人食い鮫を食べた自分最強!一癖あるメニュー満載のスパイス居酒屋が最高だった@本駒込 スパイスバル コザブロ

本駒込って自分の家
から行きづらいので
未開の地なのですが、
最高に素晴らしい
スパイス居酒屋があると
聞いたら行くしか
ないでしょう。

駅からちょっと
歩いた静かな場所に
コザブロはあります。
外観写真撮り忘れましたが
ポップな店構え。

カウンターメインで
テーブル席は2つの
広すぎず、狭すぎずな程よい
大きさの店内。
壁には素敵なイラストが
描かれています。

メニューを開くと、
変わった

もっとみる

スパイスカレーが最高という話し

先日出張で水戸の飯村農園に行ったら、お昼にスパイスカレーを作ってくれました。

その前に農家さんは本当に食が豊かですね!!

毎日ごはんを作ってくれたうちのママには悪いけど、世界屈指の大シティ新宿で生まれ育ったわたしは小さい時からかなりの少食で偏食でしたが、それは都会の食べ物が本当においしくなかったからだと思っています。

あの頃マンションの水なんか最悪においしくなかったですね。いまはだいぶましに

もっとみる

#15 ポークビンダルーはオルタナティブな新定番カレーとなるか?

どうも、書きたいときに勝手に書きます。毎週月曜更新勝手にカレー哲学。

ポークビンダルーはオルタナティブな定番カレーとなるか

カレーの何が面白いって、世界の広がりや自分の成長を実感できるところではないか。カレーの概念を獲得してから世界の見え方が変わってきた。

一般的にカレーと呼ばれ得る食べ物でも、「まだ世界にはこんなカレーがあったのか」というカレーにどんどん出会うし、「これは一般的にカレーと呼

もっとみる

再現性のないレシピ

"京都のカレー屋さん森林食堂の秘伝のレシピ公開します"

アートワーク塾で個性豊かな仲間と共にスパイスカレーを作ったときのレシピ。
言わんとすることは分かる。雑多ではあるが一人暮らし歴10年、自炊もしているからイメージも湧く。ただ、とてつもなくユニークだ。そして、ユニークで終わらせるのが勿体なかったので、改めてレシピについて自分なりに考えることにした。

レシピ(recipe [ˈresəpi])

もっとみる

ココイチのカレー

CoCo壱番屋というカレーチェーン店がある。
実を言うと、私は指を数えるほどしか行ったことがない。いや、嘘だ。数えるほども行ったことがない。覚えていないくらいだ。

出かけた時間が丁度昼時だった。移動中に食事を済ませてしまおう、ということになり、私たちはCoCo壱番屋に向かった。
ドライブスルーは広い駐車場の中にポツンとあった。立て看板にメニューが書いてある注文口に向かって、注文をした。

2人で

もっとみる

カシミールカレーを食べてきた

デリー上野店で、カシミールカレーを食べてきました。(写真がへたくそ!)

noteの記事で「カシミールカレー」という言葉を初めて目にして、気になってネットで調べていました。

一度食べたらクセになる、サラサラのカレー

ということだったので、

これはぜひ食べに行かないと!と意気込んでいました。

本日12:30頃にお店に到着したのですが、20名弱の行列ができていました。わくわくしながら列に並びま

もっとみる

【フリー素材】カレーの隠し味メモ

↑こんな感じでカレーによって自尊心を確立している私が、今までに試したカレーの隠し味を「香り」「まろやかさ」「コク」「甘味」「酸味」「味への影響」の6方面からそれぞれ

・大(ちょっと入れただけで影響が強く出る)
・中(大量に入れると影響が出る)
・小(入れても大きな影響は出ない)
・無(入れても全く影響が出ない)

 の4段階で評価してみました。この評価軸はご自由にご利用いただけますし、このエント

もっとみる

トマトを使わないチキンカレー

タマネギを使わないバターチキンに気をよくし、トマトを使わないウプカレーに挑戦。

バターチキンはタマネギを使わずグルタミン酸はトマト、甘味はジャムで補っていた。酸味があまり好きではないので、トマトを使わないウプカレーは好みなはず。

ただし、入手できたレシピは以下のようにあいまい。

スパイスで香り付けした油でタマネギと鶏肉を炒め、ひとつまみのターメリックと塩で味付けし、少量の水を加えてひと煮立ち

もっとみる

辛ポークカレーと夫婦げんか【自由人の夫が今日も500円握りしめてやってきた】

夫婦げんか=世の中で最も面倒なもの。
夫婦げんかは犬も食わぬとは昔の人はよく言ったものだ。

  最近、夫と言い合いになった。
内容は変われど、いつも言い合ってる争点は同じ。
要は互いに進歩していない証拠だ。
内心、(ああ、またコレかよ〜ああああああ(ノ`Д´)ノ)と、思いながらも感情には勝てないものだ。
わかっているのに、どうしても引っかかる夫から吐き出された言葉達、飲み込めないイライラ感。

もっとみる