ノンヴァーバル

孤高の 存在

硬いなみだを 押しとどめ
齧りかけの パンを飲み込む

** * 
男のくちがあまやかに動き 絶頂が駆け巡る
弾かれたやう 跳ね上がる躰 
しなっては戻り 果てが無い 
保てぬ意識に 抗いながら
描かれし円は 交差し 
接近しては 拡がってゆく 
まろく 淡く 
鮮烈な 光と闇とを内包し 
無限の彼方へと 誘う
閃光が 幾筋も煌めき
どこまでも 雄弁に発す瞳を
おごそかに 瞬く睫毛を 
奇跡のやう

もっとみる
コープチャイ ライラーイ🇱🇦😄