コーチェラ

日常を変えていく実験の場としての「フェス」。 憂さ晴らしではない #フェスティバルウェルビーイング の可能性

フェスとはなにか。

ヒップホップとはなにか、ロックとはなにか。そんな問と同じように、答えをだすことは、なかなか難しい。10人いれば、10人なりの思い入れがあり、そこから導かれる定義があるはず。

一般的な「フェス」と、僕が考えている「フェス」間にはギャップがある

「フェス」の一般的なイメージはどんなだろう。最近は、テレビで「夏フェス特集」なんてのが組まれることも多い。その映像の構成を想像してみ

もっとみる

2019年に4月に公開されたスニーカーニュースまとめ

2019年1月からまとめはじめたスニーカーニュース4月分!

例によってオフィシャルのリリース日ではなく、わたしがSNS等でアップしたタイミングで区切っていますので悪しからず。

ベルクロが付くと途端におじいちゃん靴っぽくなってしまったりしがちなんですが、これはスタンスミス以来の「これならあり!」とおもったベルクロスニーカーでした。 かわいい。

すいません、これ「外バチ」について説明します。

もっとみる
大吉
1

女の子の味方、ビヨンセはもはや単なるアーティストを超えた存在よ

女の子たちは皆ビヨンセが好きだ。

ビヨンセはディスティニーチャイルドとしてデビュー後、ソロに転向してからもその人気は衰えることなく今でも多くのファンがいる。

なぜ彼女がそんなにも愛されるのだろうか。

ドレイクが曲名にするほど(Girls love Beyonce)、特に女性からの支持が高い。

私はビヨンセの大ファンで、彼女の魅力を語れと言われたら一言では語りつくせない。

20代前半は毎日

もっとみる

日記:ビヨンセのコーチェラ見る前〜見た後

(5月6日に下書きで記録してあった日記と今日の日記を続けて読むと面白いかなと思うので2日分ですどうぞ。)

5月6日
ずっとずっと自分の作った曲をSoundCloudにあげてみたかった。ライブがしたいとかそういう気持ちはぜんぜんない。かつてそんなこともしていたけれど、わたしは結構神経質だから、ライブ前になるとかならず鼻の通りとかが病的に気になるタチで、発声練習を怠ると不安にもなる。

最近ビヨンセ

もっとみる

HOMECOMING

Netflixで配信された、2018年にビヨンセがコーチェラで黒人女性初のベッドライナーをつとめた舞台のドキュメンタリー【HOMECOMING】をみて心が震えていた。

高校生のころにDestiny’s childの代表的な曲をいくつか知ってて聴いてたくらいで、ディープな彼女のファンだったわけじゃない。

https://itunes.apple.com/jp/playlist/destinys-

もっとみる
低気圧にも負けないぞ!
3

【寄稿】ビヨンセ『HOMECOMING』に見る、歴史を継ぐ者の意志とレプリゼンテーション (CINRA.NET)

ビヨンセのコーチェラ公演を追ったNetflixドキュメンタリー『HOMECOMING』について書きました。「歴史」を意識した構成のなか「黒人/女性」表象を重視するビヨンセの信念が明かさており「レプリンテーション」概念の教科書にもなってます。チャンスやモネイ等、Beychella後の影響も紹介

もっとみる

Coachella 2019 生配信ありがとうの記録(音楽メモ)

4月12日〜14日、19日〜21日と二週にわたり、アメリカではCoachella(コーチェラ)ミュージックフェスティバルが開催された。大変ありがたいことにYouTubeでも生中継されていたので、私は日本の我が家の我が部屋にいながら現場の雰囲気を存分に味わわせていただいた。アメリカでは金土日の開催だったが、時差があるため日本では土日月の鑑賞になった。あちらも気候が良さそうで気持ち良さそうだった。

もっとみる
Grazie ☺️
17

アメリカの10代向け雑誌でPerfumeはどんな風に紹介されているのか?(コーチェラ配信リンク付き)

Teen Vogueに掲載されたPerfumeについての記事を翻訳します。

日本のポップトリオPefrumeは10代の若い頃、2000年前半から音楽を一緒に作り続けてきた。ほぼ20年間に渡る記念すべきキャリアの中で、彼らは2019年のコーチェラで、J-POPの女性グループとして初めて公演することになった。より多くより若いJ-POPグループが出てくる道筋を作るのに貢献したPerfumeだが、自分た

もっとみる
Thank you!
73

ドキュメンタリー&ライブ盤「Homecoming」感想 エンタメ史、文化史の歴史的瞬間でさえある、ビヨンセの輝かしい到達点!! でもね・・

どうも。

「見れるかな」と思って、自分でもちょっと心配だった、コレ、無事に見れました。これです!

”ビーチェラ(Beychela)”の愛称でも知られる、昨年のコーチェラ・フェスティバルの歴史的なライブの模様を収めたネットフリックスのドキュメンタリーで、TIDAL配信でライブ盤も発表された「Homecoming」。今回はこれについて語りましょう。

去年の、その「ビーチェラ」というのは、もう、行

もっとみる
やった〜
16

何度見ても登場シーンで号泣してしまう「Homecoming 」- beyonce

もー最高最高最高。

ビヨンセは凄い。人間を超えてる。

歌が上手くてスタイルが良くてダンスも上手くて私生活も上手くいってる、
これを全て手に入れてるのはBしかいない!

ガガは仕事が上手くいくと私生活が上手くいかないって泣いてるし(同じくNetflixにあるSuper Bowlのガガのドキュメンタリー見てね)

テイラーとアリアナはダンスが踊れないよね

さらっと双子産んでキラキラのまま帰って

もっとみる