ジェネラリスト

ゼネラリストかスペシャリストか?キャリアデザインを描く。

ゼネラリストになるべきか、スペシャリストになるべきか?

多くの人が悩む問題なのではないかと思います。

目先の副業ではなく、キャリアパスをどう描くかを考えさせられる。ジェネラリストかスペシャリストか。世の中はメンバーシップ型が継続するのか、ジョブ型に移行するのか。私は副業ではなく複業派。メモ:「終身雇用見直し」の時代に考えるべきこと|とくさん|notehttps://note.mu/nori

もっとみる

ジェネラリスト検定

日本ディープラーニング協会が主催する資格試験。

AI(人工知能)の学習(ディープラーニング)を事業に生かすための知識を有しているかを測る試験😃

他に、エンジニア資格(ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する)もある😅

興味津々‼️

テキスト化するほどの事ではないかもしれないが…ネットと細分化。

こんばんは。
長澤です。

今回は、恐らく、ネットで、食っていきたい人向けのテキストですが、あまりに、ありふれた感が、あるので、読まれた方からは、何をいまさらと、思わせてしまうかもしれない内容です。

ネットと細分化

どういう事か?

かのマネジメントで有名な、ピーター・ドラッカーは、こう言いました。

これからの時代、仕事で、生き残る為には、細分化(専門性の特化)が必要である。
と。

ネット

もっとみる

今後の日本企業の【転勤】あり・なしによる採用の変化

就職、進学情報の提供や調査等を行う「ディスコ」が2019年卒業の就活学生に 

「あなたが理想としている働き方」についてアンケートをしている(18年3月調査)。

これによると、「ひとつの場所で働きたい」

「どちらかというとひとつの場所で働きたい」と答えた大学生が67.6%

(5671人が回答)と、約7割が転勤のある会社で働くことへの抵抗を示しています。

日本の終身雇用制度によって生まれた一

もっとみる
00:00 | 00:30

公式Twitterの質問箱から回答します。
スペシャリスト派?ジェネラリスト派?
みなさんが考える働き方のきっかけにして頂けたら嬉しいです。

改めて思いました。
とにかく・・・アツいメンバーです!

出演者:すいる、タサモ、さぼ 編集:blue

35歳、マルチ・ポテンシャライトとして生きていく。

こんにちは!たーふじです。

相変わらず「働く」を考えてますが、約1週間前に「マルチ・ポテンシャライト」という本を読んで、自分の価値観が変わる衝撃を受けました。

これからは「マルチ・ポテンシャライト」を名乗って生きていきます。

「マルチ・ポテンシャルライト」とは?

マルチ(多くの) - ポテンシャル(潜在能力を持つ) - アイト(人)
さまざまなことに興味を持ち、多くのことをクリエイティブに

もっとみる
ありがとうございます!あなたのスキが私の力になります☆
9

ジェネラリストか、スペシャリストか。

ご機嫌麗しゅう、

むーです。

今日は、CE、もとい臨床工学技士において
スペシャリストがいいのか、
ジェネラリストがいいのか。
という問いについて考えてみたいと思います。

気難しい内容ではないですが、
長くなりそうなので、ラジオ体操しながらでも
読んでってください(^ω^)

私が思うに、

どちらがいいのか?
どちらにすべきか?
と、いうよりかは、

自分はどうなりたいか。

を考えたほう

もっとみる

あらゆる専門家と協働する「ザリガニ人材」に必要な「核心発見法」

■目次
1. 100年時代、求められるのは協働する力
2. 協働フローと、複数領域を横断した課題設定の重要性
3. 門外漢領域の核心を見定める3つの軸
4. オマケ

1. 100年時代、求められるのは協働する力

耳にタコができるほど、みんなが煽ってくる「人生100年時代の到来」。人間の寿命が伸びると、いろんなことが起きるらしいです。

▼長寿化時代が、こと「働く私達」に影響与えそうなこ

もっとみる

27歳まで親に携帯代を払わせて、29歳まで実家ぐらし、好きな本は「途方に暮れて、人生論(著:保坂和志氏)」。こんなこじらせな僕でも、渋谷IT系ベンチャーのジェネラリストとして、なんとか体裁を保ち、世界大会にも出場できたいくつかの理由 (第二回回)

こんにちは、かるわざマー君です。
前回のnote投稿では、初投稿にも関わらず、結構な感じで、ネットを騒がせられたんじゃないかなって思っています。

なんせ、知らない人から「スキ」を3つももらったわけですから。
人生で告られた回数を一晩で超えるってなかなかじゃないかなって。

さて、一部の方からは、第一回の投稿について、「本文の内容が、題名の核心に全く突いていない」という厳しい指摘をいただきました。

もっとみる

‟くらじか”って、どんなところ?

倉島事業開発…おそらく、多くの方が聞いたことの無い社名だと思います。倉島商業開発、倉敷事業開発など、間違って覚えられることもしばしばあります。

そんな私たちですが、まずは“くらじか”という略称で覚えてもらえたら嬉しいです!

さてさて、そんなくらじかマガジンですが、今回担当する私は人事業務主担当の大塚です。
人事業務“主”担当って、私自身なかなか面白い肩書だと思っています。なぜなら、当社はスペシ

もっとみる