イベントのお知らせ

あの日語った夢が、もうすぐ叶うときがくる

高校2年生のあの日のことは鮮明に覚えてる。
放課後、仲のいい友達と進路のことを話していた。

「わたし、やりたいこと見つけた。こんな人になりたいの!」

自分の心に走った衝撃をマシンガンのように友達に話した。

読んでいたファッション雑誌に出ていたモデルさんがお仕事の話をしていた。当時わたしはコスメやファッションが大好きで、メイクへの興味が異様に高かった。自分が欲しいコスメを自分で作ってみたい、と

もっとみる