テキストコミュニケーション

チャットを介したあの人が好き

こそばゆい(くすぐったい)書き出しである。

チャットを介したあの人が好き。普段からチャットツールを使ってコミュニケーションしていても、そんなふうに思う機会が少ないな、と思ってた。

好き嫌い、というよりテキストを通して人に苦手意識を持つ人は多そう。「また厄介なこと言ってる〜…」「え、冷たくない?」なんて具合に。もう何年もテキストでやりとりしていても、小さなことで一喜一憂する。で、苦手意識を蓄積し

もっとみる
自信になります🐑
22

「月が綺麗ですね」のように同じモノゴトを見ていたい

先日のストロベリームーン。川沿いの帰り道、夜空に浮かんだ赤い月を拝みました。月って、キレイです(語彙力)

「月が綺麗ですね」

かの夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と和訳した話を思い出しました。諸説あるらしいですが。

行間に込めたメッセージと受け取れるこの言葉。今こんなふうに伝える人もいないのかな?でも、とても豊かな表現じゃない?など、せっかくなので、思考を巡らせてみまし

もっとみる
何か触れたなら嬉しいです🐑
30

チャットで「簡潔に言えない私」の対処方法

こんにちは。6Guild の小倉(@kajyou)です。初めて見ていただけた人に向けて自己紹介をさせてください。
私は新卒から東京にあるスタートアップばかりで働いていましたが、2015年より地元の兵庫県にUターンし、いまは過去の経験を活かしながらリモートでフリーランスとして仕事をしています。

チャットにおける簡潔に伝える能力の重要性とできない場合の対処方法

以前も記載しましたが、リモートワーク

もっとみる

チャットツールを活用する3つのポイント

6guild の小倉(@kajyou)です。今日はリモートワークのコミュニケーション方法について書きます。

ー テキストコミュニケーションの課題

リモートワークでは必須のSlack  / Chatwork などのチャットツールですが、ちゃんと活用できていますか?

すごく便利ですが、実はあまり使ってない人もまだまだいるんじゃないでしょうか。

前回はリモートワークのコミュニケーション全般で記事

もっとみる

リモートコミュニケーション(チャット、ビデオ)で難しく感じること

リモートで仕事を進めることは珍しくなくなった。リモートワークを就業形態に取り入れる会社も増えた。
どういうコミュニケーションをとるかは企業や会話する人、内容によって異なると思うが、ツールを使いこなし、これがうまくできる、できないで仕事に大きく関わる。

ただ「発言しよう」ではこの話はいらないので、個人的に難しく思うところをアウトプットしてみたい。(個人的な意見です)

テキスト主体の会話で求められ

もっとみる
自信になります🐑
12

オンラインとリアル参加で共感文章講座でした

月に一回のペースで開催している共感文章講座、終了。

共感的コミュニケーション(NVC)をテキストベースで応用するには、ふたつの狙いがある。
ひとつは、リアルタイムでは難しい面がある共感の表現やコミュニケーションについて、自分のペースでじっくりと取り組むことができるテキスト表現の世界で練習し、確実に身につけること。

そしてもうひとつは、メールやSNSなど、テキストを用いたコミュニケーションが増大

もっとみる

愛を届けたい

連絡が来る瞬間が幸せの絶頂で、
返信をしてしまうと終わってしまう気がして
返信を先延ばしにすることがある。
LINEだと、既読にならないようそっと閉じる。

うん、すぐ返さなくてごめんなさい。
でもね、
連絡が来たと知った時に、その事実そのものの幸福感を味わって、どんな知らせかなってその人との過去から最近までのやり取りを思い返して、さぁなんだろうって開くから、って伝えたら許してくれるかなって。

もっとみる