よんなな会

他己紹介と寛容さ

昨日の大隈塾は、よんなな会の脇雅昭さんがゲスト講師だった。

脇さんは「他己紹介」が大好き。
本人に代わって、本人のことを他の人たちに紹介するのだ。
自分で自分のことを紹介する自己紹介に対して、
他人が自分のことを紹介する他己紹介。

自分としては、輝かしい過去が
それほど自慢げに受け取られずに
その他大勢に知ってもらえることが利点。

「実はわたしは……」
という。たとえば、
「実はわたし、司法

もっとみる

介護漫画の金字塔『ヘルプマン!』27巻で胸熱‼️

郷ノ浦図書館でついつい読んでしまう「ヘルプマン」

若い介護士たちが奮闘する姿を描いた介護漫画の金字塔と言われています。

先日、最終巻の27巻を呼んでて、ちょっと(いや、かなり)胸が熱くなりました。

主人公の親友がある県庁職員に迫るシーン。

「公務員っていうのはおいしいよな…民間企業と違って潰れない。クビにならない。

給料もボーナスも権利も法律もがっちり保障され、オレらの税金で守られてる。

もっとみる

【イベントレポ】QONVERSATIONS LIVE Vol.1 〜CAMPFIRE代表・家入一真さんが、よんなな会発起人(総務省)・脇雅昭さんに聞く、「官民一体の地域創生の可能性」

10月26日のイベントレポートを今更記載すること、大変失礼いたしました(下書きで溜まっていました;;)

まずこの会を提供いただいたのは「Qonversations」さん。『問い』をカタチにするインタビューメディアとして活躍されており、今回は日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」の家入一真さんが、地方公務員と中央省庁で働く官僚による交流会「よんなな会」の発起人・脇雅

もっとみる

「QONVERSATIONS LIVE Vol.1」レポート記事が公開されました。

こんにちは。カンバセーションズ原田です。
去る10月26日、東京・渋谷にあるCAMPFIREさんオフィス内のセミナールームをお借りし、リニューアル後初となる公開取材イベント「QONVERSATIONS LIVE Vol.1」を開催しました。

noteでも告知をさせて頂いたように、今回のイベントでは、株式会社CAMPFIREの代表取締役社長・家入一真さんが、「官民一体の地域創生の可能性」をテーマに

もっとみる

脇雅昭×家入一真QONVERSATIONS LIVE レポート

※トップ画像はPeatixサイトより借用

10月26日渋谷で行われた『QONVERSATIONS LIVE Vol.1 〜CAMPFIRE代表・家入一真さんが、よんなな会発起人(総務省)・脇雅昭さんに聞く、「官民一体の地域創生の可能性」』に参加。今回はそのレポートを書きます。

起業家として有名な家入一真さんと、総務省官僚であり、地方と国の公務員を結ぶ「よんなな会」発起人・脇雅昭さんによるコラボ

もっとみる

感情に訴えかけるのがよんなな会! 総務省 #脇雅昭 氏に切り込む CAMPFIRE代表 #家入一真 @hbkr 氏 #qonversations_live

CAMPFIRE代表の家入一真さんが「よんなな会」の脇雅昭さんにインタビューする。仕掛けたのは「問い」をカタチにするインタビューメディア「QONVERSATONS」。

クリエイターにインタビューする

「問い」をカタチにするインタビューメディア

法律で目の前の人を助ける限界が見えた

総務省ってどんなところ

よんなな会

感性に訴えかける!

まずは"YES"と言う

やめた瞬間にすべて終わ

もっとみる

「公務員の可能性(よんなな会)」脇雅昭さん(後編)

動いて動いて動こう!「Dooo」
テーマ「公務員の可能性」(後編)MC:徳谷柿次郎
ゲスト:脇雅昭さん(「よんなな会」発起人・総務省)
・困難を乗り越える方法
・僕たちは”死”に向かって生きている!
・残りの人生どう使う?
・”Dooo”の寿命
・若者へ伝えたいこと
・自分の中の”直感”
・「言語化しない」すゝめ
・人生を変えた映画
・”イエスマン”も悪くない

「公務員の可能性(よんなな会)」脇雅昭さん(前編)

動いて動いて動こう!「Dooo」
テーマ「公務員の可能性」(前編)MC:徳谷柿次郎
ゲスト:脇雅昭さん(「よんなな会」発起人・総務省)

巡礼とゆるスポーツが今の僕を再定義した (5/12)堀下

新大阪からつくばに帰る新幹線の中でこの日記を書いています。

京都にいた頃にいちばんお世話になった人の結婚披露宴にご招待いただいたので、弾丸日帰りになってしまいましたが、参加させていただきました。

5年前、ぼくは大学3年次を終えてからの3年間を休学し、”起業準備”という名のモラトリアムを過ごしていました。

そのちょうど真ん中の時期、期間にしても半分に当たる1年半を京都で過ごしました。株式会社し

もっとみる