ハレ800

毎日

おはようございます。きょうも書いていきます。

この数日、きょうを待っていた。noteの毎日更新をつづけて、365日目を迎える。そしてきょうをもって、一度、毎日の更新を止めようと思う。

思えばこの更新は、過去への贖罪を含んでいた。いつか書いたが、社会人一年目のとき、毎日コピーを書けという先輩の教えに背き、その罰を試験で食らった自分への贖罪であった。

一年書くとどうなるのか、というのを、知りたか

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
18

なぜとなに

おはようございます。きょうも書いていきます。

この土日に先日紹介した『Insight』を読み進めた。いつも本を読むときは、一日に数ページとしているが、今回はそうもいかず、どんどん頁を捲ることになった。そのくらい深刻で、気づきが多かった。

僕は「なぜ」を自分に問いかけることが多い。「なぜ自分はこうしたのだろう?」「なぜ自分はそう思うのだろう?」それが自分にとって有益な問いであると信じて疑わなかっ

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
3

働き方

おはようございます。きょうも書いていきます。

働き方改革が、走っている。長時間労働を減らし、雇用格差をなくし、働ける人を増やす。副業やリモートワークが推進されるなど、働き手にとっては有り難いが、大きく見落としている点がないだろうか。働き方を変えることが、労働力の向上につながるのか、という疑問である。

無論、型、形から入ることには賛成だ。しかし、いくつかの日本企業で働いてきた身として、労働力や生

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
6

おはようございます、という時間でもないですが、きょうも書いていきます。

鳥になると癒されますよとアドバイスされたことがある。そのときはあまりピンと来なかったが、いまはわりとしっくりくる。鳥でなくても、誰かになると癒されるのだ。

はじめはストレス解消のようなものかと思っていた。自分ではない誰かになって、自分らしくない振る舞いをすることは、日々の抑圧から解放される、儀式のようなものに思える。たしか

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
5

一語

おはようございます。きょうも書いていきます。

海外から移り住んだ友人とひさしぶりに会って、来日した当初よりも日本語が拙くなったことに寂しさを感じる。こちらで気の合う同郷の士でもできたのだろうか。

言葉は入れかわっている。毎日ほんの少しずつ覚え、少しずつ忘れている。周囲の言語に合わさっていくのだ。もちろんそれは自然の成り行きである。

外国語というと僕らはその変化を微細に感じることができる。しか

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
2

体験

おはようございます。きょうも書いていきます。

昨晩、人と話してよいことを聞いた。曰く、知識があって、体験して、体現できるという。これがリズミカルな感じもして、気に入った。このことについて考える。

体験は知識の反対にある。知識は計画的で合理的で意図的で能動的である。体験は突発的で非条理で受動的である。なので知識があっても体験がかなわず、体現まで辿りつかない場合が多いのである。これはなんとなく想像

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
7

奪われる

おはようございます。きょうも書いていきます。

仕事をしていると「仕組み化」や「数値化」「可視化」といった言葉をよく聞く。これはある仕事を誰かにしかできない状態から、誰にでもできる状態を目指すために提唱されているのだと理解している。そしてお約束といっていいほどその動きに「人にしかできない仕事があるよ。」といった反対意見をぶつけてくる人がいる。

僕はこの「人にしかできない仕事がある」ことには賛成だ

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
7

ヨガは人

おはようございます。きょうも書いていきます。

文は人なり、という言葉がある。フランスの博物学者ビュフォンの言葉だそうだ。その意味は、文章はその人自身を表わす、というものである。文章に限らず、人の発言や行動のひとつひとつは、その人自身を構成している。

ヨガをやっていると、ヨガも人なりと思うことがしばしばある。人や場所によって全くといっていいほど、考え方や教え方に違いがあるのだ。

街を歩いている

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
4

採用で大事なこと

おはようございます。きょうも書いていきます。

週末ひさしぶりに採用イベントに出たので、備忘(棚卸し)も兼ねて、僕が採用で大事にしていることを書いておく。

まず前提として、採用イベントに来ている学生や社会人は、会社を探しているのではなく、キャリア(もっと広くいえば人生や生きかた)を考えに来ている。もし「会社を探しに来ました」という人がいても、それは手段であって、実際は結果として、よい人生をおくり

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
4

なんとなく

おはようございます。きょうも書いていきます。

十数年前にブログが登場して、人々が思い思いの心情を書いて、遠くにいる人が、涙した。やがて世界は近くなって(それは情報量的にも、物理的にも。)、動画で知ることができたり、実際に会うのが容易になった。いまや心情を共有するという行為はあたりまえで、社会全体がお悩み相談室のようになっている。しかしながらちゃんと喋れている人は、ほとんどいない。

たまに演劇を

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
7