ファンづくり

<企業研究>民事再生をきっかけに自社ブランドをはじめたタオル屋

僕は仕事柄、多くの企業研究をすることがあります。その中で「この会社はすごい!」「真似るところが多々ある」という会社に出会うことがあります。

このコーナーではそんな企業を不定期でご紹介していきます。

第1回目はこちらの会社です。

IKEUCHI ORGANIC株式会社

代表取締役: 阿部 哲也
創業 :1953年(昭和28年)2月11日
設立 :1969年(昭和44年)2月12日
本社:〒7

もっとみる
今日も晴れ☀君の笑顔もひまわりのようだね♪
3

参加者のTwitterで振り返る!cotreeひらやまさん流・ファンづくりと関係構築【#GCnote勉強会 vol.2】

こんにちは!GC編集部ライターのみさきちです。

今回は株式会社cotreeのグロースハッカー兼CNOのひらやまさんをゲストに迎えた、
GCnote勉強会vol.2の様子をお届けします!(vol.1の記事はこちら)

今回もモデレーター・佐藤と、ゲスト・ひらやまさんのトークセッション形式でお送りしました。

(緊張していることを強調されてしまう佐藤。)

今回のテーマは「noteを活用したファンづ

もっとみる
今日も1日幸せでありますように^^
13

収益構造の多様化戦略("ファンドレイジング"の手法を生かしましょう)

養護老人ホームに関する調査・制度提言の業務を行うにあたって、現状把握のため福祉医療機構(WAM)主催の「軽費・養護老人ホーム経営セミナー」で勉強してきました。

経営セミナーと銘打っていたので、軽費・養護老人ホームにおける経営状況や取り巻く環境変化などが主テーマかと思って参加しました。
しかし、副題をすっかり見落としていて、地域ではたす支援を提供するための組織づくりや人材育成の取り組みの紹介が

もっとみる

SNS時代

近頃ずっと悩んでいたこと…
なんの支えもなく、ひとりになっても大切な人を守る為に死に物狂いで頑張ろう!と勢いや理想ばかり考えてないで本当の意味でやっと決意できたような気がします。

元々読書好きなので、今の自分に必要かな…と思う本を大量購入!

まずはオンラインショップを軌道にのせなくてはいけないので、SNSについての本から読み始めました。

私の考えとしてはそろそろInstagramをはじめ、S

もっとみる

Twitterで人生変わったこと。

🐾だらけ猫🐾として、Twitterを始めたのは2018年の9月です。

なので、来月でようやく1周年を迎えることになりました。

私もTwitterをここまで長く続けることになるとは思ってもいませんでした。

いつも、SNSを始めても3ヶ月が限界だったからです。

この🐾だらけ猫🐾のTwitterでさえも、初めは3ヶ月もつかな??という感じでしたが、気づけば、1年経とうとしています。

もっとみる

真摯さはファンをつくる

1.はじめに

ファンをつくることが大事だとはよく言われますが、どこから始めたらいいのかよく分からないということも多いと思います。

今回はファンをつくる1つのアプローチとして、「真摯さ」を出すということが有効なのではないかということについて書こうと思います。

2.一つの例

私が「ああ、この人はとても真摯さを持っているな」と思ったのが、下の記事です。誰かのRTで流れてきたんですけどね。

この

もっとみる

モテるお酢屋

宣伝会議のフォーラムに「富士酢」の飯尾醸造さんの回があったので聞いてきました!

お恥ずかしながら、富士酢は使ったことがなくて、商品情報全くなしの状態で参加。

飯尾醸造さんの理念として「モテるお酢屋」を掲げられているそう。

お客様や社員、その他会社に関わる関係先すべてからモテる。

わかりやすい!
ファンをつくるってことの重要性を第一に掲げられていました。

また、データから見えることではなく

もっとみる
いただきます!
5

ファンづくり企業になりたい、と考える理由

前回は、この投稿で「ファンづくり企業になる」想いを書きましたが、今回はなぜそのビジョンを定めたのかここに残しておこうと思います。

1、2つの理由(企業的な観点)

結論として…
1、ファンづくりをしないと企業として、今後生き残れない(生き残りにくい)と思っているから

2、企業として愛されることが、事業として、組織として、すべての人を幸せにできる、本質だと思っているから
です。
※注:僕個人が愛

もっとみる

ファンづくり企業になる、という想い

この度、やっとブランドサイト(EC)をリリース(正式にはプチリニューアル)しました!

Lither Base(ライザーベース)

Live together in Baseの略称で、
「ともに生きる基盤をつくる」
というコンセプトのもと、メーカーさん×ユーザーさんと
”ともに、つくる”サービスでありたい
という想いのリテールブランドを立ち上げました。

前回の記事(https://note.mu

もっとみる

差別化だけでは、インフルエンサー になれない理由

Twitterの「インフルエンサー 」といえば、どのアカウントにも共通することは

独特の個性がある

ということですよね!

それぞれのアカウントに、伝えたいメッセージ・考えが一貫してあるような気がします。

それぞれの伝えたいメッセージや・考え共感する人がいるからこそ、💓インフルエンサー 💓となるわけです。

だからインフルエンサー になるためには、

この人のメッセージだから見たい!

もっとみる