富士ステークス 2019 サイン予想

※最終的な見解は15時頃を予定しています。

【君の名は】
富士ステークス(ふじステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
競走名の「富士」は富士山に由来。富士山は、静岡県と山梨県にまたがる円錐状成層火山。標高は3776mで日本一高い。古来より「日本一の名山」として万葉などの古歌に詠まれ、平安時代から信仰登山が盛ん。2013年6月には「富士

もっとみる

菊花賞見解

牝馬三冠目秋華賞は、桜花賞・オークス馬不在のレースに、結果として春クラシックで戴冠を逃した馬達の上位争いとなってしまいました。

牡馬三冠目菊花賞も、皐月賞・日本ダービー馬不在のレースに、秋華賞と同様の展開が待っているのでしょうか?

JRAが同じ筋書きを描くはずがないと筆者は思います。

菊花賞は近年、春の活躍馬が出走回避して古馬との戦いを選ぶ傾向があります。三冠に王手をかけた馬でなければ、30

もっとみる

秋華賞見解

今年は、秋華賞も菊花賞も春クラシックの優勝馬がエントリーすらしませんでした。そうなると、2歳女王ダノンファンタジーや、オークス2着カレンブーケドールなど、主役が不在だから押し出されて人気になってしまいます。

危険な人気馬だと言えるでしょう。これは菊花賞にも言える事。

菊花賞は、既にアップ済のブログか、来週アップ予定のブログにて。

さて、秋華賞、エリザベス女王杯時代の大波乱の記憶は鮮明で、サン

もっとみる

秋華賞 2019 サイン予想

昨年はアーモンドアイが牝馬三冠目を決めたレース。
凱旋門賞はエネイブルの凱旋門賞三連覇はならず。それだけにアーモンドアイには今年凱旋門賞に挑戦してほしかったのですが。
凱旋門賞では5歳牝馬は80年以上優勝がなし。エネイブルもそのジンクスは破れなかったことになります。
アーモンドアイがもし来年、凱旋門賞に挑戦した場合、年齢は5歳。
厳しい戦いが予想されます。

【シグナル・ファーストインプレッション

もっとみる

アイルランド府中牝馬2019 サイン予想

【君の名は/your name】
府中牝馬ステークス(ふちゅうひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス」と表記される]。

正賞は府中市長賞、レパーズタウン競馬場賞
現在中央競馬で行われる4歳(現3歳)以上の牝馬限定重賞競走としては、最も長い歴史を持つ。
1953年に「

もっとみる

【秋華賞 2019 サイン 予想 考察 最終結論版】激勝サインはJRAホームベージの秋華賞の画像から発信され、激走馬が既に予告されている!そのターフビジョンから解き放たれた強力サインは、ダノンファンタジーをも超越し、淀のターフに秋華となって咲き誇るだろう~|三年坂特別・平城京Sも掲載【※レース終了】

●テキスト更新状況

■10月13日|三年坂特別・平城京Sのサイン予想記事【最終結論】をテキストに追加しました。

■10月12日|秋華賞のサイン予想記事【最終結論】を掲載しました。

■10月11日|2019年JRAカレンダー掲載・2020年1月のカレンダーの考察と関連馬の出走状況を掲載しました。

■10月11日|「HOT HOLIDAYS!2019」~菊花賞篇~のレース映像・37コマ画像につ

もっとみる
ありがとうございます。どうかフォローの方もよろしくお願いします。
12

毎日王冠 2019 サイン予想『サインは宇垣美里さんとマイメロディ』

十月の東京競馬は紫背景で大人でシックな雰囲気

【マーキング速報】

昨年までの継続サインをマーキングしました。

【your name/君の名は】
毎日王冠(まいにちおうかん)は、日本中央競馬会 (JRA) が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
寄贈賞を提供する毎日新聞社は、東京・大阪・愛知・福岡に本社を置く新聞社。
正賞は毎日新聞社賞。

1950年に創設された、4歳

もっとみる

2019年10月6日(日)凱旋門賞のサイン予想記事【最終結論】|JRAから凱旋門賞への激勝サインは、海外競馬発売以前より発信されてきた。その絶大なサインパワーは、世界女王エネイブルをも凌駕するものとなるだろう~【※レース終了】

●サイン考察

JRAホームページ・今週のトップバナーに写っておりますレースは2018年10月28日 東京11R「天皇賞(秋)」のものと、JRAより発表されております。

JRAホームページ→更新情報→ http://www.jra.go.jp/update.html

壁紙カレンダー10月と今週のトップバナーが同じ2018天皇賞(秋)のものということになります。

今週のトップバナーの焦点は『太

もっとみる
ありがとうございます。どうかフォローの方もよろしくお願いします。
9

スプリンターズS 見解

今年はハイペースになると予想します。中山の最後の直線、差しの決まる展開になると踏んでます。

今年は、高松宮記念での大波乱、スプリント戦線は秋も波乱が待ち受けています。

キャラクターの3人も、驚きの表情を隠せません。想像だにしなかったレースになる可能性が高い暗示でしょう。

今週の予定は、

木曜日 穴馬2頭紹介・G1ヘッドラインの解釈

金曜日 枠順確定後所見

土曜日 最終見解

今週は万馬

もっとみる

ちょっと早いけど『菊花賞特集』

秋のG1開幕週、スプリンターズSで頭が一杯だとは思いますが、皐月賞馬もダービー馬もダービー2着馬も出走しないクラシック第三章に前のめりな筆者が、ちょっと早いですが京都新聞杯が終わった時点で、読者の為になるであろう菊花賞の要点を記したいと思います。

前のめりになるくらいですから、けっこう自信が持てる内容です。

このブログは、気づきがあればランダムに追記してゆき、10月6日(日)の菊花賞最終登録発

もっとみる