カテゴリーキラー

GUはユニクロを価格競争から救った

【カテゴリーキラーの成功事例】

カテゴリーキラーとは、ある特定の分野において、圧倒的な商品数と低価格化を武器に勝負するブランドのこと。

直訳すると「カテゴリーの殺し屋」である。カテゴリーキラーの出現によって、競合他社の売上高が大きく減少し、同カテゴリーからの撤退や縮小に追い込まれることからこう名付けられた。

カテゴリーキラーはブランドイメージを構築しやすく、業界トップの座を勝ち取れる可能性が

もっとみる

「お値段以上」ニトリの裏にあるもの

【カテゴリーキラーの成功事例】

カテゴリーキラーとは、ある特定の分野において、圧倒的な商品数と低価格化を武器に勝負するブランドのこと。その代表格の一つにニトリがある。

ニトリは、2018年2月期決算において、31期連続増収増益を記録。店舗数は523店舗に達し、新たなブランド展開にも積極的に乗り出している。多くの商品を海外生産し、その輸入ボリュームは一企業の物量としては国内最大規模と言われるほど

もっとみる

「ヒートテック戦争」から

----------
春夏秋冬を快適に過ごすことを目標に、機能性インナーを定額提供していく。
関連代表記事 Business Insider Dec. 26, 2018, 05:00 AM
 https://www.businessinsider.jp/post-182213
----------

A ZOZOがPBを推し進めている。ZOZOのようなプラットフォームの場合、健全性が重要であり、現

もっとみる
夜通し、思考の向こう側が見えるまで、対話しましょう。
2

「書籍整理」から

----------
「リアルな本」に軸足を置いた、デジタル管理システムは興味深い
----------

A 平均して週に2冊程の書籍を読み続けている。年間で100冊程度である。自分の強化したい分野は当然として、文学・芸術・経済・科学・政治・世界史…と幅広く触れ思考するようにしている。このペースで「リアルな本」を読み続けると、収納が大きな問題になる。仮に15年間続けると、これだけで1500冊にな

もっとみる
夜通し、思考の向こう側が見えるまで、対話しましょう。
4

「タケダ、シャイアー買収承認」から

--------------------
三点に注目したい
  1.組織体としての変貌
  2.巨額買収の必然性
  3.真のグローバル化

関連代表記事 朝日新聞 2018年11月21日10時57分https://www.asahi.com/articles/ASLCP33THLCPULFA004.html
----------

A 「巨額買収せざるをえない」状況であり、クリストフ・ウェバーC

もっとみる