タウンウォッチング

町/街

行く「夏」を特集する番組などで

東北地方の各都市、秋田の「竿燈まつり」、盛岡の「さんさ踊り」や、山形の「花笠まつり」などのレポートを観ていると、確かに、秋田市や盛岡市、山形市などは「都市」にカウントされるところかもしれませんが、あっちこっちの農村社会からはじき出されたデラシネたちが集まった、例えば、ヨコハマみたいな街とは基本的に「異なる都市」だなとの思いを深くします。

ヨコハマあたりだと「田」

もっとみる

今日も歩いて、企てて

ナイフで身を切られるような事件、事故、自然災害…、急かせか時短社会…、隣の芝生は青く見える的な比べるから生じる格差社会などなど…

先日、ふと海を無性に見たくなり家から近いみなとみらいの海へと足を運んだ。

帰り道…

神奈川県のJR関内駅に、ピアノがポツンと置いてあった。

あっ、まさにBS番組の街ピアノだ。 ついに世界の駅から身近な日本の駅に来たか、と静かに頷いた。

白髪まじりの初老やダブル

もっとみる
Thanksです!
4

BLACK&WHITE (シアンに憧れて)

先日、J-WAVEを聴いていると博報堂ケトルの代表取締役の方が

「博報堂の新入社員は全員タウンウォッチングをさせられるんです。街に出て違和感を見つけて来い!と繰り出されるのです」

違和感か…

例えば街に出て、どうも最近おひとりの女性のランチ姿をよく見るな、とか

そこから「おひとりさま」ブームが生まれるとのこと。

勉強にもなりましたし、これは有り難いことを聴けたな、と感謝でした。

そして

もっとみる
スキありがとうございます!うれしい!
7

経済力ではない

塩竈市にパリの有名なマカロンの店などで10年以上の修業を積んだフランス人パティシエさんが、この地を気に入ってお店を開いた(確かお店の名前は「りんごの木」)なんて、はなしがありますが、今のヨコハマに、たった一人でも、遠い国のパティシエさんを惹きつける魅力があるんでしょうか。

塩竈市と横浜市を比べて、経済力とか人口集積とかでは明らかに横浜市の方が上なんでしょう(何倍も上です)。でも文化の錬成度や熟成

もっとみる