書きたいファンタジーの話をします

こんにちは目箒です。

「戦記ものが書きたい10(終)」で「ファンタジーの修行してくるねバイバーイ!」という締めをしたと思います。

「ファンタジー習作(カクヨム)」

ということでこんな感じでぽちぽち書いてたんですけど、こういうの書いている内に、「ファンタジー世界の警察機構ってどうなってるんだろう」とか思いついてしまったわけですね。サスペンス好きだから。
そこでこんなものを書いてしまった→「異端

もっとみる

出版作等の案内

2007年、株式会社文芸社より、二人のロシア人サッカー少年を主人公にした純文学系小説『クルイロ~翼~』を出版。芸術心理学の観点から、スポーツ芸術としてのサッカーを描きつつ、密接な共依存関係の光と闇に着目した 異色の友情物語に仕上げている。

2012年、同社より、謎が謎を呼ぶカルト教団との攻防戦を縦軸に、人間心理や社会の闇に斬り込んだ社会派ミステリー『PHASE(フェーズ)』を出版。2016年1月

もっとみる

小説家 悠冴紀の出版作紹介PV

PHASE シリーズの著者、作家の悠冴紀(はるか さえき)の小説のプロモーション動画です。

ロシア人のサッカー少年二人を主人公に、密接な共依存関係を描いた異色の友情物語(純文学系の処女作)「クルイロ~翼~」、カルト教団との攻防戦を縦軸に、人間心理や社会の闇に斬り込んだ衝撃のダークミステリー(インテリジェンス小説)「PHASE」、そのスピンオフ小説で、裏社会のカリスマ登場人物たちがヨーロッパを舞台
もっとみる

美輪和音『補食』を読んだ。普段はサスペンスをなかなか読まないんだけど、美輪さんは読みやすくて面白い。頭で映像にしやすい。あと、男女の出会いのシーンの「ハッとする」感じがひしひし伝わるから、それもいいんだよね。

理想の暮らし

ベッドの枕元の目覚ましが鳴った。
まだ早い時間だったが、休みの日こそ有意義に使いたい。となりでいびきをかいている夫を置いてベッドから出た。
洗面所で顔を洗い、パジャマから部屋着に着替え、化粧する。今日は休日、ウイークデーと違う、薄化粧に見える化粧をしなくちゃ。
朝食はフレンチトーストとコーヒー。お気に入りのダイニングテーブルにはクリーニングしたてのテーブルクロスがかかり、その上に昨日生けた花が飾っ

もっとみる

書いたBLSFサスペンス小説の話をします

こんにちは目箒です。

長編が完結しました

実はわたくし、創作を20年以上やってて、長編(ここでは10万字以上のものを指す)を完成させたことがなかったんですが、先日遂に4年かけて15万字の連載を完結させました。

すごくない⁉︎ ずっと長編書けなかったんだよ⁉︎

ということでどんな小説を書いたのかと言う話をします。

「戦記ものが書きたい」シリーズをご存知の方はお察しでしょうが、ご多分に漏れず

もっとみる

【習作】無題の濡れ衣

俺は人気のない裏路地にいた。
羽織った外套の裾には血が染みついている。右手には5発だけ装填された、護身用リボルバー。
そして俺の足元には、こめかみに風穴を開けたロバートが横たわっていた。
「これじゃ、まるで……」
俺が殺ったみたいじゃないか。
そう呟こうとしたとき、背後から靴音が聞こえた。

「SNS依存症のあなたに見て欲しい映画」【コンテンツプランナーのオススメ其の三】

仕事柄、SNSをテーマにした映画は大体見ています。改めてまとめてみると、ネガティブな側面を扱う作品が多すぎる気がしました。
本来SNSによって個人が自立して、もっと便利できっかけが増える社会になればいいのになと思いつつ、反面教師としてこれらの作品から学ぶことも多いので、ぜひスマホ世代には全部見て欲しいですね。

特に印象的だった3作品

「何者」
インターネット業界に身をおいて長いせいか、ネットで

もっとみる

【R18 エロティックサスペンス】愛人 2-3

* * *

 彼女とはじめて会った日の記憶は、あわあわと朧ろで頼りない。

 二月の末か、三月のはじめであったろうか、浅い春の昼下がりだった。

 いつもと同じ、秘書の採用のために、応接室にあらわれた彼女――美島ひかりは、二十一歳にしては幼い、見方によっては少女とも思える出で立ちだった。

 長い黒髪をポニーテールに束ね、眉の上でぷつりと切った前髪の下から、子猫のように怯えた漆黒の瞳が、真

もっとみる