イベント!
第009話 オレの夢
――番外編 オンチ卿の来襲!?(前編)
――番外編 オンチ卿の来襲!?(後編)
第010話 新しい挑戦
第011話 ドロピとの出会い
第012話 

もっとみる

【授業】デザイン(2019年度)もくじ

はじめに

授業の全体像です。
1年間を俯瞰することで、学生の主体的な学習(予習・復習・発展)を促します。
各回の資料も徐々に追加します。

1年間の学習目標

【自らデザインができる】
1. デザインとは何かを理解する
2. デザインの基本的なルールが使える
3. AiとPsの基本的な機能が使える
4. Webページが作れる

【デザインを発注できる】
1. デザイナーとアーティストの違いを理解

もっとみる

【技法】グループワーク(学習)もくじ

はじめに

グループワーク(学習)には様々な技法があります。このマガジンでは、他のページでグループワーク(学習)の説明をする時や、実際にデザイン教育で使用する時のモジュールにしたいと考えています。まずは「協同学習の技法」(バークレイほか, 2009)などを中心に技法をまとめます。技法説明の詳細は、徐々に、技法名にリンクをつけ、別ページで行います。

もくじ

■ 話し合いの技法

・ シンク=ペア

もっとみる

FTインプレッションもくじ

もくじ
1【Megabass X80】
買ってよかった ☆☆☆☆☆
おすすめレベル ☆☆☆☆☆
2【SHIMANO カルカッタコンクエストシリーズ総評】
買ってよかった ☆☆☆☆☆
おすすめレベル ☆☆☆☆☆
3【DAIWA TGベイトPHグリーンゴールド】
買ってよかった ☆☆☆☆☆
おすすめレベル ☆☆☆☆☆
4【ショートロッドに関する考察】
買ってよかった ☆☆☆☆
おすすめレベル ☆☆☆

もっとみる

日本語キッズ・マガジン①「ママ目線の日本語教育論」

【もくじ】

■やらなきゃそん!日本語で地頭を鍛える
■日本語キッズ式「逆算日本語法」

「廃車寸前の愛車と行く!屋久島2」目次

【2016年9月7日】
  ・アキの宮島

【2016年9月8日】
  ・いよいよ、九州。

【2016年9月9日】
  ・九州縦断。
  ・はいびすかす乗船。
  ・出港。
  ・種子島。

【2016年9月10日】
  ・出港、再び。
  ・思いがけない贈り物
  ・屋久島との再会
  ・宮之浦港到着
  ・白谷雲水峡再訪

【2016年9月11日】

【2016年9月12日】

【2016年

もっとみる

おしながき

(画像の出典: photo-ac)
この本の教えに則って、お品書きエントリーを設けるものなり。私の知る限り、noteで同じことをしている人を見かけないが、もしいたら、勝手に仲間意識を感じるものなり。

・つぶやき                      2017年12月5日
・test                         2017年12月8日
・ケンタッキーフリャードチキ

もっとみる

[固定記事]Yuriaのnoteについてのご案内❤︎

こんにちは。Yuriaです(^-^)

Yuriaのnoteには色々なマガジンがあって随時更新してるので、
簡単な説明ページを作ってみました。

発行中のマガジン・シリーズは全部で4つあります。 
【アメリカ滞在&LIVEツアー】
【ナチュラル&シンプル LIFE】
【ヨーロッパLIVEツアー】
【 日本 一時帰国 】

そして、以前発行していた有料マガジンのバックナンバー約370記事
すべてをま

もっとみる