カオナシ

夢に出てくる奴!

私が憧れたのは

書きたいことももうないしはやく死にたいなあと思う。

どれだけ足掻いたところで生きる才能がなさすぎるし、生きるのはつらい。

普通になりたいと願うのは普通の人みたいだけれど、普通にもなれないから嘆くのだ。

私は6歳の頃から「この一年は去年の一年より短くないか。5年のうちの一年が6年のうちの一年になったからなのか」と気がついていたし、

9歳の頃には「秋とは気がついたら終わっているもので過ぎ去って

もっとみる

面白い企画を紹介

ドラたんです! さっそく、、、
カオナシさんも、興味を持ってくれるはず、
そういった投稿をシェアします!
こちら、
【#no活】【#no育】FP×プレゼント企画やります!!!|Yosuke Ishino(Front Base代表)|note(ノート)https://note.mu/ishigen/n/ne48693b90b98

ぜひ、タップしてクレーー!

ただ、それだけです!

では、したらな

もっとみる

【千と千尋の神隠し】ラストシーンで豚の中に両親がいないと分かった理由【考察】

1.はじめに
千と千尋の神隠しの最大の謎である「千尋が豚の中に両親がいないと分った理由」について、物語の中の場面、キャラクターの対比に注目しながらまとめることにする。詳しくはあとで書くことにするが、この物語のテーマは「自分の最愛の人の姿かたちが変わってしまっていても、自分はその人を見つけ出せるのだろうか」というものではないかと考える。

2.物語の題材
この物語で題材にしているのは「水」と「人間」

もっとみる

逆張りしないと生きられないインターネットと、無責任で自意識過剰なカオナシへ

優しくないインターネット。そんな風になってからどのくらい経ったのだろう。現場を見てない意思を持たないカオナシが匿名で石をぶつける日々。昨日はLINEオープンチャットがローンチして間も無く検索とレコメンドを無くした。
インターネットでより快適に効率よく今を生きようとしているのに己の欲望をぶつけ或いは都合の良い正義のためだけにインターネットを使う不届きものがいる。

Twitterで実名顔出しをやって

もっとみる

カオナシについて、本気で考えました。

「カオナシについて、本気で考えました。」

こんにちは、緒野マナ美です。

昨日の夜は、土曜プレミアムにて、
スタジオジブリ「千と千尋の神隠し」が放映されていましたね!

たくさんの魅力的なキャラクターが登場しますが、、、
その中でも、多くの謎に包まれているカオナシについて、ちょっと本気で考えてみました。

たくさんの方がすでに考察していらっしゃいますが、いいのです。

ちなみに、わたしのイチオシ

もっとみる

千里の道も「カオナシ」から。

ジブリの中でも「千と千尋の神隠し」は秀逸で
中学生の時にDVDを購入したのに
今日も金曜ロードショーで観ていた。

この作品の見どころは挙げればきりがないけれど
何よりも私の心を虜にするのは

「あの夏へ」

という劇中の曲である。

自分でも奏でてみようと
ピアノやフルートを使ってみても
私にはどうもあの「懐かしさ」「切なさ」「壮大さ」
は表現できない。

そんなこんなを思いながら
流れてくる久

もっとみる

カオナシになってた

わたしはカオナシになってた
自分の意志が全くない

他人の闇がエネルギー
全部吸い尽くす
自分からフラフラって近寄ってって
そこから吸い取っていたんだな

闇を
それで満足した気になってた
そうすることで自分を満たしていた
なんかそのときはすごい満足だった

不安や怒り
人の中にあるネガティブな部分に
とても敏感だった
そういう部分に魅かれもした

でもいくら吸い取っても吸い取っても
ちっとも満た

もっとみる