映像の記録#3 リメンバー・ミー

こんにちは、やすほです!

さて映像の記録#3はリメンバー・ミーです☺︎私がディズニー大すき人間!というのも理由の1つですがもう1つこの映画を選んだ大きな理由があります。それは遡ること今年の6月7日。Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019という声優さんがディズニーの楽曲を歌うイベントがありました。そこでリメンバー・ミーを聴いて自然と涙が出てきて、元気を貰え

もっとみる

物事を始めるには、話をやめ、行動を開始することだ

本日で3歩目。

どうも、こんばんは。あゆむです。

タイトルの言葉は、僕が NOTEを毎日書こうと思ったきっかけになった言葉です。

言葉の主は、ウォルト・ディズニー。

僕はいつか、会社員を辞めて、(実は会社で働いてます。笑)ゆとりある自由な生活を送りたいなぁと思ってます。                     (僕が目指す、具体的な『ゆとりある自由な生活』については、別記事で語りたいと思っ

もっとみる

感動の嵐 〜アラジンを観て考察〜

本日6/9はドナルドの誕生日です🎉
ディズニーキャラはもれなく全部好きなのですがその中でもドナルドが1番好きなのです㊗️
(今日ディズニー行きたかった、、、、)

さてタイトルにある通り先日実写版アラジンを見てきたのでその感想とお気に入りのシーンを紹介しようと思います!

字幕版がおススメ

今回は字幕版で観たのですが個人的に字幕版でよかったなあ〜と思います。もちろん吹き替え版にも良さはすごくあ

もっとみる

渡辺歩監督最新作~「海獣の子供」はスマッシュヒットできるのか?~

【渡辺歩監督最新作~「海獣の子供」はスマッシュヒットできるのか?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

フリーランスの映画監督として注目されている渡辺歩さん。
2011年にシンエイ動画を退職しフリーランスとなり、テレビアニメや劇場版作品を製作しています。

6月7日公開の監督作品「海獣の子供」は果たしてスマッシュヒットを記録する

もっとみる

ウォルト・ディズニーの名言✨

与えることは最高の喜びだ。

他人に喜びを運ぶ人は、

自分自身の喜びと満足を得る。

#ウォルトディズニー

とある大学生の とある将来の夢

「夢」

All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mouse.                              
       

もっとみる

笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ_ウォルトディズニー

平成も残すところあと2日。今日のニュースで『今日は平成最後の昭和の日です』と一瞬何を言っているのか理解が追いつかなかったまるやまです。どこを見ても平成最後の〇〇が特集で取り扱われております。

先日は平成で最も売れた本について『世界一受けたい授業』で取り扱われていました。現在10万部ほど売れるとベストセラーとして取り上げられますが、こちらの番組で紹介されていた著書については桁が違いましたw

3位

もっとみる

ディズニーが実践する「ストーリーブランディング」とは?

こんにちは!ストラテジックディビジョンのテクニカルアドバイザー・橋本です。

「その場にいる皆が笑顔になれる場所」と聞くと、どこを思い浮かべますか?たくさんの素晴らしいところがあると思いますが、私は「ディズニーランド」だと思っています。

私とディズニーの出会いは、1本のビデオテープでした。「ミッキー ザ・グレーテスト・ヒッツ」という当時の傑作選です。毎日繰り返し見た記憶があります。また母が東京出

もっとみる

出遇い

平成 への感謝と 令和 へのお祝い を込めて
年号の由来である 万葉集 の「梅花の歌」から
1日1文字ずつ おかりして
私なりに デザイン というカタチで
新しい時代を お迎えしていきます🌸♫

『 氣 』

「 気 」の方が 慣れ親しまれている 漢字。
旧字・略字 だと言われていますが
実は、意味合いが全く違う という説があります。
大まかな 意味 では
目に見えない 流動的なもの
という

もっとみる

邦画アニメ製作スタジオ勢力図~スタジオジブリは業界首位陥落?~

【邦画アニメ製作スタジオ勢力図~スタジオジブリは業界首位陥落?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

昭和から平成にかけて宮崎駿監督・高畑勲監督の両巨頭を有して日本の劇場版アニメーション業界を牽引してきた「スタジオジブリ」。

しかし、「スタジオジブリ」の製作部門の一時休止を経て、日本の劇場版アニメーション業界は転換期を迎えまし

もっとみる