ファンドレイジング戦略

休眠預金を受けたい非営利団体はどのような準備が必要か ~6/7開催:日本財団CANPAN・NPOフォーラム 休眠預金に関する勉強会に参加しました~

2019/6/7に日本財団ビルで開催された、日本財団CANPAN・NPOフォーラム休眠預金に関する勉強会に参加してきました。2019年1月に指定活用団体が一般財団法人「日本民間公益活動連携機構(JANPIA)」に決まり、今年度中に活動している実行団体に資金が提供される休眠預金について6/7現在の情報をお伝えします。※休眠預金の仕組みはこれから話し合いや実態に合わせて、内容が変わっていきます。あくま

もっとみる

支援者が主体的にファンドレイジングをし始めた時に団体は何をしたらよいか。~バースデードネーション、チャリティランナー、その次の寄付のかたち~

東京マラソンの参加方法の一つとして、「チャリティランナー」があります。簡単に説明すると、個人が、東京マラソンの寄付先として決まっている22団体の中から1つ寄付先を選び、自分自身でクラウドファンディングを実施し、10万円以上の寄付金を集めることで出走できるものです。

<東京マラソンのWebサイトから抜粋>

この寄付の仕組みは、マラソンの参加者自身がファンドレイジングを行うものです。個々のチャリテ

もっとみる
ありがとうございます!よければシェアもお願いします!!
3

ファンドレイジング計画のつくりかた~NPO法人ペアレント・サポートすてっぷの事例紹介①~

ファンドレイジングの研修では「ファンドレイジングの計画をつくってから具体的な施策にとりかかりましょう」と伝えています。しかし、手間がかかるので、無計画でとりあえず実施されているケースや、団体内でコンセンサスがとれていない中で進められていることが多いのではないでしょうか。

そこで、今回は岡山県倉敷市のNPO法人ペアレント・サポートすてっぷ様のご協力を得て、実際に現状分析→ドナーピラミッド作成→ステ

もっとみる

ポジショニングの明確化からはじまるファンドレイジング~NPO法人2団体を勝手に分析してみました~

ファンドレイジングの支援のお打合せや営業をする際に必ずお伝えをすることに「ファンドレイジング戦略の概要」があります。大きく3つあって、①ポジショニングの明確化、②ファンドレイジング体制づくり、③ファンドレイジング施策実施です。

ファンドレイジングのご支援をする時には、この中でどこの支援を求めていますか?と必ず確認するようにしています。それぞれの内容については、以前noteでまとめましたので関心が

もっとみる