スプラッタ

東北の友からのネジれルートでゲット、わがご当地《賀茂茄子カレー》。箱裏にデカい “赤X” 。[電子レンジ不可]。ほぅ、なら湯煎ね──と、目は更に下。[ひき肉が破裂…]!?──ん、肉+破裂=スプラッタ!? 更に下──[…飛び散り]≒血!? 脳内がスプラッタ色に染まるカレーの夕べ。

大事なのは細かい事じゃなくて、そこに込められた『気持ち』

突然ですが、みなさんに質問です。

30メートルくらいの崖から突き落とされて、下にあった木の枝がお腹に刺さって、エビぞり状態で気を失いました。

あなたのこの後の行動として正しいものを選びましょう。

①そのままお亡くなりになる
②がんばって病院に行く
③抜け出してそのまま落とした相手をぶっ殺しに行く

……はい。正解はもちろん③番です。おなかに空いた穴なんてなんのその。落とした相手と、その友達2

もっとみる
自動販売機の下にお金が落ちている確率は10%だとか。
29

暴力は伝染する

我ながら物騒なタイトルだ。
物騒な話をするから、物騒なタイトルにした。

公開からそこそこ経ったが、『ハロウィン』という映画の話をしたい。
ここで言う『ハロウィン』は2018年版の作品のことである。

!この記事には残酷な表現、個人的な意見が多く含まれます!
!少しでも嫌な予感がした方は読まずに引き返してください!

・・・

『ハロウィン』は、もともとは1978年に公開された、殺人鬼ホラーだ。マ

もっとみる
ウホホホイ!ありがとうございます!!
19

夢原案「よくあるパンデミック」その2(R18G)

※筆者の悪夢を元にした作品です。スプラッタ表現があります。

三脚を持ってきておいて正解だった。

まず、この会場内はすでに理性を保った人間が1人もいなかった。至る所から現れて、私にかじりつこうとしてくる元選手・元観客たちを殴り倒すのに三脚が活躍した。

もう1つ、身を守るのに夢中になったことで「あの光景」を思い出さずに済んだ。学生時代、彼女と別れてやり切れない気持ちだったのをバイトで発散したよう

もっとみる

名古屋の路上殺人事件に寄せて

Twitterがまたもや賑わいを見せていた。
トレンドを見ると、1位の「殺人動画」なる物騒な話題に50000件以上のツイートがあるらしい。どうやら名古屋で起きた殺人事件の一部始終が動画で出回っていたようだ。いくつかツイートを遡ると、幾らでも例の残虐な動画は流れてくるし、千個単位の「いいね」がついていたりする。それだけ多くの人間達が、血を求めてネットの海を彷徨っていたのだ。多分、みんな「怖いもの見た

もっとみる
ありがとー
10

夢原案作品1-1 「よくあるパンデミック」

スポーツは好きではない。

正確には、「レクリエーションとしてのスポーツは好きだが、真剣に勝ち負けを競う試合は好きではない」、だ。観る側であっても同じ。熱血さも度を過ぎれば狂気にしか見えないのだ。

私はビデオカメラの画面をたたみため息を吐いた。

確認していた動画にはまさに狂気が映っていたからだ。

監督と対立でもしたのか、選手の一人が喚き散らしながら暴れる光景。止めに入ったチームメイトや大会ス

もっとみる

映画「悪の教典」

宣言通り、感想をnoteにも書くことにしました!ドラマじゃなくて映画だけどね。わたしは基本映画館には行かないので、タイムリーではないです。

さて、映画初めは、正月に不似合いすぎる「悪の教典」です。
友達に勧められてダウンロードしてたんだけど、なかなか見る勇気が出なかったのを、やっと見ました。

【あらすじ】不良生徒、モンスターペアレント、学校裏サイト、集団カンニング、淫行教師など、数々の問題

もっとみる
スキありがとう😌 これからもがんばるー!
3

お祭り騒ぎ、血祭り騒ぎ

フォローしてくださる方が増えてきたのに、不穏な記事を書いちゃう。
いや、もちろん読みたい記事だけ選んで読んでいただければと思います。

以前、『美しい暴力』という題で、実は『サスペンス』『ホラー』『バイオレンス』『スプラッタ』系の映画が好き、と告白いたしました。

今回は、『スプラッタ』についてのお話です。

前回同様、「どういう理由であれ人の死は笑えない、架空でも無理、楽しむなんてもってのほか!

もっとみる
あなたにめっちゃ良いことありますように・・・
6

The GORK  17: 「遠くで汽笛を聞きながら」

17:「遠くで汽笛を聞きながら」

「昔、俺が助けた、。それであんた、今は白目十蔵と呼ばれているのか?」
 記憶の底に、繁華街の裏路地に連れ込まれ、宋の履くヤクザ靴の尖った靴先で脇腹を蹴りまくられ、のたうち回っている若いチンピラの姿が微かに浮かんでくる。
 だが俺には、そのチンピラを「助けた」という記憶はない。
 たまたま宋が、自分のそんな姿を堅気の友人である俺に見られるのが嫌で、蹴り込むのを程々

もっとみる