バースデープランナー

コドモが和菓子に出会うイベントを実現できた話①

この記事内でやりたい!と言っていたイベントを

実現することができました。

「コドモと和菓子」というタイトルで6月16日の和菓子の日に開催。

あわせて約20名の大人と子どもが集って頂けるイベントとなりました。

企画の背景_外国からの輸入パーティの多さ_

約3年程、季節や誕生日のお祝いの空間を作る事、パーティスタイリングにまつわることをやってきたのですが、ずっとずっと気になっていたのはこのパ

もっとみる

書く・描く・飾る妄想複業家。バースデープランナーえりかのお仕事いろいろ。

現在の私の肩書きは次の通りです。

1. WEBライター
 得意ジャンル:ラーメン、育児、工作、パーティー

2.バースデープランナー
 ・パーティーアイテム制作
 ・空間デコレーション(店舗、個人宅)
 ・フォトブース制作(イベント、個人宅)
 ・テーブルスタイリング

3.ワークショップ講師
 ・ハーバリウム
 ・パーティーアイテム、パーティーテクニック
 ・飛び出すカード
 ・ジャイアントフ

もっとみる

ひな祭りホームパーティ

こんにちは!

横浜市都筑区在住、

バースデープランナー&お子様連OKのクッキーアート教室
N's suger partyのふなやまです。

今更ですが今年のひな祭りはいかがお過ごしでしたか?
うちは娘のスイミングがあり、夫も仕事だったので簡単に済ませました。

2年前、割としっかりお祝いした時の様子をご紹介します!

一応バースデープランナーの肩書きを持っているふなやま。

パーティ

もっとみる

子どもの記録、子育ての記録

誕生日や季節のイベントのお祝いを子どものキオクとキロクに残したいというのも、私がバースデープランナーを始めたきっかけなので、記録つながりでこどもの写真の記録のことを。

今は簡単に写真を記録する術、とか色々手間をかけずに…というノウハウがたくさん出ているので、私のやり方はめんどくさいなと思う人も多いかもしれません。

私はこどもの写真はデータで保存するのと(ただPCに入れっぱなし)

photob

もっとみる

西松屋のフィギュアがコスパよくバースデーアイテムに使える話。

毎日が地味で必死な日々の積み重ねな乳幼児の子育ての中で

訪れる数々のハレの日を彩る企画・発信をしているharenohi_factoryです。

西松屋は常日頃、服を調達するのにお世話になっているんですが

プライベートブランドのスマートエンジェルのおもちゃで

子どもの誕生日祝いのスタイリングに使えるアイテムを発見しました。

アニマル王国。動物フィギュアの10種類セット、税込み599円。(西松

もっとみる

こどものキロク、こどもとのキロク、それは本当はハレの日ではなくケの日(何のことはない日常)が一番心に突き刺さり、残るんじゃないかと思う最近。

なぜバースデープランナーの資格をとったのかという話。資格って、いる?

空間装飾関連の資格、色々あります。

アニヴァーサリープランナー、バースデープランナー、ホームパーティー検定、ディスプレイデザイナー…。ここで書いたタイトルの「なぜバースデープランナーの資格を取ったか」というのは、「こどもの誕生日を特別に彩りたい」とかの想いの部分ではなく、パーティー関連の「資格」に対して思っていることになります。「資格」に対して。そして「取り組む姿勢」の問題。

想い、の部分はた

もっとみる

こどもの誕生日祝いにかかるお金のこと。

シビアな話です。各家庭の経済状況によるし、どういう祝い方をするのかや人数も人それぞれの価値観で変わってくるかと思いますが、日本でスタンダードと思われるこどもの誕生日に登場するアイテムの相場。こどもの誕生日でお父さんお母さんがいるという前提ではありますが、お祝いに参加する人が家族3人で最小人数として数えると。

●ケーキ 2,000~4,000円

●誕生日プレゼント 3,000円~

●手作りでも

もっとみる

「こどもの誕生日を祝う」について思うこと

バースデープランナー/カラーコーディネーターとして主に子どもの誕生日をメインとして誕生日祝いや季節のイベントの装飾やスタイリング活動をしています。他には店舗の装飾、パーティテーブルスタイリングなども行います。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

ご家庭でのお誕生日祝いについての話です。

(プロの方がされることはまた別の話)

携帯で手軽にきれいな写真を撮れる時代と、その写真を投稿できるSNSが一般化

もっとみる

はじめてのポルカ〜3児の母が結婚20周年記念に夫をデートに誘うプロジェクト

はあちゅうサロンで普通にメンバーが使っているpolca。
微力ながら今まで誰かを支援したことはあっても、
自分ではなかなか...と、ずっとためらっていた。

きっかけをくれたのは、KUMAPさんのこのツイート。

これを見て、思いきってポルカを立ててみた。
題して、
【3児の母が結婚20周年記念に夫をデートに誘うプロジェクト】。

お礼は『デートのレポをnoteで紹介』。
誰得かは謎だが、これは私

もっとみる