コインロッカーベイビーズ

答えはコインロッカーの中にあった

コインロッカーベイビーズを読む
コインロッカーベイビーズは、作家、村上龍の小説です。
この作品を読むのは2回目で、今回、1年ぶりに再読しています。
有名な文学作品は、読むたびに発見があるというのは本当のようです。
1回目を読んだ時は、物語の筋を追うのに精いっぱいで、正直、読み終わった後、この小説の何がおもしろいのか分かりませんでした。けれど、今回読んでみたら、すごく面白いです。それは、この作品を少

もっとみる

見えたのは海 海 海

夏到来。

連日猛暑が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか? まとわりつくような暑さに嫌気が差している人も多いのでは?

私も嫌気は差しているんですが、この暑さを100%嫌いにはなれないんです。

それは夏の暑さを感じるとコインロッカー・ベイビーズを思い出すから。

A.B.C-Zは様々な舞台に出演しているけど、コイベビは中でも中毒性が高くて今でも引きずっている人が多い作品。もちろん私もそ

もっとみる

『仮面』(短編小説)

上手に嘘がつけないから、きっと女優にはむいていないんだろうな。女優になりたいなんて思ったことはないけれど、そんなふうに自分で自分のことを理解している。

   私は飲み会というイベントが心底嫌いである。その理由は山ほどあって。騒がしいのが得意ではないし、飲み会のテンションにそぐわない真面目な話が好きだし、声の大きな人が一人でしゃべっているのを聞くその他大勢の一人としてでしか私は存在できないし、同調

もっとみる
「いいね」より「スキ」の方がうれしい。
9

舞台版コインロッカー・ベイビーズ~舌は何のメタファーなのか?~

ごきげんよう。
モ…の舞台風のタイトルで初投稿失礼します。

舞台版コインロッカー・ベイビーズの「青い舌」、「ワニの国の使者に噛みつかれた舌」、「噛みちぎった舌」など、象徴的に登場する「舌」ついて、色々思うことがあったので書きます。

原作でもハシが舌を噛みちぎるシーンなど「舌」はショッキングな描かれ方で登場しますが、それ以外にも残酷な出来事が多すぎて、原作読了後にさほど「舌」意識することはありま

もっとみる

続・ネタバレ注意!

やっと下巻を読み終えました、コインロッカー・ベイビーズ。

ということで、またまた僕がビビッときたフレーズを紹介します!

やはり終盤になると、伏線回収のおかげで感性が高まりますね〜。

読んだことある方、ぜひ感想を聞かせてください!(≧∀≦)

さ〜て、次は何を読もっかな。

【ここから本文より抜粋】

p40.発作が起こりそうだって思うときにな、我慢する方法をいろい

もっとみる
ありがとうございます(^_−)−☆
9

コインロッカーという禁断の子宮から生み出された若者たちの誰にも理解されない苦悩…【舞台=コインロッカー・ベイビーズ(2018)】

1973年だけで40件以上も頻発し社会問題化した乳幼児コインロッカー置き去り事件。コンビニエント(便利でお手軽)な世の中に浮かぶ生命への尊重のかけらもない遺棄という行為から発展した現代性あふれる村上龍の小説「コインロッカー・ベイビーズ」(1980年発表)は、好調な経済に浮かれ始めていた日本社会に衝撃を与えた。1980年代にラジオドラマが制作されたものの、その後長らく映画化もドラマ化も舞台化もされず

もっとみる
わたしもあなたのことがスキです

ネタバレ注意!

村上龍の「コインロッカーベイビーズ(上)」の文庫本を読み終わったので、僕がビビッときたフレーズを紹介します。

まだ読んでない人は自己責任で閲覧ください。

そして、「私も読んだよ」っていう人は、ぜひ意見交換しましょ〜!(≧∀≦)

※下巻は今から読むのでネタバレ無しでお願いします!笑

以下、本文より抜粋

p43・倒れまいと思って次々に足を出す、それが走るということだ。四つ

もっとみる
Thank You (≧∀≦)
5

Res-Cに雑記を書きました。
これは今読んでも別格!一度読みだしたらやめられなーい!

http://res-c.blog.jp/archives/22156063.html

どこにも行かない約束したじゃないワニの国ならとっくに死刑
#アイドル短歌 #コインロッカーベイビーズ