ミスキャンパス

ミスキャンパスから得られたもの

ラジオのお便りからの実話です。
ある日本人リスナーがアメリカの大学に通っていた頃のお話。友人との恋愛話のなかで、ノリでミスキャンパスを文化祭のジャパンカルチャーナイトへ誘うことになってしまった。ミスキャンパスは才色兼備のお嬢様、とても手強い。
手始めに、ミスキャンパスと同じバイトを始めることに。バイト先では彼女を狙っていると周りから思われ、「彼女はやめておいた方が良い」と忠告される。おおらかな笑顔

もっとみる

ミスコンに挑戦

去年のこの時期に書いた「ミスコンとは」というnoteを読んでくれたも少なからずいらっしゃるかと思う。覚えてる方も読んでくださっているだろうか。しかし毎年そのような現象が起こるとも限らず、毎年毎年その時ならではの話も出てくるものである。変な言い方をすればその年の「流行」といってもいいかもしれない。
開口一番に何をしゃべり始めるのだという方も多いかと思うので、昨年書いたnoteのリンクをはっておく。も

もっとみる

本当に健康になれるかつ仕事のパフォーマンスも上がる食事 津川友介さん

津川友介先生の講演レビューが慶應MCCのHPにアップされました。以下、転記しています。

"You are what you eat."とは、「どのようなものを食べたかで、その人の身体は決まる」という意味であるが、多くの人は健康に気をつけたり、気をつけなかったりする日々を繰り返すわけで、日々一貫して食べ物に気をつけている人は少ないだろう。気を付けていたとしても、それが本当に健康に良いのかははっきり

もっとみる

ビズリーチからはじまる生産性革命 南壮一郎さん

ビズリーチ 社長の南壮一郎さんの講演レビューが慶應MCCのHPにアップされました。以下、転記しています。

「どれどれ?経歴も申し分ない」
「へー、そんな経験が!」
「即戦力じゃないか!」
「ぜひ欲しい!」
「おい君、彼はいったいどこで!?」

この後に続くのはもちろん「ビズリーーーチ!」である。ビズリーチのテレビコマーシャルは登場人物が少なく、ほぼセリフだけで物語が進んでいくため、映像の派手さも

もっとみる

CtoC × デジタルが変える消費行動 小泉文明さん・山本晶さん

先日慶應丸の内シティキャンパス、夕学五十講で行われた「C2C×デジタルが生み出す新しい経済圏」の講演レビューがアップされました。よろしければ読んでください。登壇者は株式会社メルカリ 取締役社長兼COOの小泉文明氏と慶應義塾大学大学院経営管理研究科 准教授の山本晶氏です。

「CtoC × デジタルが変える消費行動 小泉文明さん・山本晶さん」

「努力が報われる社会」を実現するための大学改革

上野千鶴子氏の祝辞を聴いて、思ったことをつらつらと書いた記事が慶應丸の内シティキャンパスのHPにアップされました。よろしければ読んでみてください。

「努力が報われる社会」を実現するための大学改革

ミスキャンパスに、落ちました。

こんばんは、みちるんです。

タイトルにもあるように、ミスキャンパスの選考に落ちました。

そもそも私がミスキャンに参加しようと思ったきっかけは、去年いとまりちゃんがミスキャンの活動に熱心に取り組んでいて、周りに感動を与えている様子に心を揺さぶられたからです。そして、自分もああなりたい、と憧れを抱きました。
また、自分がミスキャンに参加することで、新しい世界を知ることができ、かねてより私が興味を寄

もっとみる

「戦略的意思決定とは、見えない機会損失について考えることである」清水勝彦先生

慶應丸の内シティキャンパス定期講演「夕学五十講」で、先日行われた清水勝彦先生の講演レビューがアップされました。
以下、夕学リフレクションより転記

私たちは何かの機会(opportunity)を得る代わりに、何かの機会を失っている。それは他でもなく、時間やお金、身体等の資源が限られているからだ。その限られた資源を効率的に配分(投入)できる企業や個人が高い利益を生み出すことができる。

寓話『アリと

もっとみる

改革すべきは「働き方」ではなく、「人的資源の配置」である

慶應丸の内シティキャンパスに連載中「38歳大学生、明日はきっとミスキャンパス」の第3回めがアップされました。今回は「人的資源配置のミスアロケーション」について書きました。

(以下、慶應丸の内シティキャンパスHPより転記)
かつて人材不足に悩まされた織田信長は、身分関係なく人材を登用することで危機を乗り越えただけでなく、豊臣秀吉という才能を発掘した。秀吉が農民出身だからという理由で、足軽の仕事だけ

もっとみる

OJTトレーナーが抱えるジレンマ

日本企業はOJT(On the Job Training)実施率が低い。
この要因を厚生労働省(2017)「労働経済の分析」では、「スキルのミスマッチが生じている可能性」があるとし、「労働者の能力不足に直面している企業が、ある業務を遂行する人材を育成しようとしても、企業の内部人材が知見を有している専攻分野が、当該業務の遂行のために要する分野と大きく異なるなどの要因があれば、OJT の実施は促進され

もっとみる