パワーバランス

とあるアパレルの〈理不尽マウントおじさん〉に返品された話。

いつ同じようなことが自分の身に起きてもおかしくないということを想像しながら読んでほしいと思います。

少し昔の話ですが、元受け業者の方からいつもの通り仕様書が届きました。
仕様書はいわゆる設計図であり、指示書です。

というか、委託される側からすれば仕様書はすべてです。

例えば、

デザイナーさんの企画では赤って書いてあるけど、絶対青の方が良いから、青で作ろう!

なんてことを下請けがやることが

もっとみる

演劇の販促が難しい理由を再確認。SNSでの距離感とパワーバランスの話。

演劇販促が難しい理由、これまで把握していたのとはまた違う理由が見えてきた気がします。あくまで仮定だけれど、それが本当であれば理由は「複合型」ということでありかなり複雑。あらゆる方向からあらゆる手段で解きほどかにゃ。

一般的にネックと認識されがちなこと

通常「演劇の販促の難しさ」と思われがちな理由は「一般的にパッとイメージされる事柄」です。どんなことかと言うと、

■演劇に馴染みが無い
■自己顕

もっとみる

管理職は全体最適を理解しろ

管理職に付くと、人や仕事のマネジメントが今までの自分の仕事の上に乗ってくる。さらに、そのままこなしていると多部署や上とのコミュニケーションが出てくる。

ここで、起こるのが会社内の仕事量とパワーバランスの調整だ。自分の部署が強ければ仕事量が減り、弱ければ仕事量が増える。
仕事量の増加と弱いパワーバランスは部下や上司からの不平不満を招くので、何とか自分の部署を保とうと保守的な方針を招く。
そして、管

もっとみる

自由と責任を巡って考えたこと(悩)

私は21世紀に入って間もなく辺りから、世の中から責任感なるものは消え失せていしまっていると感じ始めた。今もってかなり確信に近い。
ただ、それについて否定的な言説を流したいとは思わない。
そこで私が縋ったのがいわゆる社会科学的な手法であったのであるが、、、。
ジレンマというかアイロニーというか、、、。
社会科学的手法にこそ、責任感なるものを喪失させる(負の)ポテンシャルが潜んでいるらしいと気付いてし

もっとみる

Fake Religious  4

■ backnumber ■

「限定された場所」で

「権力が集中化」した時

 そこは ”宗教” になる。

 それは、ダンスの世界でも

 まったく同じ

(動画を拝借します。)

(先の記事より)

ダンスの「村社会」での独自ルール

①「女はオモチャである」

②「大麻賞賛」

①②より

・完全なる男尊女卑であるということ

・大麻の入手ルートを   ”誰かが”  必ず持っているという

もっとみる

職場のパワーバランスと適正人数②

①では仕事量のバランスとして、理想は1人100ずつではなく80ずつである、と語ったが
現実はどうかというと100ずつですらない会社が多いのではないかと思う。それぞれのケースに触れていきたい。

【1】単純に人が足りない
1人の作業量が100以上の会社。前回の例でいうと400の職場で上司込みで4人だったり3人だったりという状況。
3人の場合には130で回すことになり、そこに1名入社したところですぐ

もっとみる

演劇公演、問合せ先を明示しない団体が存外多いという話。解決のヒントもちょっとだけ。

どのくらいの割合という具体的な数字は言えないのですが、演劇公演のチラシや特設ページ・ポータルサイト、そういった公演案内のコンテンツに問合せ先を記載しない団体が存外多いことが気になります。

電話番号やメールアドレスなどが掲載されていないの。TwitterやFacebookのアカウントを記載して問合せ先の代用としている場合もある。いやそれ、代用になどなるはずもないよ、用途が違う。興行を企画・運営する

もっとみる

職場のパワーバランスと適正人数①

業務効率化で書いていた職場環境を整える事、そして無駄をなくす事が完了したからといって残業時間がなくなるとは限らないのが悲しいところである。

そこで重要なのは、職場のパワーバランスと適正人数である。

人数を増やせば、残業がなくなると思っている人は多い。
だが、大事なのはパワーバランスだ。

前の職場でよく合ったのが、社歴が同じ社員なら異動で交換して問題ないと思っているケース。
その人の立場や、人

もっとみる

「心理カウンセラー」への警鐘記事について

下のリンクの記事を見つけたので読んでみた。

<個人的な要約>

長谷川博一さんという「心理カウンセラー」を名乗る男性が

自身が経営しているカウンセリングルーム、また出張カウンセリングにおいて

カウンセリング希望のクライエント女性のみ複数名に対して

「心理カウンセラー」の職権乱用で性交渉を迫り実際にSEXをした。

そこで性行為をした女性数名がさらにトラウマを抱えることとなり

別の団体に助

もっとみる