季節を拾う。

今日は仕事をいつもより早く切り上げ、妻と子どもたちを保育園に迎えに行く。
保育園から5分で家に着く。晩ごはんができるまで少し時間もあったので子どもたちと近所に散歩に出かけることにした。
息子は最近蝉の脱け殻が大好きでよく保育園から持って帰ってくる。
今日も2個持って帰ってきたがまだ足りないみたいだったので、散歩のついでに蝉の脱け殻を見つける旅に3人で出かけることにした。

出発して5分。まだお目当

もっとみる

哲学は、今日のパンの心配が
無い人から産まれる。
当たり前がね、有難いって
感謝出来るのは、難しいから
ちゃんと感謝できる
余裕があることに感謝なんだね。
ってパパが言ってた!
LINEでわざわざ送ってくれて
本当最高のパパ(∗•ᴗ•∗)

夏を乗り切る

7月も折り返し。早速来週からは「夏休みです!」なんて方も増えてくるのではないでしょうか。

憂鬱ですね(笑)。

殆どの家庭がそうだと思いますが、子供が休みだからと言って親が休みになる訳ではありません。そこに畳みかけるように、地区のラジオ体操だ、子ども会だ、プール当番だ、練習試合だとあの手この手で嫌がら…じゃなくて、イベントごとが発生します。

ですので、多くのパパママさんは普段以上に預け先の確保

もっとみる
ありがとうございます!また読んでもらえるよう頑張りますね♪
2

お風呂は売り切れました

朝から、ムスメちゃんをバスルームに連れて行き、シャワーを浴びさせる。
そう、昨夜、愚図ってお風呂に入れなかったからだ。

いつもならお湯の張ってあるバスタブの中を
覗き込み、空っぽであるのを見て、一言、
「あ、売り切れだ」

もう、無くなってしまったことを、ムスメちゃんは、いま、「売り切れ」というんだね。
きっと、お店屋さんごっこを沢山やってるから。

#育児 #子育て #パパ #お風呂

年齢に応じたふるまい

小学生になったことを機会に自分一人で診察室のイスに座ってもらってます
よほど具合が悪くない限り
私は、立って付き添いです
🌊海は、わたしの足の上に座ってもらってます

待合室で打ち合わせをします
しかし、基本的には医師とのやり取りも自分で話してもらいます

医師からの想定される質問

「お名前は?」
「何歳ですか?」
「のど痛い?」
「咳出てる?」
「お腹いたい?」
「あたま痛い?」
「しんどい

もっとみる

教育機会確保法

教育機会確保法が2017年2月に施行されたのはご存じでしょうか?
不登校の子どもたちの支援を進めることを目的にした法律のことです

学校学校現場で深刻な状況が続いている問題の1つに、不登校があります

不登校とは…

かんたんに言うと「年間30日以上欠席した生徒のうち病気や経済的理由をのぞく」

と定義されています

ですが、ここには保健室登校や教室に入ることがしんどい生徒は含まれていません
かく

もっとみる

日記 〜今日の成長記録〜

今日の福

保育園からの帰りの駐車場。きちきちに停めてた幅のないところでママに言わずに勝手にドアを開けて叱られる。

この前のラーメンより今日の味噌ラーメンの方がとっても美味しい!ともりもり食べてくれた!

公文が楽しかったようで、「数字がないテキストに変わった!」と次に進めたことを喜んでる。いい顔!

公文の帰りにアイスクリームを買ってきた。パパに半分分けてくれて「一緒に食べよう」と言ってくれた

もっとみる

入学前の「じゅんび」

ランドセルの新作が販売しはじめましたね
小学生は、なにをじゅんびすればよいか?
気もそぞろなときかと思います

学校によっても必要なものは、ちがうかもしれません
わたしが「じゅんび」して
よかったもの・いらなかったもの
をご紹介します

まず、一番にしてほしいことが
「卒園祝の確認」です

必要だと思って買ったものがダブってしまうことが、よくあります

役員をされているママさんや
先輩ママさんに聞

もっとみる

日記 〜ママが東京出張の日は〜

7時まで2人寝てる。珍しい。いつもなら笑が6時過ぎに「あっち〜!(おなかへった!)」と叫ぶのに。

朝食が終わり保育園へ。
夕方帰宅したら、案の定、朝食はそのまま、床にパズルは散らばっていた。

食器洗い、掃除機、お風呂掃除、そして夕食用のスープの仕込みをしてから保育園にお迎え。

ママがいない日は、福も「自分がしっかりしなきゃ」という自覚があるみたい。
「笑ちゃん、お風呂行くよー」「笑ちゃん、ね

もっとみる

子供は人生の伴走者

所謂マニュアル本が好きだ。何事も実際に行動することが大事だとは理解しながらも、完全に形から入ってしまうタイプだと断言出来る。そんな私は子供を授かってからというもの、自ら予想した通り数々の育児本を読むこととなった。

色々な育児本に目を通すと、良くも悪くも双方同時には成立しない矛盾した主張から、どの著書にもほぼ共通して書いてある「子供の自己肯定感を高めよう」のような育児の真理みたいなものまであっ

もっとみる