【爆速レポ】アポ数を上げる要因はリスト管理にあり。絶対におこなうべきリストへのアプローチ管理について

登壇者:田中次郎
https://twitter.com/MtameTanaka

Mtame株式会社とは

Mtameのインサイドセールス

ホワイトリストへのコールを辞め
名前のわかるリスト且つ自社に向けてアクションのあった人をターゲット

本日のゴール

商談件数を増やす施策として
以外にできていない施策「リスト管理」
特に「アプローチを徹底させる」
それをMAツールを使って促進させるイメー

もっとみる

インターネット・マーケティングフォーラム大阪 2019 覚書

マーケティング・広告系の雑誌・研修の宣伝会議さんが主催する、インターネット・マーケティング・フォーラムのセミナーに参加してきました。

 私個人の主観ですが・・・

プレゼンターとして参加している企業・個人の目的 
 宣伝会議への義理立て+マーケターとして名を売りたい+製品・サービスの宣伝
主催者である宣伝会議の目的
 広告主であるプレゼンターとの関係強化+宣伝会議の認知向上

 という点を踏

もっとみる

MA(マーケティングオートメーション)初心者にオススメの本

1ヵ月ほど時間が空いてしまいましたが、MA(マーケティングオートメーション)の担当になった人のためのオススメの本を紹介します。
自分は営業から突然MAを使うことが決まったので、そもそもマーケティングって何?という疑問やらなにやらにもぶつかりましたのでそこらへんも少しカバーするような本の紹介になります。

目次
1.改めて自己紹介と自分の今のスキルとか
2.オススメ本
3.進め方、学び方
4.まとめ

もっとみる

BtoCのマーケティングとは?効果的な手法や購買プロセスなどを紹介

BtoC(Business to Customer)とは企業対個人の商取引を指す言葉です。B2Cと表記されることもあります。

ITの進化やIoT、AIの登場などにより、顧客の購買活動は変化しているのは確かです。そんななかBtoCのビジネスは以前よりも複雑で難易度が高いものになりました。

今回はBtoCのビジネスモデルを展開する企業に向けて、BtoBビジネスとの違いや適したマーケティングの手法、

もっとみる

『パーソナライズし過ぎ』って「提案の放棄」!状況はヤバイことに…。

これ結構笑い話じゃない。
『パーソナライズ』ってオンラインビジネスの世界では、とっても良い事でそれによって顧客の買上数や買上頻度が上がる!と言われてるけどホントは嘘だ。パーソナライズの種類と精度にもよるけどね。

パーソナライズのメカニズムってその人の過去の行動履歴にレコメンドエリアの表示(商品やコンテンツ)を合わせちゃうってこと。
ECサイトとかを運営してる人ならわかるだろうけど、一番単純なのが

もっとみる

BtoB(B2B)マーケティングとは?概要や特徴、リード獲得の手法などを紹介!

BtoB(Business to Business)とは、企業対企業での取引を指す言葉です。

略語としてB2Bと表記されることもあります。以前はBtoBの商取引を進めるうえで、マーケティングは重視されておらず、むしろ営業力に力を注ぐ企業がほとんどでした。しかし、不確実かつ複雑化した現在のビジネスでは、戦略を練ってマーケティングを進めることが絶対条件になっています。

今回はBtoB(B2B)マー

もっとみる

マーケティングオートメーション(MA)とは?機能や使い方、代表的なツールをご紹介

マーケティングとは、市場調査から開発、広告、販促、販売、アフターフォローまでのフローで「顧客に商品を利用してもらうためのプロセス」を表す言葉です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

10年前に比べるとマーケティングは煩雑化しており、具体的に何をすべきなのか、分からなくなっているのは確かです。そこで登場したのがマーケティングオートメーション(MA)といわれるツールでした。マーケティングオートメーシ

もっとみる

コンサル提案書の作り方

コンサルタントとして、これまで200を超える提案書を作成してきた。

最初は見よう見まねで先輩の作った提案書をテンプレートにして作っていたが、次第に自分が同僚や後輩の範になる立場になり(ならなければならない)、そもそもどういう提案にするかを考える立場で、勝てる(クライアントの心を打つ)提案書を作るにはどうすればよいかを考えるようになった。

コンサルティングの提案書作成は知的付加価値の結晶であり、

もっとみる

SalesforceのAI感を聞いて、わたしが感じたこと

Salesforceの考えるAIの今と未来についての講演を聴く機会を得た。

AI、ディープラーニング、ビッグデータ、マーケティングオートメーション。
「クラウド」って何かを知らずにクラウドがマジカルボックスかのように皮肉って表現したCMのオマージュがそろそろ出てきそうなほどに、バズワードが飛び交っている。

Salesforceのプロダクトマーケティングマネージャーの話と、私の感じ方をまとめてお

もっとみる

【MA運用あるある】「業種」カラムは会社テーブルに持たせないほうが幸せかも

結論

タイトル

会社情報をどの粒度で持たせているかにもよるけど
業種は職種や役職のように、担当者単位の情報として持たせたほうが良かったんじゃないかという気がしてきた

状況

同僚に「よさげなウェビナーあるけど参加する?各自申込式っぽいからこっから申し込め」っつってもらったURL
開くとMarketoの識別トークンついてて同僚の入力した内容がフォームに自動入力されるんだけど
(※これはMAの機

もっとみる
ありがとうございます、これでまた2週間くらい生きられます
4