デジクリ

「またご飯でも!」を、もうひと押しすると関係が進展すること。

「今日の授業は、ちょっといつもと違うことを話しますね。みなさんは、人とばったり会う、人とネットで久しぶりに何かしらやりとりする、ずっとお話したいと思っていた人と話せる機会ができた、なんてときの別れ際、もしくはやりとりの最後の部分で『またご飯でも!』なんていう挨拶をしたことありませんか?」

僕の問い掛けに対して学生が答えます。

「ごはんには誘わずに、シンプルに『またね』と挨拶することが多いかもで

もっとみる

妄想の解像度が上がると、人は行動に移りやすい

「例えば、これからお昼ご飯を食べに行くとします。ラーメンにしようかなぁ、蕎麦もいいなぁ、と2つの候補が出てきた時、どっちを選びますか?」

唐突にこんな質問を学生にしてみます。

「えーっと、美味しい方を選びます」

「そりゃそうです。僕も美味しい方に行きたいです(笑)その美味しい方というのはもっと具体的にいうと、頭の中でどんなイメージでしたか??」

「ラーメンは、いつも行く京都駅近くのラーメン

もっとみる

自己紹介は、じぶんのキャッチコピー選手権

僕は京都精華大学でずっと2年生を教えています。年齢にすると19、20歳の学生です。毎年4月に新しい学年が始まるのですが、授業の初日は僕の自己紹介のあとに、学生に自己紹介をしてもらうのが恒例となっています。

さて、ここで面白いのが「自由に自己紹介をしてください」というと、何故か毎年みんな同じ形式で自己紹介をしてしまうことです。

「わたしの名前は◯◯◯◯です。△△△(出身都道府県)から来ました…」

もっとみる

後ろ向きにマクドナルドまで歩く授業

最近新しく始めたことって何かありますか?
だいたい、年初め、年度初め、誕生日なんて日から何かを改めたり、始めたりする方は多いと思いますが、ぜひその際は知識を得るだけの行為ではなく、体験、行動を伴うようなことを始めていただきたく思います。

学問なき経験は経験なき学問に勝る、といいますが、これに僕は心底同感します。
机上対現場、どちらの方が人の記憶に残るかというと、圧倒的に後者ですし、実際に自分の学

もっとみる

いいね!と思う人と悪いね!と思う人は同じ数いる説

1.「自信がないんです」
2.「怖いんです」
3.「実力がまだないんです」

どうして自身の作品ををアピールしないのですか?と美大生に聞いたときの返答は、だいたいこの3つです。今日は「称賛と批判」についての授業です。

「さてみなさん。1.自信がないことと、2.怖いことは批判されることへの恐怖ですね。ここでひとつ確認をしたいのですが、この考えのベースには、自分の努力次第で批判より称賛を得られるとい

もっとみる

じぶんカメラの話(2)

今回は、前回の授業の続きです。
『じぶん自身を見るカメラ』に続く、『世の中を見るカメラ』の話です。

- - -

「コミュニケーションって、憑依(ひょうい)することだと思うんです」

はい。憑依という言葉が強すぎるのがわかっていながら、そういう表現をいたずらに使いたいだけです。とはいえ、学生の怪訝な表情を察知すると『通じないとマズいぞ』と弱気になり、すぐさま別の言葉で言い直します(笑)

「違う

もっとみる

じぶんカメラの話 (1)

人は写真に写るとき、ちょっとでも良く写ろうとします。
笑顔をつくったり、顔が小さく見えるようなポーズをしてみたり。

あれって、誰のための、何のための演出なのでしょうか。後でじぶん以外の人に見られて恥ずかしくないように、なんて対外的な理由として、じぶんを納得させてしまいがちですが、本当はじぶんの写っている写真を見返すのは、本人がいちばん多いのではないでしょうか。

となると、より良く写りたい願望と

もっとみる

面接官に入れ替わる。彼氏に入れ替わる。

数年前、学生が就活をしている時期に、2年生の時に教えていた女の子から連絡がありました。なんでも、その日の午後に東京の大手企業の最終面接があるのだけれど、何を話していいのか、どのように話していいのかが全くわからなくなり、軽くパニックになっているので、できれば会って話を聞いてほしい。ということでした。丁度そのとき僕も東京にいたので、お昼ごはんを食べながら話そう、ということになりました。

「ものすごく

もっとみる

いい学校、いい会社、いいデザイン。

「小学校、中学校、高校、大学と、みなさんは16年間も勉強しますよね。どうしてそんなに勉強するのでしょうか?」

「いい学校に入って、いい会社に入るため。それで、いい会社に入っていいお給料をもらうため」と学生。

「なるほど。では、いいお給料は何に使うのですか?」

「家を買って、家族を養って、一生お金に困らないよう生活をするためです。
あ、あと自分の趣味のために使いたいからです」

「リアルー。現

もっとみる

まえがき

はじめまして。熊野 森人(くまの もりひと)と申します。

東京で広告企画、ブランディングの会社を営む傍ら、京都の大学で講師をしています。僕は28歳の頃から京都精華大学という美術大学で非常勤講師をしており、今年で40歳になります。もう少し細かくお伝えすると「デザイン学部ビジュアルデザイン学科デジタルクリエイションコース」(長いですね) というところで、デザインにおける考え方やコミュニケーション、健

もっとみる