インターネット施策

農家さんがホームページを作るとき、最初にやることはキャッチフレーズを作ること

アプローチしたい対象を絞り、ひとことで刺さるポイントを見つける

インターネットを使った販促活動で、一番やってはいけないこと。それは、すべての人に向けてなんでもできます、というアピールをすることです。お客様の視点では、なんでもできる=特徴が無い、と見られてしまうからです。情報を探す・商品を購入するときは、いくつかの候補を探し出して比較検討します。その際、「他とは違う何か」が印象として残ります。つま

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
2

農家さんがホームページを作る前に考えておくべきこと

最近、農家さんからホームページの相談を受ける機会が増えてきました。マルシェなどへの出店により、直接販売の機会が増えた人。いままでとは違った販路を開拓したい人。自分たちの育てている野菜のことをもっと知ってもらいたい、思いを伝えたいと考える人。体験農業など新しい取り組みをしたい人。理由は様々ですが、農業の担い手が新たな取り組みを始めるとき、多くの人に知ってもらうためのツールとしてホームページを作ろうと

もっとみる
ありがとうございます(^O^)
2

父の日2016 / LINE ギフトのしごとから考えたこと

6/19(日)は今年の父の日でした。

みんな大好きLINEが運営してるギフトモール、LINE ギフトが、こんな素敵なギフトプランをやっていました。

利用は無料。
しかし、当日1日限りみたいですね。

きっとコレ自体はLINEギフトの呼び込みの施策で、開発とか運営してもLINEには利益?にはならないのでしょうが、

思わずポチってしたくなる既存のしくみをうまく使っていてすてきだなとおもいました。

もっとみる