ガンガァクスの戦士達 −その4

翌朝、白鳳隊は魔窟の入り口に立っている。

 マールは完全な装備で部下の前に立つ。怖じ気づいた者は一人も見当たらない。「白鳳二番隊、八十二名。ご命令あらばいつでも出兵できます。」カイデラ副隊長が意気揚々と報告する。

 しばらくすると、ドミトレスがやって来る。隣にはバジムとクリクの姿も見られる。後ろからは数百名の男達がついてくる。人間とドワーフの混合部隊のようだ。皆装備もバラバラで、隊列すらも成し

もっとみる

ひとつの時代が終わるとき

しとしと雨が降っている。

寒い。厚めのパーカーを着てスカーフを巻く。

世間はゴールデンウィークでかなり長い連休だけれど、わたしはいつもと変わらず仕事に向かった。

電車は驚くほど人が少なくてゆっくり座ることができた。

今日、平成という時代がひとつ終わりを迎える。そして令和という新しい時代がやってくる。

ただいつもと変わらず流れる時間を時代という名で区切る。なにかの終わりは、過去に美しさを与

もっとみる

被曝と宇宙と地球上のカップリングの関係

フクシマの原発事故が起こったのは、宇宙人とコンタクトを取っているアメリカの陰謀だという説がある。

もっとみる

粒は丸い方がよい

小学生のころ、友人の水筒には麦茶が入っているのにわが家は渋くて黒い薬草茶が入っていました。
ふつうに風邪もひいたし、なんなら熱性けいれんで入院もしたし、薬草の効果の程はわかりません。
友人のお茶をたまにもらうと、自分のお茶とは圧倒的に違う甘さがありました。
当時のわたしは、違和感を感じつつもたまにしか飲めない100%麦茶をよく味わい、珍しさも相まってなんか美味しい気がするなあ~と飲んでいたのです。

もっとみる

好きな事で生きていけ!

小っちゃい頃、世界は夢と希望で溢れて眩しかった。
でもいつからだろう?
大人に近づくにつれて、それらを感じられなくなった。
憧れの光は遠いどこかへ消えていった。
気が付けば社会に敷かれたレールの上。
来る日も来る日も、自宅と会社を往復するだけ。
そんな人生を四十何年も続けなければならない。

こんな人生、耐えられますか?

昔の価値観では「我慢」が美徳とされてきました。
汗水流してどんな嫌な事にも

もっとみる

【五分でイノベ!】五分でわかる多動力

さて五分でイノベ!シリーズ一発目のネタはホリエモン史上最高傑作との呼び声もある著書「多動力」でいこうと思います!

まず、この本は以下に当てはまる人にオススメです。

・人生がつまらないと感じている人
・自分探しをしている人
・真面目すぎて損している人

これに当てはまらない人でも、ビジネス書として物凄く面白くパッションが溢れる内容なので是非読んでみてください。

では本題に入ります。
まずタイト

もっとみる

【五分でイノベ!】五分でわかるイノベーターたちの名著

どうも、江戸川議長です。

「【五分でイノベ!】五分でわかるイノベーターたちの名著(通称:五分でイノベ!シリーズ)」という記事を投稿していきたいと思います。

具体的には……

現在活躍中のイノベーターたち(ホリエモンや落合さん等)の著書の内容を、ちょっとしたスキマ時間(五分くらい)で把握出来る記事を投稿します。

「時間が無くて読書の時間が取れない」

「あのビジネス書気になってるけど買うお金が

もっとみる

[全文無料: 小さなお話 001i] 十人目の使い

[約2,000文字、3 - 4分で読めます]

1. 一人目の使いは「あなた人間ですか」って聞いた

あるとき気がついたんだよね。ぼくもロボットだって。だから人を傷つけるようなことはしたくないし、なるべくなら人に言われた通りに振る舞いたい。でも自分の心を守ることだって大切なことだろう? だから今日もぼくは悩み続けるってわけ。ほんとにロボットって大変だよ。人間に逆らうわけにはいかないんだから。

2

もっとみる

[全文無料: 小さなお話 004] 愛こそすべて

[約2,000文字、3 - 4分で読めます]

ビートルズの名曲「愛こそはすべて」をご存知でしょうか。

"All you need is love" という英語タイトルを持つこの曲は、
「もし、きみに何の力もなくても、愛さえあれば大丈夫だよ」
と優しく、勇気づけてくれる歌です。

若いころのぼくはどこかひねくれ者で、なんだか社会を斜めに見ていましたから、テレビから流れてくる「愛」というような言葉

もっとみる

[全文無料: 小さなお話 0.05] 2004年度滑って転んで脳挫傷受賞の思い出

[約1,100文字、2 - 3分で読めます]

「自爆ですか」

それは雨の日のことでした。

記憶も飛ぶほどに酒に酔っ払って、最寄り駅まで帰り着いたのはいいのですが、駅の出口辺りで滑って転んで人事不省となり、救急車で搬送されたことがあります。

夜中に救急隊員から電話で呼び出されるうちの奥さんが可哀想ですが、そういうアホな男と一緒になってしまったのだから仕方がありません。

入院して二日目くらい

もっとみる