ヘルメス思想

時空を超えるには? – ヘルメスの真実

"時間は変わらない。万物が時間の中で変化する。時間は出来事を分け、出来事を正しく配置する。時間が動きの中にあるのではない。あなたの意識がひとつの出来事から別の出来事に移動するように、あなたは時間を移動する。" – アトランティスのトートによるエメラルド・タブレット

この言葉に「時空を超える鍵」が隠されています。

これは、英文の書籍「アトランティスのトートによるエメラルド・タブレット」という本か

もっとみる

現実創造の体系化が重要な理由とは?

要は、個人の能力や環境に左右されない現実創造が必要。

再現性 = システム

科学は再現性を追求するのが基本姿勢。最近では、最先端は再現できないとも言われていますが。重要なのは、誰でも使えるシステム。

科学と形而上学の統合

もちろん、同じシステムからまったく異なる結果が出る可能性も。意志や意識の持ちよう、使いようでインプットとアウトプットが変わるため。

帝王学、十種神宝を伝授いただくように

もっとみる

今週の名言 – 達人と生徒の関係

"When the student is ready the Master will appear. What is mean by being ready? Surely it is not merely a matter of time. It must mean precisely what thousands have found it to mean – when the student

もっとみる

ゼロベースで考える、カースト制度が生まれた理由

"バラモン、王族、庶民、隷民という四つの階級がある。それらの階級のうちでは、バラモンこそが最上の階級である。このことはヴェーダ聖典の聖句に従っており、古伝書によっても述べられている。この点に関して、問題とされるべきことがある。そもそもバラモンとは何か?霊魂であるのか?身体であるのか?生まれであるのか?知識であるのか?業であるのか?遵法者であるのか?" – ヴァジュラ・スーチー・ウパニシャッド

もっとみる

もし、この世界に神様がいるとするならば。

"自身がアトゥムと宇宙のイメージだと気づくことで、人は自分自身を知り、宇宙を知るだろう" – ヘルメティカ:ファラオの失われた叡智

もし、この世界に神様がいるとするならば。というゲームがあるようですが、今日はその話ではないです(笑)

もし、この世界に神様がいるならば、どうして世の中はこんなひどい状態なのか?という古典的な問いに IT 技術を持って回答を試みます。

端的に表現すると、いわゆる「

もっとみる

144 年の転生周期とミイラの関係について

"それぞれの〈エゴ〉または人格は「約百四十四年ごと」に再び地上に生れ変るということがわかっています。つまり、百四十四年が「生れ変りから生れ変りまでの問」の平均的な時間的長さであるということがわかっているのです。" – 転生の周期

ボクが所属している友愛組織では、ソウルの転生周期を 144 年としています。この 144 という数字は、天体や歴史にも意味のある数字のようです。

ここで論じたいのは、

もっとみる

象徴と実体 〜 個人と時代の活用法

"象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します"

象徴は実体ではない

実体とはなにか?

象徴を受け入れ支えるとはどういうことか?

人間の実体は意識、つまり集合意識

象徴の痛みは実体の痛み

象徴とは実体を固定するアンカーである

この集合意識を恐怖とも武器とも捉えてきた歴史がある

その覇権文明の終了宣言を聞いた

これから徐々にシステムはまず別次元、精神文明領域に移行し

もっとみる

無は有、有は無 – 幻想の正体

"そのとき無もなかった、有もなかった。空界もなかった、それを覆う天もなかった。なにものが活動したのか、だれの庇護のもとに。深くして測るべからざる水は存在したのか。" – ナーサディーヤー讃歌

成功法則と幻想と生命を理解し活用する(令和元年にやりたいこと)

空になる、空から発する
それは「無のレプリカ状態」になるということ

またの名を「乳化」と言う
それは、混沌のゼロに似た場所であるということ

もっとみる

ブラックホールと意識と次元の構造

この話を最後まで読むと、隠されてきた真実に気づくかもしれません。

ブラックホールは神道でいう「根の国」であると聞いて、ハッキリと理解しました。

根の国は 9 次元。1 次元のリンケージとして吸収と創出を担っています。

次元、リンク、循環…それがいったいボクたちに何の関係があるのでしょう?

みなさんの現実創造(願望実現)における速度や精度、達成率に深く関係しています。

…とボクは強く感じま

もっとみる

無敵について – 衝突と闘争の分離

ヘルメス思想、特にエメラルド・タブレット的に表現すると

精妙なものを粗雑なものから分離する

別の表現をすると

純粋意識、宇宙意識への到達

これは錬金術で言う「純化」という過程・文脈における

個別化された他者・環境との接触、衝突の純粋な経験

つまりバウンダリ(境界)としての他者や、取り巻く環境の経験。その他者や環境を通して得られる「自分とは何か」という個の探求と認識。その認識から余分な闘

もっとみる