何もないところから何かをつくる

8月1日から、新しい環境で仕事を始めた。
メンバーが優秀だったことも幸いし、
「仕事の形がしっかりできてきた」
という手応えを感じるようになってきた。

ホッとひと息つく今夜、明日は休み😀

この前よりも、ずーっと安心して休めるよ。
ありがとう

【INEOS159】 チームワーク

ケニアのEliud Kipchoge選手がマラソン2時間切りを目指すプロジェクトINEOS159 challengeのペースメーカーの第一グループが発表された。

ペースメーカーは以下の通り。これは第一グループということで、この後も続々とペースメーカーが選出されていくでしょう。

Augustine Choge(ケニア)
Victor Chumo(ケニア)
Filip Ingebrigtsen(ノ

もっとみる

人類は協力によって生き残ってきたけれど

世の中では、チームワークが大事、協調、協力が大事というけれど。

 それによって人類は進歩し生き残ったことも事実だと思う。人間は一人で成しうることは限られているから。

 しかし、突き詰めると自分のグループ内での協調の話で、利害の対立する他のグループとの協調の話ではない。

歴史上の悲劇の多くはあるグループのチームワークの良さから生まれたと思う。

もっとみる

地獄のチームワーク業務

私が登山ショップのスタッフとしてバイトを始めてから2週間ほど。

週3回、1日4時間の勤務で、まだまだ戸惑うことばかりです。

何しろチームワークが試される仕事であり、これは私が最も苦手とする分野です。

そうです。はっきり言って私はチームワークでの行動が大っ嫌いです!!

他のチーム員に合わせて行動するなど、うっとおしくて仕方がない!!チーム員に対して殺気すら覚えるほどです。何の罪もないチーム員

もっとみる

書評「知ってるつもり -無知の科学-」

本書は認知科学・心理学の視点からチームワークの重要性を論じている。

リハビリテーションは、理学療法士や作業療法士だけで成り立っているわけではない。患者(クライアント)を中心として多職種が協働するチームがあって、はじめて効果を発揮する。

これは自明であるように思われるが、私たちはこのように考えることはないだろうか。自分が担当している患者のことは誰よりもよく知っている、患者を一番理解しているのは自

もっとみる

お前は努力が足りないんだ!と怒っている人に言いたいこと

たまたまかもしれませんが、この数週間怒っている人をよく見かけました。

 ある人は相手が思い通りに行動していないから激怒して嫌味を言ったり、相手の人格否定をする発言をしたりしていました。
 おそらく、今まで自分の思い通りに相手が動いてくれなかったことが度重なり、だんだんエスカレートしていったのだと思います。でも冷静に考えてみください。

━━━━━━━━━━━━━━
 なぜ相手を怒るのか?
━━━

もっとみる

傷つきやすい人ほど、相手を攻撃する

あなたの周りに他人に対して攻撃的な人はいるだろうか?実はそういう人ほど、他者からの指摘に弱い。

自分のやり方を全否定された…

 メンタル休職したケアマネのAさんと面談したときの話。

 原因は『同僚に自分の仕事のやり方を否定された』ことだった。

 Aさんの主張はこうだ。

「自分は一生懸命やっているのに、同僚は自分の意見を全然聞いてくれない。下に見られている。同僚には言いたいことが山のよ

もっとみる

言い訳ばかりして全然成長しない人「それって防衛反応では?」

あなたの周りに「なんど指摘しても言い訳ばかりして全然成長しない!」と嘆きたくなる人はいないでしょうか?

これって実は防衛機制の働きによる可能性もあるんです。

防衛機制とは…
人が自分の根幹となる自己を否定されたり傷つけられたりしたときに、自分を守ろうとする防衛反応のことです。

 例えば、ある同僚がしょっちゅう会議に遅刻しているとします。それを見かねたあなたがいつも遅刻していることを注意を

もっとみる
00:00 | 00:30

部下に「困ってることないか?」と聞いても「特にありません」としか返ってこない。そんなことはありませんか?

いくら配慮して聞いても、なかなか本音を喋ってもらえないことは多いんです。

実は、どんな質問でも、部下は上司がのぞむ答えを言おうとしてしまいます。だから、上司の意に反しそうなことが頭に思い浮かんだ場合は、上司に言わずそっと心にしまうことになるでしょう。

この『上司に意に反しそうなこと』とい

もっとみる

【CIIDの授業01. Team Building】 デザインスタジオにおけるチームワークのあるべき姿とは

CIID IDPの最初の1週間は、チームビルディングのクラスから始まる。前回の投稿でも触れた通り、CIIDのIDP参加者の属性はとにかく多様である。2019年の参加者は14カ国から来ており、年齢も22〜50歳程度と幅がある。参加者の9割は社会人経験があり、キャリアのバックグラウンドはUI/UXデザイン、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、アート、建築、ビジネス、エンジニア、ライターなど多岐に

もっとみる