ブロン

不登校中学生が薬物中毒になりかけた話

眠れない夜の最中にこんばんは、受験が近づいたのか頭がキリキリして眠れない夜が続くドラのびです。

眠さをハッスルさせ寝床にGOするために、今日はわたくしドラのびの黒歴史についてお話しましょう。

ご存じの方も多いと思います、私は中2から高校生になるまでずっと引きこもりでした。理由は特にありません(というか思い出せない)、気づいたら家でずっとスマブラをやりながら義務教育に反旗を翻して教育ストライキ状

もっとみる

入院7日目

知っている方はいるだろう。私は薬物依存により普通病床へ入院となった。入院の毎日の記録を書こうと思ったが面倒だった。一応今日、退院の予定ではある。なので、入院についてのお話をしようかと思う。

私は東京のとある病院で入院となった。理由はブロンの大量摂取。毎日60錠を3ヶ月半続けていたからだ。まあTwitterを見れば1日300錠飲んでる人もいるくらいだから、大したことないと思うだろう。しかし、ブロン

もっとみる

そんなになるまで頑張ったの...?? ブロンOD・薬物依存。ツラすぎる現実を救う3つのステップ。

朝からオーバードーズに晒される。

今朝、めざましテレビを見ていると”市販薬を過剰摂取する若者”の特集がやっててビックリ。薬剤師界隈では、こういった市販薬(OTC)の乱用という話題は頻繁に出てくるのですが、まさかこれほど大々的に報道される時代になっているとは...

事の発端は、吉祥寺駅の男性用トイレに大量の咳止め薬の空き箱が放置されていたこと。全部で2100錠との報告も上がってきています。

もっとみる
🤔🤔🤔 ←次は何が出るかな?
58

遺書のようななにか

ああ、気が狂いそうだ。
僕は掲示板に書かれてる言葉に、大脳を掻き乱され、そして発狂した。2019年9月11日のことである。
いまは17時44分。昔と違って日記は紙ではなくスマートフォンでかけるようになっていたため、時計は今この画面上に記されていた。ブロンを大量摂取する毎日にも限界が来たのかと感じた。
被害妄想が激しい。これは統合失調症の患者の症例だ。僕は、統合失調症になったのだと悟った。原因はブロ

もっとみる

市販薬od 【コスパ編】

市販薬odのコスパというのは誰もが気になるところではないかと思い、執筆に至る。私はコデイン派(ダウナー派)なので、偏った記事になるのは申し訳ない。1回飲む量は24錠(ブロン基準)で、液体の場合は60mlを基準に考えていきたいと思う。なお、購入の際はAmazon基準で考える。ミスがあるが指摘して頂ければ、訂正する。ぜひ指摘してほしい。

【ブロン】 24錠当たり約300円
ジヒドロコデイン

もっとみる

市販薬OD 【救急搬送編】

僕は2019年8月27日、都内のとある病院に救急搬送された。原因は市販薬odによる、せん妄、呼吸困難だ。せん妄とは、意識障害による混乱のようなものだ。僕はここまで生きてきて初めてこんな状況になったし、自分の意識が遠のいて行くのに大して大層恐怖した。これは今までの罪の結果なのかと感じた。
この話はほぼノンフィクションでお送りする。
その日は午後に、喫茶店にいた。タバコをふかしながら、猛烈な眠気と闘っ

もっとみる

間に合わない、

12月エンディングロール計画に間に合わない事柄が多く存在しはじめた。間に合わないまま終わるか、先延ばしにするか。

とても悩んでいる。実行するにあたっての道具も集まっていないこの状態でどうしたら良いのだろう。情報も足りない。

くやしい、という言葉がまだ私の中に残っているのがとても驚いた。最近はブロンを飲むようになった。少量である。16tくらい。身動きが取れなくなるくらい胃が痛くなると計画にさらに

もっとみる

市販薬とぼく【キャバクラと市販薬】

眩しい。吐き気がする。今は何時だ。時計の針を探しにからだを起こすと猛烈な吐き気が俺を襲う。「吐き気止めを飲もう。」ぼくはドンペリドンを2錠、ついでにメジコンを17錠ぶち込んだ。最低な朝だ。
昨日は珍しい友達ができた喜びで、キャバクラで飲みすぎてしまった。生活保護が決定するかの間際なのに一体何をしてるのか、自分でも驚きを隠せない。珍しい友達というのは、ドラッグフレンドだ。
映画で見てはいたものの、い

もっとみる

市販薬とぼく【生活保護とドラッグ】

ああ。今は何時だ。携帯の時計を見ると、18時45分。気がつくと僕はHUBという、僕のお気に入りのBARにいた。そしてジントニックを飲んでいた。頭がボォーっとする。ゆっくりと、昨日の記憶を思い起こす。
昨日は、朝起きて、メジコンという咳止め薬を17錠飲んだ。メジコンは、デキストロメトルファンという成分が入っており、少量だと多幸感を味わえる。
朝というものは憂鬱だ。一日が始まる。サラリーマンならもっと

もっとみる

市販薬とぼく【ブロン】

僕は1ヶ月ほど前から市販薬odにのめり込むようになった。まずはブロンという咳止め薬だ。この中にはメチルエフェドリンという覚せい剤に似た原料と、ジヒドロコデインというモルヒネに似た成分が含まれている。前者はアッパー(気分が上がる)、後者はダウナー(気分がリラックスできる)であり、過剰服用することにより、快楽を得られる。僕が初めてブロンodをやったときの快感は忘れようがない。心にポッと火が灯すような温

もっとみる