クリムト展

はじめて観たクリムト展。ROCKなクリムトさんを感じました。

豊田市美術館で開催されている、「クリムト展 ウィーンと日本 1900」にいってきました。去年から豊田市美術館のホームページに告知されていて、クリムトのことはよくわからずも煌びやかな絵になんとなくドキドキ。
今回「クリムト展 ウィーンと日本 1900」、東京でも開催されていて、SNSなどで開催の様子をみていたので、余計と楽しみがまし今回の休みを利用してついにいけることになりました。

クリムトさんが

もっとみる

女のひと大好き!が伝わってくるクリムト 額縁好きにもたまらん

めちゃくちゃ楽しみにしていたクリムト展。実はGW中に行ったので今更ながら振り返りを……

いやぁ本当に豪華だった。クリムトの描く女性の官能的な表情、ほれぼれしちゃう。

ポスターにもなっている<ユディトⅠ>は想像以上によかった~。
これまで写真とかでは上半身部分しか見たことがなくて、ホロフェルネスの首があんなにリアルに描かれているのは知らなかった…

わたしが美術館に行く理由のひとつに「絵の額縁が

もっとみる

ネロはなにゆえ昇天できたのか。

絵はわからない、とずっと思って生きてきた。

人並みに「好きだな」と思う絵はある。いいなと思うものとそう思わないものを見分けるくらいはできる。

でも、それを売ったり買ったり、まして、絵の前にじっと立ち尽くして動けなくなったり、感動して涙が出たり、

愛犬といっしょに絵の前に行って、

「とうとう僕は見たんだ、素晴らしい絵だ。ああマリア様、ありがとうございます。これだけで僕はもう何もいりません」

もっとみる

はなまめとクリムト展 ② ごはん編。2019.07.

ʕ ・ω・ )
クリムト展を見終わった後に、
東京都美術館の中にあるレストランで、お夕飯をいただきました。

(*´Д`*)
クリムト展に因んでおいてあった、
金箔入りのスパークリングワインで、
乾杯!

(´・ω・`)
金箔見えるかしら?
金箔ってなんだか気分が上がる。。。!!
金箔入りのコーヒーとか
金箔入りのシュークリームとかも
買ってしまうわたし。
思い出して、加賀にもまた行きたくなっ

もっとみる

はなまめとクリムト展 ① @ 東京都美術館 2019.07.

🖼** ▷ クリムト展 @ 東京都美術館 **

ʕ ・ω・ )
7月10日までの、
クリムト展に行ってきたときのおはなしです。
遅起きのよしこちゃんは、
開館時間20:00までを
ものすごーくありがたがっていました。
混んでましたけど、
ムンク展の時より、
ずっと空いてたので、
かなりじっくり見られました。

ʕ ・ω・ )
ぼくがいます。

(*´ω`*)
並んでたから急いで撮ったけど
がん

もっとみる

クリムト展に行ったら、クリムトのフィギュアがあったから買ってきた。

クリムト展に滑り込んできた。
朝から行ったから、15分待ちくらいで入れたけれど、出る頃には大行列になっていてビックリ。日本の美術展好きってすごいよな、と改めて思う。

クリムトの人気もものすごいって事なのかもしれないけど。

現代美術史を遡ると、クリムトたちのウィーン分離派に行きつく。フランスではアール・ヌーヴォー、ウィーンではウィーン分離派、旧来のアカデミックなスタイルへのアンチとして出てきた表

もっとみる

【クリムト展】彼にとって女性は「芸術」だった、

彼にとって''女性''という生き物は
ひとつの芸術作品だったのだとおもう。

【クリムト展 ウィーンと日本1900】

先日、ほぼ滑り込みの状態でしたが
やっと、やっとゆけました。クリムト展。

世紀末のウィーンが誇る偉大な芸術家、
グスタフ・クリムト。

約30年ぶりとなる今回の開催は、
過去最多の20点もの作品、34メートルにも及ぶ巨大な壁画を展示。

没後100年である今年、
記念すべき展覧

もっとみる

クリムト展

行きたいな〜と思いつつ、混んでる情報や暴行事件やらで行ってなかったクリムト展(展覧会このパターン多い)。会おうと言いつつ会えてなかった前の(前の)会社の後輩に誘われて行ってきた!

後輩が事前にチケットを買っておいてくれて(神)、入場30分待ちと言われたけど15分くらいで入れた。終了前の土日ということもあって、中は朝の通勤のターミナル駅くらいの混み具合。人が多かったな〜。あと、土地柄なのかクリムト

もっとみる

異常で気品あるトランス。クリムト

クリムト展がすごかった。

絵の感想を言葉にのせるのはちょっと苦手だが、このスパーク感と高揚を感じたまま書きなぐっておきたい。

とにかく《ユディト Ⅰ》が素晴らしい。

妖艶で官能的で艶っぽくて。

でもどこか挑発的。それがずっと気になっていたユディト。

絵画に添えられたキャプションで、”祖国の敵の司令官の首を切り落とした”ユディトの背景をはじめて知る。

表情に潜むナイフの理由。そういうこ

もっとみる