もみ殻

のぼり旗作りました。
デザインは自分で、印刷は佐賀市の久保旗店様にお世話になりました。

「すりつぶしもみ殻」を土に混ぜて使ってみると

すりつぶしもみ殻とは・・・

畑で

●「すりつぶしもみ殻」をご使用いただいたお客様からのご感想●

「土に混ぜたら野菜の出来が良くなった!」

との声をいただいています。

(※すりつぶしもみ殻を米ぬかだと思って土に混ぜている方もいらっしゃいますが)継続的に野菜を作っている方はその変化がよくわかるようです。

田んぼでも

ネットで見つけた情報↓

『水稲に対する粉砕モミガラの施用効果』

兵庫

もっとみる

お米のもみ殻も循環利用できるばい

稲は春に田植えを行い、秋の収穫をむかえるまで大切に育てられます。

収穫した籾は乾燥させて、もみ殻を取り除いて玄米の状態にされ、精米して私たちが普段食べるお米になります。

“もみ殻”は稲作の副産物として毎年大きな倉庫がいっぱいになるくらい大量に発生します。

近年は農家さんにとってもみ殻の処分は大きな負担となりつつあります。

〖考えられる処分方法と問題点〗

・田んぼの土に混ぜる→腐りにくい為

もっとみる

「すりつぶしもみ殻」を育苗に使うときの注意点・留意点

軽量!「すりつぶしもみ殻」を使った育苗での注意点

ちょっと癖があるので説明します。

すりつぶしもみ殻に種を蒔くときには次の2点に注意です。

1. 水を含むと膨らむ

水稲用育苗箱・育苗トレー・ポットなど、条件により多少の違いはあれどすりつぶしもみ殻は水を含むことで膨らんでしまいます。

膨らみ具合ですりつぶしもみ殻の量は各々調整してもらいたいのですが、参考までにどういった感じになるのかを簡単

もっとみる

よくある質問:モミガライトの消火

調べてみました

「消火はどうすればいいんですか」

モミガライトに関して多い質問の1つです。

わたしたちは消えるまでそのままにしておくことがほとんどで、消火に関してそういった疑問をもったことがなかったので、薪や炭ではどうするんだろうとちょっと調べてみました。

薪・炭の安全な消火方法

薪の場合

焚火(の場合とします)は、時間を逆算して薪の追加を止めます。

やがて炎が落ちて熾火状態なるので

もっとみる

似てるけど違う「モミガライトSUMI」とオガ炭

このとおり、見た目がそっくりの炭です。

では、何が違うのか。

原料の違い

モミガライトSUMI

もみ殻を原料としたモミガライトを炭焼きしています。

(モミガライトとは・・・もみ殻で作った固形燃料)

☆製造時、接着剤不使用

オガ炭

オガ屑(木屑)を原料としたオガライトを炭焼きしています。

焼肉屋さんなどでも使われていて認知度の高い炭ですね。

オガ炭の燃焼の特徴については検索してみ

もっとみる

「すりつぶしもみ殻」を使って畑の土壌改良

カチコチ田んぼ土の変化

畑の土が粘土質で乾燥するとカッチカチ、塊がゴロゴロになってしまう田んぼ土だったので、「すりつぶしもみ殻」を混ぜて土壌改良を試しています。

2018.3

すりつぶしもみ殻の入れ始めです。

2019.1

入れて➡混ぜるを3回くらい繰り返して、何も植えずに放置した状態でした。

2019.3

ミミズがたくさんいるので、分解中・・・といったところでしょうか。

撮影のた

もっとみる

モミガライトSUMIの火おこし

火がつきにくい「モミガライトSUMI」

モミガライトSUMIは火がつきにくいです。
でも、火がつけば最長5時間弱くらい長く燃えます。
コツさえつかめば木炭やオガ炭同様に扱うことができます。

考えられる火をつけるときの方法と相性

以下4つの方法が考えられるかと思います。

経験や好みで使用されるものは違うので、モミガライトSUMIの扱い・炭の着火に慣れていない場合のこれらとの相性を簡単に説明し

もっとみる

モミガライトの火おこし

モミガライトに火をつける

モミガライトは火を付けるのが難しいです。
火おこしの経験がなければおそらく火をつけることができません。

「備蓄燃料モミガライトセット」も非常時にいざ使おうとしたときに使ったことがなくて火をつけられなくて困る、なんてことも起こり得ると思います。

最初はできなくて当たりまえ

火おこしの経験のない初心者は、モミガライト・ライター・着火剤さえあれば火は付くだろう、と考えが

もっとみる